浦和レッズについて議論するページ

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。


紅白戦で素晴らしい動きを見せた選手は?【練習レポ】(浦レポ)

 


(Report by 河合貴子)

10分×3本の紅白戦を実施

少し肌寒さを感じる北風が時折ピッチを駆け抜けていく中、満開の桜の下で練習が行われた。

腰痛で離脱していた福島春樹選手もリハビリメニューだった武富孝介選手も完全復活する一方で、宇賀神友弥選手は別メニューでコンディション調整、石井僚選手が体調不良となってしまった。また、岩波拓也選手は30分ほど一緒にアップしただけで別メニューの調整だった。

アップに行われた戦術練習では、後方からの攻撃の組み立てパターンにフォーカスしていた。センターバックとボランチの縦関係の揺さぶりから、センターバックがハンドリングしてサイドへと展開していく。このサイドへとボールが入った時が、キーポイントである。サイドバック、サイドハーフ、ボランチのユニットで崩すイメージだ。

トライアングルを作りながら3人の共通意識が重要だ。サイドハーフが中へとポジショニングを変えて、空いたスペースへとサイドバックがオーバラップしてクロスをあげるパターンや、サイドバックがインナーラップをかけるパターンなどの、数パターンからシュートまでの練習が何度も繰り返された。

 

続きはコチラ

 


浦レポではこのほかにも下記の記事を掲載しております。

橋岡大樹が東京五輪、リーグ戦の延期にも動じず「中断期間を吹っ飛ばすぐらいの試合がしたい」

新型コロナウイルス拡散防止のため練習場も対策を強化【こぼれ話】

 

 

コメント
投稿する
コメント

現在コメントは受け付けておりません。

浦議ニュース