ニュース

『清水が浦和へビジターエリア開放の要望書を提出』『リカルドロドリゲス監督にカメラが潜入』など【浦和レッズネタまとめ(11/13)】

11/13のネット上にある浦和関連ネタまとめです。

 

清水社長が浦和側に公平性求め「声出し応援」ビジターエリア開放の要望書を提出…サポーター後押しで動く(スポーツ報知)

J1清水の山室晋也社長(61)が、27日の浦和戦(埼玉スタジアム)で「声出し応援」の実験的実施を進めている相手クラブ側に、「ビジターエリア開放」の要望書を提出したことが12日、分かった。同社長が公平性を求めて「浦和戦での観戦を楽しみにしていた多くの声が届いている」と、サポーターの後押しで動いた。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:121.95.94.15 )

    声出し応援が無かろうがビジターエリア開放しようが、結局勝つのはうちだよ。

    このコメントに返信

    2021年11月13日 08:05

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:126.141.172.26 )

    浦和以外はビジターエリア開放している、ビジターエリアを開放していないのは浦和だけ、清水の社長が言いたくなるわな。

    このコメントに返信

    2021年11月13日 08:17

  3. 3 匿名の浦和サポ(IP:126.167.3.76 )

    あの清水のダサいドラムの応援されると嫌気さすからやめてくれ

    このコメントに返信

    2021年11月13日 08:21

  4. 4 匿名の浦和サポ(IP:49.98.139.62 )

    よくよく考えると浦和のホーム開催なんだから浦和の有利になるように開催して何が悪いのかと思う。ピッチの中が公平であれば問題ないんじゃないかな⁉︎
    日本人は何でも平等を求めすぎてる。

    このコメントに返信

    2021年11月13日 08:23

  5. 5 匿名の浦和サポ(IP:42.150.98.129 )

    でも確かに、ビジターサポがいた方が初見の人的には面白いと思うし、集客につながるんじゃないかな

    このコメントに返信

    2021年11月13日 08:48

  6. 6 匿名の浦和サポ(IP:49.96.234.50 )

    そもそも動員数40%は埼玉県の要請では?
    それに浦和はルールに則って行動しているのに公平性を欠く様な清水の社長の言い回しは不快そのもの。
    文句は国と埼玉県と村井に言ってくれよ。

    このコメントに返信

    2021年11月13日 09:11

  7. 7 匿名の浦和サポ(IP:14.8.22.128 )

    まずビジターエリアを解放してないのはスタジアム所有者の埼玉県の要請であることは抑えておいてほしい。
    公平性を求めるといえば何となく聞こえはいいけど、要は「クラブは対応しましたよ」っていう、降格したときのためのサポに対するアリバイ作りでしょ?
    リーグ全体のためのビジネス的な実証実験が、清水フロントの保身のために潰された。

    このコメントに返信

    2021年11月13日 09:20

  8. 8 匿名の浦和サポ(IP:126.141.172.26 )

    清水サポが埼玉県に問い合わせたら、埼玉県からは要請はなかったって、クラブの嘘がバレた。

    このコメントに返信

    2021年11月13日 09:49

    • 8.1 匿名の浦和サポ(IP:121.95.94.15 )

      その清水サポさんが、埼玉県のどこの窓口にいつ連絡したのか教えて。自分も連絡して本当かどうか確認してみる。そして清水サポらしき人から連絡があったかも合わせて聞いてみるよ。

      2021年11月13日 13:59

    • 8.2 匿名の浦和サポ(IP:1.72.9.200 )

      嘘って何?
      ソースは?
      あと、仕事のじゃするな。

      2021年11月13日 15:30

    • 8.3 匿名の浦和サポ(IP:116.64.115.65 )

      かきこめない

      2021年11月13日 17:21

  9. 9 匿名の浦和サポ(IP:116.64.115.65 )

    4〜よんばん〜
    @ k i r e i n a 4 b a n

    問い合わせしたのはこのアカウント

    このコメントに返信

    2021年11月13日 17:24

    • 9.1 匿名の浦和サポ(IP:116.64.115.65 )

      スペース開けないと打ち込めなかったから、文字前のスペース消して検索してください

      まずこの問い合わせは清水戦に対しての問い合わせで、40%云々の話がマリノス戦に対して
      そこでまず齟齬が生まれてる
      それにこの返信の中で、10/29の会議にて50%まで認めるようななったが、おそらくマリノス戦のチケット発売するにあたって、浦和と県側の協議は10/29以前に行われてるであろうから40%という数字にまとまったんだと思う
      その時に清水戦も同じ様に話し合われていた場合、同様に40と言う数字になってもおかしくない
      また10/29に50まで認めるよと県側から連絡があって、どうする?と聞かれた時に前に決めた時のまま40で行きますと言うこともある

      この話の焦点は清水戦を開催するにあたって、いつ埼玉県と浦和が話をし、どのようにまとまったのかだと個人的には思ってる

      2021年11月13日 17:26

コメントを書き込む