浦和レッズについて議論するページ

今年よりTwitterでスタートした「浦和レッズのプレビュー、レビュー」が面白いと話題となっている浦ビューさん。
その原稿を浦ビューさんに許可をいただき浦議に転載させていただきます。

 

J1第24節 レビュー
浦和レッズvs松本山雅FC 1-2。

 

上海戦のプレビューを先回ししたので、時間が経ってしまいました。別の大会なので、湘南戦に繋がるようなレビューにしようと思います。いつもより閲覧数が少なくなることを想定してよりディープに普段伝えきれないことも伝えて行こうかなと思っています。

 

では、スタメン表は今回省略してレビューを始めたいと思います。

 

 

~変化が垣間見えた足元からのビルドアップ~

 

ようやくというべきか、ここからスタートと言うべきか、浦和のビルドアップに変化を感じました。

 

ズレを作らない限り正面に相手がいる状況が続くミラーゲームでの山雅戦となりました。これまでだと、青木が降りて4-1-5を形成してズレを作る入り口は用意できていたものの、急速に発展する各チームの効果的かつ論理的な試合を観てきている影響もあり、浦和のビルドアップには意図のある前進や唸るほどのプレーの連続はありませんでした。私もまだまだ学び最中の人間ではありますが、そういう素人でも変化を感じることができたのが松本戦でした。

 

 

・浦和は自陣で例のようにボランチ一枚の阿部ちゃんが列を下げて4-1-5とズレを作ったところからスタートさせました。

 

・阪野の守備対応がこの試合の注目ポイントの1つでしたが、柴戸を背中でマークするタスクでした。柴戸は1トップ2シャドー、2ボランチの五角形の中間に立ち影響を与えるポジショニングでした。

 

・山雅の両シャドーは内側(ハーフスペース)を使われないことを大前提にSB化した橋岡、槙野にパスが出れば対応するタスク。((下図参考))

 

 

5-2-3とセットしてきたときは奪われないことを大前提に山雅を自陣に押し下げるようにしました。問題はここからです。

 

~阿部ちゃんの影響を与えるプレーから全体の変化~

 

2分50秒に浦和の変化のシーンが起きました。

 

 

 

ホントは静止画がいいですよね。分かってます。実験中です。

 

先程は浦和自陣での構図で、この図はこの試合の大半を占めた山雅自陣での5-4-1とセットしたときです。

 

全てを変えたのは阿部ちゃんでした。運ぶドリブル推奨隊としては「流石!阿部ちゃんならやってくれると思っていた!」というように阪野が柴戸に影響を与えられている5-4-1セットで守ってくる相手に対して、運べるなら運んで次の人への貯金を作ろうとする運ぶドリブルが見られました。

 

槙野は右利きの左サイドなので相手に限定されると前向きの選択肢が減る中で、阿部ちゃんが運ぶドリブルをしてくれるだけで山雅のシャドーに選択肢を与えられます。つまり、パウリーニョと永井の間にはファブリシオが立っています。中央を優先的に消すのはセオリーなので、阿部ちゃんが近づいてくる分だけ槙野にパスが出たときの1歩目が遅れます。

 

これを1試合の中で繰り返すといつかは綻んで、阿部ちゃん→槙野より、もっと効果的な阿部ちゃん→ファブリシオ、又は阿部ちゃん→興梠と中央にパスが通るようになるはずです。これは2分のシーンなので。。。

 

更なる変化がWB山中です。阿部ちゃんが運ぶドリブルをして槙野にパスを出した瞬間にピン留めしているWB田中に影響を与えるように内側に絞りました。

 

このシーンの結末は、槙野に遅れて永井がスライドしてプレス。更に山中のマークを捨てて田中が槙野の正面に立ちプレス。山中は縦の背後に抜けて、槙野も田中の外側から山中へのスルーパスを選択しました。結局、スローインとなりました。

 

これまでやってくれるといいのになぁ~と言及してきた運ぶドリブルすることWBがWBとしてサイドに張り続けるにではなく、サイドに開く槙野と縦関係ではなく角度のついた関係性になることをいきなり実践してきて神戸からいい刺激を受けたのかな~と感じました。もっと精度を上げてできると思います。幸いなことに槙野はかわすドリブル、運ぶドリブル両方を持ち合わせている選手なので、阿部ちゃんはもっとシャドーの永井に中央を意識させて槙野に時間とスペースを与えて、山中ももっと影響を与えて槙野にパスが入ったときに少しでも時間とスペースを作ってあげられたら槙野は味方のパスだけではなく、ドリブルで中央へ侵入することができます。槙野智章の武器を鎮めているままでいいわけないんです。これを見せておくと、これまで非効率であったポジショニングと前進の仕方も生き返ると個人的に思います。

 

流石に映像を見たいですよね!では、確認お願いします。

 

 

最後も槙野→山中ではなく、槙野→ファブリシオでも通せたはずです。更なる上積みを希望します。

 

一方で運ぶドリブルだけが全てではありませんが、4分のシーンの森脇→槙野へのパスを見ると先ほど絶賛した阿部ちゃんとの違いが分かりますし、何故槙野はボールを奪われたのかの一因が分かると思います。

 

では、確認お願いします。

 

 

槙野のトラップミスで解決してもいいのかもしれませんが、「森脇に運ぶスペースあったよね?」→「そしたら、永井の槙野に対するプレスもほんの少しでも遅らせられるよね?」→「槙野のトラップミスの確率を減らせたのでは?」というシーンだったと個人的には思います。

 

山中は前述同様に槙野にパスが出る瞬間に内側に絞りましたが、田中は影響されずに止まったので、槙野が「田中隼磨がそう出るなら、俺はフリーになる山中へダイレでつけるからな!」といようなシーンを1つでも作れるとその次の選択肢を与えられたのではないかと思います。

 

次の8分45秒のシーンはかなり効果的だと感じました。今度こそ静止画で行きます。

 

 

▶︎西川からのスタートです。

 

 

▶︎西川は左CB化した森脇へパス。

 

 

▶︎山雅は高い位置からハメにきました。阪野は柴戸のマークを解放してサイドチェンジされないように阿部ちゃんを消す。 その分、後ろの藤田が柴戸を背後からマークしました。

 

近くに出しどころはないと考えた森脇は……

 

 

 

▶︎運ぶドリブルで前進します。
そして、槙野は森脇が運んだ分だけ前に進んで離れていきます。対して、本当はどんどん後ろに離れていった方がいいファブリシオが逆にどんどん近づいていくのが写真でも分かると思います。本当は離れていった方がいいんですけどね!まぁ、大槻監督が改善させますよ。

 

 

▶︎永井に対して2vs1を作って選択肢を与えました。

 

 

 

▶︎森脇はファブリシオへパスを出すことができ、その後はファブリシオが近づいた分だけの借金を返済することができずにすぐに追いつかれてすぐに奪われてしまいました。

 

ファブリシオは近づかないこと、そしてもう2、3歩でもいいから斜め後ろに立っていれば、西川から始まったクオリティのある前進ができたと思います。

 

槙野はグッドでした。
映像で確認お願いします。

 

 

左サイドばかりに言及する訳にはいかないので、次は右サイドです。本来なら岩波なので、槙野と岩波とではまた使いたい武器が違うので同じことを私は求めなくてもいいと思っていますが、この試合は橋岡でした。

 

7分30秒のシーンです。

 

 

 

▶︎最後尾からパスを回しています。
山中→槙野→阿部ちゃん。

 

 

▶︎阿部ちゃんはダイレクトで前へボールを運び、橋岡が目一杯サイドに開くことと宇賀神が内側に絞る時間を作ってあげました。この映像は丁度その最中です。

 

 

▶︎そして、橋岡へパス。
実際、阿部ちゃんが更に運ぶスペースは存在していましたし、運んだ後を想定するとより良い絵が描けそうなことも確かです。しかし、宇賀神が内側に絞ったタイミングだったので、阿部ちゃん的には「今!」だったのでしょうね。

 

 

▶︎結末は、橋岡がそのまま縦へドリブルを仕掛けて並走してセルジーニョがついて対応しました。攻撃的な選手を奥深くまで守備させるという点においては良かったと思います。

 

 

しかし、橋岡にボールを運ばせるのではなく橋岡には前への推進力を生かした上で時間とスペースが与えられた状況で攻撃に加わって欲しいなぁと思っていました。

 

それをこの試合で見事に解決しています。

 

では、先ずは映像で確認お願いします。

 

 

映像で見て頂いた通りで、これまで言及してきたこと全てが詰まったゴールだと思います。

 

①阪野は柴戸に影響を与えられている。よって、2CBはフリーでパスを出せる。

 

②槙野から阿部ちゃんの飛ばしたパス。

 

③宇賀神が高橋に影響を与えて絞る。それを虎視眈々と待つ橋岡。

 

④森脇の運ぶドリブル。

 

⑤橋岡には時間とスペースを与えてあげる。しかも、前向きに、走りながら。

 

⑥ファブリシオの入り込んでくるタイミングは言うまでもない。

 

だいだいこんな感じですかね。

 

 

橋岡の生かし方に関しては本当に理想的だったと思います。名古屋戦のレビューで橋岡の武器を生かすには?と考えて上図を記載しました。上図では橋岡WBを想定しているので、今節はCB起用だったので、全体の立ち位置とかは違う部分があるのですが、橋岡に関してはどちらで起用されても時間とスペースを与えられたところから前への推進力をどんどん使えるあの位置から始めた方がいいのでは?という趣旨の図です。この図の想定では、長澤が吉田豊に影響を与えて連れ出しているうちに橋岡がオーバーラップしてきてフリーでクロスを上げてもらう状況がいいよね。みたいなことを伝えたと思います。橋岡は足を攣っても走れる選手ですから。しかも、この上下動をやり続けろと言われても0分から90分まで同じ強度でやり続けられる選手ですからね。「WBvsWBでサイドに張って関根みたいに仕掛けろ!」→「それができないならWB失格だ!攻撃力がない!」ではなく、できる限り橋岡が気持ちよーーくプレーできるようなデザインさせた方がいいですね。

 

それが、まさに今回の先制点だったと思います。

 

これを再現性あるものにできるかは大槻監督次第かなと感じています。

 

~阿部ちゃん・森脇~

 

五角形の檻の中に入っている柴戸にパスを通すことができれば、一気に前へ貫通します。しかし、そうさせないために阪野はべったりと柴戸をマークしています。それを外したシーンが2回ありました。

 

阿部ちゃんと森脇です。2人ともパスの出しどころを探しながら、柴戸をマークしている相手選手が先に他へ動いた瞬間に柴戸へパスを通していました。流石の技術と戦術眼だと感じました。

 

では、映像で見て頂きたいと思います。

 


 

 

2人連続で!

 

 

〜逆転への布石があった? 橋岡の対応から見る山雅の巧さ〜

 

山雅が町田也真人投入で5-3-2に変更して逆転した試合という格好になっていて、その通りだと思うのですが、前半からその布石はあったように思います。

 

噛み合わせ的に、左シャドーのセルジーニョに右CBの橋岡が管理することになりました。

 

セルジーニョに対しての橋岡の対応を振り返ってみたいと思います。

 

24分のシーンです。

 

 

 

▶︎山雅の最後尾からのビルドアップです。セルジーニョは中間ポジションを取り、橋岡は5バックの一因となるポジショニングをしています。

 

 

▶︎WBにパスが出たのに対して、右WB宇賀神が前へ出たので、その背後を狙おうかとセルジーニョがサイドへ流れました。 それに対して橋岡は、べったりと後ろからマークにつきました。

 

 

▶︎セルジーニョにスルーパスは出ずに次への展開になっていました。橋岡はすぐにポジション回復するというより、まだセルジーニョを警戒している対応に見えます。

 

 

▶︎高橋が後ろに下げてパウリーニョに送ったのに対して、セルジーニョがパスコースとなれる空いたスペースを見つけてサイドに流れました。その時の橋岡はついていかず。距離感的にはすぐにはボール奪取できないぐらいの距離になりました。

 

そして………

 

 

 

▶︎パウリーニョ→セルジーニョと繋いで橋岡の内側(死角)から背後に抜け出した阪野へスルーパスを送りました。橋岡は阪野にファールを犯しました。

 

 

続いて38分のシーンです。

 

 

▶︎藤田からラインの手前でセルジーニョがパスを受けました。

 

 

▶︎柴戸が前を向かせずにセルジーニョは後ろに下げます。

 

 

▶︎柴戸は引き続きセルジーニョに影響を与えられています。阪野は不気味に橋岡に影響を与えようとしています。

 

 

 

▶︎セルジーニョが徐々に膨らみながら内側へ入ったのに対して、阪野も一度横に並んで膨らみました。

 

そして………

 

 

 

▶︎阪野が降りる動きをしたのに対して橋岡は「阪野が降りたぞー!誰かー!」のような身振りで、ついていくことはしませんでした。

 

「誰かー!」となっても、柴戸はセルジーニョの膨らんで中央に絞ったのに影響を与えられているので、誰も対応できる選手はいません。

 

これは、山雅の意図的な前進の方法です。セルジーニョは阪野がフリーになるような動きをしていて、阪野もセルジーニョが自分がフリーで受けられる為に動いてくれているのを互いに共有して認知していると思います。

 

そして………

 

 

 

▶︎阪野は完全なフリーとなりました。

 

 

 

▶︎案の定、阪野はパスを受けてすぐさま前を向きました。

 

 

▶︎橋岡が出ていくことになりました。
橋岡は最初についていけば、後ろ向きでパスを受ける阪野に対応することができていましたが、ついていかない選択肢を選んだことにより、前を向いている阪野に対応することになりました。 できる選択肢の数と質が格段に違います。

 

ということで………

 

 

 

▶︎阪野から宇賀神の外側から背後へ抜け出した高橋へスルーパスを送りクロスを上げました。

 

 

最後に40分のシーンです。

 

 

▶︎最後尾からのビルドアップからです。
セルジーニョは中間ポジションです。

 

 

 

▶︎セルジーニョは中盤の大外脇から顔を出してパスを受けました。それに対して、今度は橋岡がついていき対応。釣り出された格好に。

 

なので……

 

 

▶︎セルジーニョは前へ進めずに後ろに下げました。

 

 

 

▶︎下がったパスを確認してから、橋岡はすぐさまポジション回復を優先して後ろに下がる身体の向きをしました。

 

なので………

 

 

 

▶︎またしても浮いたセルジーニョへパスを送りました。

 

 

 

▶︎そこから連続するように前進していき、最後はパスがズレて大きなチャンスにならなかったものの、セルジーニョが思惑通りに橋岡のマークを外してフリーになったところから効果的な前進は作れたと思います。

 

 

以上、3つ見て頂いたように橋岡に対して選択肢を与えるような攻撃を相当仕掛けてきていました。橋岡は選択肢の中でマンマークでどこまでもついていくというより、3CBの鎖を繋ぐことを意識した対応でしたね。どちらかが正解、不正解ということはないと思います。とはいえ、セルジーニョを気持ちよくフリーにしたことは事実で、橋岡が出ないとしてどのように受け渡すかまでチームとしてこだわっていて欲しかったなと思いました。

 

追加です。見落としていました。15分のシーンです。

 

もう字幕をつけなくても分かると思います。セルジーニョvs橋岡です。まんまと橋岡はやられたなというシーンですね。3つのシーンと同じです。

 

で、結局5-2-3から5-3-2に変更して、確実に橋岡や2ボランチとでは噛み合わない3枚の中盤をどのように管理するかが定まらないところで同点に追いつかれました。

 

更に失点シーンで補足しておくと「武藤はどうしちゃったの?」という感じでした。

 

その前のシーンもそうでしたが、攻撃が失敗で終わった後の切り替えがいつもの武藤ではなかったですね。しかも、途中出場でしたし。コンディションが悪かったんですかね。だから、上海戦もほぼ出場しなかったと考えられますが。

 

どうした武藤?①

 

 

失点シーン

 

 

前半からズレを生んだアクションを失点こそしなかったものの、やられていた部分はあった。反町監督の65分からの勝負で最初からズレを生んだアクションをされると手に負えなかった。そして、武藤が残念だった。

 

逆転弾についても中盤3枚の山雅にマークをつききれずに上手くローテーションされて前進されて押し込まれた後のスローインからの失点でした。高橋は一度マークされている関根に前へ動いておいて手前を取っているので、関根としてはつききれませんでしたね。その前にクロスを上げさせないことの方が重要だったと思うので、槙野含めて対応が軽かったですね。

 

~森脇の中央CB~

 

個人のみの評価は苦手というか好んでいない上にたった1試合のみなので、曖昧な評価になりますが、森脇の中央CBは良かったと思います。

 

先程の柴戸へつけたパスもそうですし、運べますし、何より両足使えるのは効果抜群でした。プレスのかからない状況でのプレーが多かったので、明確な比較はできませんが、長短のパスの使い分けも良かったと思います。目先を変える上で背後や反対へのロングパスや重要な手段であったので、何度かあと少しあっていれば!というシーンを作れていたので素晴らしかったですね。マウリシオではあまり見れらないので、ある程度森脇の個人判断でロングパスを入れてみようかと決めたのか、大槻監督にタスクとして与えられていたかは定かではありませんが、マウリシオもできる選手なので森脇の個人判断だとしたらマウリシオもいい刺激を受けて欲しいなと感じました。

 

まぁ、数試合みてみないと評価できないとずっと言い続けているので、これからまた見ていこうと思います。

 

 

今回は明日(9月1日)湘南戦に有益となるような情報を中心に言及しました。同じミラーゲームなので、今回のレビューが見る上で大いに役立ってくれると嬉しいです。

 

 

湘南戦のレビューアップ致しました。よろしくお願い致します。

 

•さいごに

 

上海戦では多くの反響を頂き、やってきたことが報われた想いです。

 

鹿島戦のレビューより投げ銭システムを採用しています。完全無料公開した最後に全てに100円をつけさせて頂いてます。今回の作品が面白いと思って頂いた方は是非前のめりに! 完全無料公開して最後に100円をつけている理由は下記の記事で30秒で読めます。

 

 

今回も読んで頂きありがとうございました。

 

面白ければリツイート等々で拡散、宣伝して頂けると嬉しいです。感想もお待ちしております。

 

浦ビュー

初めて浦和レッズを見た方にも読みやすく分かりやすい内容にしつつ、長く浦和レッズを応援して頂いてる方にも満足して頂ける内容を目標に2019年より浦和レッズの公式戦のプレビューとレビューをTwitter上でスタート。
Twitter:@ura_view17

 

コメント
投稿する
コメント

浦議ニュース