浦和レッズについて議論するページ

3/9に行われるJリーグ第3節『松本山雅FCvs浦和レッズ』情報まとめになります。

 

以下、まとめです。

 

興梠の相棒に最適なのは?武藤復帰が待たれる浦和、現状のベストな選択はナバウト起用か(GOAL)

重く垂れ込めた暗雲の裂け目から、ようやく一筋の光が差し込んだ。

新シーズンの開幕を告げる2月16日のゼロックス杯の川崎フロンターレ戦から3試合、浦和は苦悩の日々を過ごしてきた。特にリーグ第2節の北海道コンサドーレ札幌戦は前半から相手に蹂躙され、ハーフタイムには早くもサポーターから強烈なブーイングが飛ばされたが、選手たちも「当然」と認めたほどの低調ぶり。試合後の指揮官や選手の発言からも不穏な状況が窺われ、チームに重苦しい雰囲気が漂っていた。

それだけに、ACL初戦となったブリーラム戦完勝の持つ意味は小さくない。もし、ここでも不甲斐ない姿を見せていたとしたら、今後の道のりは一層険しくなっていただろう。公式戦3試合で勝利がなく、気分も沈んでいたチームにとって、白星はなによりの清涼剤となるはずだ。

3-0に終わったブリーラム戦は結果だけでなく、内容でも今後の弾みになりそうな要素が見られた。新たに出番を与えられた選手たちの奮闘もその一つだ。オズワルド・オリヴェイラ監督は2日の札幌戦からメンバーを3人入れ替えたが、なかでも特に目を引いたのがアンドリュー・ナバウトの働きだ。

浦和の前線は過去3戦、ポストプレーや中盤でのパスワークへの関与で貢献していたものの、一方で攻撃に迫力をもたらすための重要な要素が乏しかった。それは相手DFラインの背後を取る動きだ。

多くのプレーが相手守備者の前で完結していたため、相手は背後のケアに気を配る必要がなかった。そのため、躊躇なく前に出て浦和のパスレシーバーを潰しにいけていたし、DFラインの裏をカバーすることで生まれやすいバイタルエリアのスペースも簡単に管理できていた。

その課題を解消する糸口を示したのがナバウトだった。このオーストラリア代表FWは肉厚の身体をグイッとねじ込むようなダイナミックな動きで攻撃に絡むのが持ち味で、ブリーラム戦では特に後半から精力的にDFラインの背後や、サイドのスペースに飛び出す動きを見せていた。それによって過去3戦のような手詰まり感が薄れ、後半から浦和の攻撃に躍動感が増した大きな要因となっていた。

 

浦和MF汰木、松本戦へアピール「調子は最高です」(サンスポ)

J1浦和は8日、さいたま市内で非公開練習を行い、9日のアウェー松本戦に備えた。

今季、J2山形から移籍加入したMF汰木(ゆるき)康也(23)は松本戦に向け「アシストよりもゴールを狙いたい」と目を輝かせた。

 

【J1展望】松本×浦和|チケットは全席完売!大声援を後押しに”連勝”を飾るのは?(サッカーダイジェストWEB)

6日のACL初戦でブリーラムに3-0で勝利し、少し肩の荷は下りた。しかし、リーグで未勝利の17位という現実はそこにある。中2日でこの試合を迎え、さらに直後は中国遠征だ。厳しい日程だが、両方の試合を勝ちにいかなくてはいけない。リーグとACLの同時制覇を掲げるというのは、それを意味する。

ACLの北京国安戦に向け、誰をフレッシュな状態にしたいかはオリヴェイラ監督の考えが表われる。ブリーラム戦をパスした岩波や山中はスタメンに戻しそうだが、中盤で誰を休ませるか。阿部や柴戸、マルティノスをどう起用するかが楽しみなポイントだ。

松本の反町監督は北京五輪の代表を率いただけに、西川は「事前合宿からセットプレーに力を割いて、パターンは非常に多彩。絶対に何か仕掛けてくるはず」と警戒感を口にした。メンバーの入れ替わりも予想されるだけに、意思統一を徹底したい。

 

オズワルド オリヴェイラ監督会見(3/8)(浦和レッズ)

[質疑応答]
(一つ勝利して、これから勢いづいていくことを期待しているが、そういった状況で気をつけなければならないことは?)
「今、チームは発展している途中だと思いますけれど、2つの非常に重要な大会で、難しい相手と戦いながら挑む、連戦の時期でもあります。札幌から始まって、ブリーラム、松本、北京国安、そしてセレッソ大阪という連戦で非常に厳しい日程なんですけれど、ピッチ外のところでもしっかり選手たちをケアしながら、選手の状態を細かいところまで見極めて選手を入れ替えながら、戦っていきたいと思っています。

試合自体がタフなだけではなく、移動も非常に厳しいものになります。ここからはアウェイ3連戦になりますが、長い移動がそれに伴います。きょう松本に行って、明日に帰ってきます。日曜日に国外へ出ることはないですが、それに向けて国内での移動が始まって、帰ってくるのが木曜日です。そして土曜日、また大阪に向けての移動があります。移動のところだけを見ても、非常に厳しい日程です。そして試合自体も難しい試合です」

(中2日での準備をする中で、現段階の選手たちのコンディションは予想通りか?)
「より早く回復する選手もいれば、疲労をより強く感じる選手もいます。ですので、その回復の部分は選手を個別にしっかり見ながら行っています。そこはケアしています」

(先発するメンバーを決めるのは、明日のギリギリまで待たなければならないのか?)
「待たないといけないですね。試合からある程度時間が経って、選手の状態を見なければいけないですから、少し待つ必要があります。サーモグラフィーの写真を撮ったりして、選手の状態をチェックしています」

(サーモグラフィーを見ることで、どのようなことがわかるのか?)
「選手の筋肉の状態を見ることができます。温度に差があれば、そこに炎症反応が起こっているということですので、サーモグラフィーを見ながら、ケガの予防をすることができます。通常の日程でもサーモグラフィーなどは撮っていて、選手の状態を常にチェックしています」

 

 

 

View this post on Instagram

 

With urawa always 🙏🏻

Mauricio De Carvalho Antonioさん(@mauricioantoniooficial)がシェアした投稿 –

 

試合はサンプロ アルウィンで14:04キックオフ!

 

コメント
投稿する
コメント
  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:202.229.249.6 )

    とりあえずもう2トップはやめてほしいけど、頑固だろうな。機能するまでサポも我慢できるか、

    このコメントに返信

    2019年03月09日 10:13

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:49.239.68.181 )

    ワントップ けにゅ
    シャドー 武藤 柏木
    サイド 山中 橋岡
    ボランチ 阿部ちゃん エベ
    ディーフェンス 鈴木 岩波 阿部ちゃん
    ジーケー 福島

    これでいけ

    このコメントに返信

    2019年03月09日 10:44

    • 2.1 匿名の浦和サポ(IP:126.233.103.157 )

      阿部ちゃん2人同時起用は難しいな

      2019年03月09日 10:58

  3. 3 匿名の浦和サポ(IP:27.137.237.165 )

    フォーメーションの見直しが必要かと。
    引いて守ってカウンターで仕掛けてくる相手だと思うから、いかにそれを崩せるか。
    カウンターの際に真ん中がどうにも空いてしまうとこをうまくカバーできるか。
    2シャドーで中を寄せつつアンカーという個人的には好かないシステムの改善を。

    このコメントに返信

    2019年03月09日 10:56

  4. 4 匿名の浦和サポ(IP:126.205.66.249 )

    汰木を前で使ってはどうかな?
    永井雄一なんだろう
    彼はFWだったはず。
    F

    このコメントに返信

    2019年03月09日 11:23

  5. 5 匿名の浦和サポ(IP:49.98.164.148 )

    あ~寒いわアルウィン。
    ゴールで俺たちを熱くさせろ‼️

    このコメントに返信

    2019年03月09日 11:29

  6. 6 匿名の浦和サポ(IP:106.130.52.124 )

    汰木、鈴木のスタメンが見たい!

    このコメントに返信

    2019年03月09日 11:40

  7. 7 ハンバーガー(IP:180.34.91.232 )

    鈴木ふざけんなよ2分で決めんな

    このコメントに返信

    2019年03月09日 19:48