浦和レッズについて議論するページ

J1リーグ第18節『浦和レッズvsベガルタ仙台』の監督会見を引用紹介させていただきます。

 

ここで紹介しているのはコメントの一部です。
全文は引用元の
浦和レッズ公式
Jリーグ公式
をご参照ください。

 

監督コメント(Jリーグ)

[ 大槻 毅監督 ]
前節、大分で敗れて勝点3を絶対に今日取らなければいけないという思いがありました。選手のところも、非常に良い準備をしてくれて、試合前、まず臨むところから緊張感があった。選手たちに勝点3を取らせたいと思いました。いつも思っていますけど、今日は特にその思いが強かったです。ですので、今日は勝点3を取れて良かったです。

 

大槻 毅監督 仙台戦試合後会見(浦和レッズ)

 


※画像はサイトのスクリーンショットです。

[質疑応答]
(今日は長澤選手をシャドーに置いたところに監督の狙いがあったと思うが、エヴェルトン選手の負傷でボランチに下げざるを得なくなり、それがゲームプランに影響したところはあったか?)
「それぞれのポジションにタスクがあって、役割があって、役割はあるんですけど、その選手のキャラクターでちょっとしたチームで共有しているタスクに対して、キャラクターが与える影響みたいなものはあるかと思います。(長澤)和輝は、シャドーでできること、やらなければいけないことと、ボランチはちょっと違うんですけど、その両方で賢くできる選手なので、エヴェルトンの代わりに和輝があそこでプレーすることは、何ら問題はなかったです。

ただエヴェルトンが、あのキャラクターで出してほしかった部分がやはり失われたので、そこは和輝の良さでフォローしてもらって、エヴェルトンもエヴェルトンの良さというところは期待していたので、とにかく負傷交代だったので、残念でした」

(前半からベガルタ仙台がかなり激しくプレーしていて、後ろから、あるいはプレーした後のファウルが多かったが、ファウルは取ってくれるけどイエローカードが出ないということで、監督もだいぶ言われていたが、選手はああいうところでクールに対応していたと思う。その辺の、選手の対応については?)
「試合が終わった後のフラッシュインタビューでも言ったんですけど、レフェリーにああいうふうなところを見せたのは、サッカーを見ている人に対して申し訳ない気持ちがあります。そこは自分の不愉快な部分を見せてしまったところだったと思います、すみません、みたいな話をしました。

ハーフタイムに僕も、冷たいタオルで顔を拭いて、冷静さを取り戻そうと思って選手に話をしましたけど、選手はそんなことはなく、すごく冷静にやってくれていました。選手に助けられました。ありがたいところです。

ただ、分からないですけど、前半にもう少しコントロールしていたら、(ベガルタ)仙台の選手のレッドカードはなかったんじゃないかと思うんです。仙台はここまで、何試合も見ましたけど、すばらしい戦い方をしていましたし、僕らもすごく緊張してゲームに臨みましたけど、10人になって仙台さんも残念だったと思いますし、そういうところで言うと、僕らとしては勝ち点3を取れたからうれしいけれども、サッカーをもっと楽しみにして、仙台が好調だというところを見ようとしている人たちにとっては、もしかしたら残念だったのかもしれないな、と思います。すごく仙台と対戦するのを楽しみにしていたので、そこは正直、残念だったと思っています」

(1-0とリードした状態で相手が1人少なくなり、1点差は怖いものだと思うが、なかなかゲームを決めるような追加点が入らない状況で、どう試合を終わらせにかかろうと考えていたか?)
「当然、もう1点取りたかったです。ただ取り方と、相手に可能性を与えないでというところで、サッカーだからおっしゃるとおり分からないので、もう1点取りたかったですけど、途中まで行くけど最後のところで、ウガ(宇賀神)のインスイングのクロスとかもありましたけど、リスクを負わないでも1点を取れれば一番よかったんですが、1-0で勝っているところで相手チームに対してこちらがリスクを冒す必要もないと思いますし、1-0で終わらせた、ということに関しては良かったです。2点目を取りたかったのは事実で、取れませんでしたけど、勝ち点3を取っています。そういうことだと思います。

あそこで、もう1点だとたきつけていくやり方もあったでしょうし、ただ後ろは安定したかったです。でも、おっしゃるように事故はあるので、怖いなとは思っていました」

(興梠選手は試合を決めるゴールを決めたが、監督から見た彼のキャラクター、あるいはこれから果たしてほしいタスクといったものは?)
「トレーニングも一生懸命やりますし、試合のときに周りを見て声をかけてくれますし、ピッチの上でも歯を食いしばってがんばってくれるし、点も取ってくれます。一番彼に言っているのは、『ケガしないでね』ということです」

 

監督コメント(Jリーグ)

[ 渡邉 晋監督 ]
前半の戦い方の中で、もう少し守備も攻撃も、前に矢印が出せれば良かったのですけれども、ちょっとそこが出し切れなかったなということが反省点で、でもそれだったら前半の45分間をやり過ごしてしまったら後半にこうやってやってやろうというところは準備をしていたのですけれども、最後のあの時間帯での失点は非常にもったいなかったなと思っています。

1人退場になって難しい展開になってしまいましたけれども、0-1でやり過ごす時間帯と、1点を取って最低でも勝点1を拾って帰ろうという狙いは、しっかりと選手に明確に授けて、選手もそれを非常に前向きに実行してくれたと思います。

結果的に1点を取れなくて、それは非常に悔しいのですけれども、この7連戦で非常にタフにやり切ってくれた選手たちを称えたいと思いますし、また次、1週間後にゲームはありますけれども、まずはしっかりと選手をリカバリーさせてあげて、またエネルギーを蓄えて、次のゲームにまた良い準備をしていきたいと思います。

 

コメント
投稿する
コメント
  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:126.182.19.11 )

    人間的にも尊敬できるリアリストな組長。
    勝ちにこだわる姿勢は流石です!

    このコメントに返信

    2019年07月07日 07:08

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:211.15.235.105 )

    相手のラフプレーの被害に遭いながらも、相手のことを気遣うコメントを出せる組長。冷静でクレバー、大人のコメント。素晴らしい。

    このコメントに返信

    2019年07月07日 09:46

    • 2.1 匿名の浦和サポ(IP:222.227.204.71 )

      古巣で知り合いも多いだろうしね

      2019年07月07日 15:34

  3. 3 匿名の浦和サポ(IP:126.74.64.52 )

    毎回コメントが知的で客観的に見れてるなぁって思い尊敬します。古巣だけあって多少の配慮あるしね。

    このコメントに返信

    2019年07月07日 09:48

  4. 4 匿名の浦和サポ(IP:1.75.209.98 )

    試合中はとても熱いのに試合後のコメントは冷静、相手への心情、選手たちへの配慮、自己分析までしておられる。ベストコメントです。次も期待してます。

    このコメントに返信

    2019年07月07日 11:25

  5. 5 匿名の浦和サポ(IP:60.47.50.247 )

    残留へ一歩前進。早く勝ち点40積んで若手バンバン起用してくれ!

    このコメントに返信

    2019年07月07日 12:01

  6. 6 匿名の浦和サポ(IP:49.104.24.135 )

    スタメン紹介のときの大槻監督の迫力が半端なかった。選手と同じように、胸に手を当てたときに、一瞬、胸ポケットからハジキを出すんじゃないかと思ってしまった(笑)

    このコメントに返信

    2019年07月07日 22:07

    • 6.1 匿名の浦和サポ(IP:202.74.253.42 )

      そろそろ外観のキャラより内面のキャラを評価していこうよ。
      監督も1人の社会人だし、ヤクザッぽいと言われて、いい気持になるような未熟な人ではないと思うぞ。

      2019年07月08日 07:57