浦和レッズについて議論するページ

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。


汰木康也が同じドリブラー関根貴大との共存を目指して、この夏に掛ける思いとは(浦レポ)

 


(Report by 河合貴子)

 

関根選手を参考にする部分

 

「キツいっす~」と息をハァハァとさせながら座り込んだ汰木康也選手。その苦しそうな表情は、猛暑の中でも決して妥協することなく全力で練習に取り組んで居た証しであった。

 

「夏は毎年そうだけど、個人もチームも成長できる大事な時期だと思っている。」と気合いを入れていた。

 

少し動いただけでも、汗が噴き出す。だが、身体を酷使した分しっかりとケアし、超回復することができればフィジカルは上がる。フィジカルが上がれば、身体の切れも良くなりスキルアップになる。流した汗の分だけ、選手として成長しているといえるだろう。この酷暑の中で目的意識を持ちしっかりと身体を動かすことが、ゆくゆくは自分のためになりチームの底上げに繋がると汰木選手は考えていたようだ。

 

さらに仕掛けるドリブラーの汰木選手にとって、関根貴大選手の活躍は大きな刺激にもなっていた。

 

「攻撃に関しては独特で、違う自分にしか出せないリズムをお互いに持っている。学ぶというよりは、お互いに共存できればピッチで相手にとって嫌なプレーができる」と笑った。

 

続きはコチラ

 


浦レポではこのほかにも下記の記事を掲載しております。

 

「猛暑日の中で汗を流す男たち」写真ギャラリー<55枚>

鈴木大輔が「今やらないことは肌感覚で分かっている」と、名古屋戦出場の機会を虎視眈々と狙う

コメント
投稿する
コメント

浦議ニュース