浦和レッズについて議論するページ

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。



矢島慎也がACL優勝も喜びきれない思いと、残り2試合のリーグ戦に掛ける強い思いの理由とは(浦レポ)


(Report by 河合貴子)

残り2戦でチーム内での存在感を示す!

「あの場にいたら、そんなに貢献したと思っていない。嬉しいんだけど・・・」と矢島慎也選手は複雑な表情を浮かべた。

「ただ、チームとしてアジアの頂点に立ったことを、数日が経ってメディアを通して凄いことだと思った。そこに立てたのは、チームとして凄いことだと思うし、個人としては嬉しいけど、出場して貢献している人たちを見ると温度差を感じてしまう。なかなか貢献できなかった悔しさがあったのも事実だ」と胸の内を話した。

プロの選手であれば、ACL決勝のピッチに立って活躍したい思いがあるのは当然のことだ。矢島選手は、ベンチ入りしたもののピッチに立つチャンスは巡って来なかった。悔しいの一言では片付けられない思いがあった。

浦和は、ACL優勝を決めてクラブワールドカップへと夢を繋げた。だが、リーグ戦は残り2試合。川崎戦と横浜MF戦を中3日間、中2日間という厳しい日程で闘わないとならない。

「悔しい感情を持っている人たちにとっては、大事な試合だ。自分もその中のひとりだ!」


続き(全文)はコチラ



浦レポではこのほかにも下記の記事を掲載しております。

ACL優勝から中3日の川崎戦に興梠慎三、ラファエル・シルバは欠場濃厚か?

西川周作「来てくれるサポーターのためにも、また喜べるように責任をもって闘う」 川崎戦に強い気持ちで挑む

浦議ニュース
もっと見る