浦和レッズについて議論するページ

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。


「信じて走り続ける!」と意気込む、橋岡大樹に課せられた3つの役割とは(浦レポ)


(Report by 河合貴子)

 

ガンバ戦は左が山中、右が橋岡か

 

今シーズンのリーグ戦は決して好調な滑り出しとは言えない。2勝2分け2敗だ。新システムの4バックを取り入れたり、対戦相手や選手の状態を考慮して3バックに戻したりしながら闘ってきた。しかもリーグ戦は、ホームでは未勝利である。4バックで闘った横浜FM戦は0-3で惨敗を喫し、3バックで闘ったACLの全北現代戦も0-1と惜敗して、2連敗中である。この悪い流れを断ち切るためにも、次節のアウェイでのG大阪戦ではしっかりと勝利を収めたいところだ。

 

G大阪戦を目前にしたゲーム形式の練習では、まず5バックになって守備ブロックを退いたところからのプレスの掛け方を意識した。G大阪の攻撃を想定した白ビブ組は、4-2-3-1だが、両サイドバックの宇賀神友弥選手と柴戸海選手が高いポジションをとり、3トップとも思えるようなポジショニングで、杉本健勇選手を真ん中にしてトップ下に汰木康也選手、マルティノス選手とアンドリュー・ナバウト選手がサイドに開いた形で前線で張っていた。

 

それに対して、橋岡大樹選手と山中亮輔選手の両サイドハーフが下がり5バックとなり、流れによって興梠慎三選手か武藤雄樹選手が下がり5-4-1でブロックを作ったのだ。縦パスが杉本選手に入るとマウリシオ選手がプレスを掛ける。すると、橋岡選手は中に絞る。ボールサイドにスライドする守備でも当然、中に絞りセンターバックの役割になる。

 

続きはコチラ

 


浦レポではこのほかにも下記の記事を掲載しております。

「ガンバ戦に向けて調整を行う男たち」写真ギャラリー<55枚>

ファブリシオが部分合流!完全合流はいつだ?!

 

コメント
投稿する
コメント

現在コメントは受け付けておりません。

浦議ニュース