浦和レッズについて議論するページ

3/25のネット上にある浦和関連ネタまとめです。

 

J1浦和レオナルド「ナーバスになっていたが落ち着いた」一般非公開で練習(デイリー)

J1の浦和は24日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で一般非公開の2部練習を行った後、ビデオ通話アプリで今季から新加入したFWレオナルドが取材対応した。

23日の「第4回新型コロナウイルス対策連絡会議」で言及されたJリーグの再々延期の可能性に「気持ち的には4月3日にプレーを見せたい」と意気込んだが「やむを得ない」と理解も示した。現在の状況でコンディションを保つことの難しさを正直に語ったが「レッズの選手であることが大きなモチベーションになっている」とビッグクラブ所属の自覚をにじませた。

 

【浦和】レオナルド、新型コロナでJ中断も「不安はない」 完全非公開練習でゴール量産中と明かす(スポーツ報知)

J1浦和のブラジル人FWレオナルド(22)が24日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で公式戦中断中のトレーニングや練習試合でゴールを量産していることを明かした。

この日はさいたま市で一般非公開の2部練習後、ビデオ通話で報道陣の取材に対応。2月末から公式戦延期が続き、4月3日の再開が難しい状況になってきたとの報道を確認しているといい「サポーターの健康のことを考えると、まだ状況が改善していなければさらに延期をしても仕方がないと思う」と理解を示した。

 

浦和レオナルド、再延期案に「やむを得ないと思う」(日刊スポーツ)

J1浦和レッズに新加入したブラジル人FWレオナルド(22)が、サポーターの健康を最大限に配慮した公式戦再開を望んだ。

24日、さいたま市で非公開による2部練習後、ビデオ通信アプリを通じて取材対応。25日のJリーグ実行委員会で4月3日の公式戦再開可否が話し合われることを受け「4月3日の再開は難しいという日本の報道は読んでいる。サポーターの気持ちを考えて試合を見せたいけれど、サポーターの健康を考えると、さらなる延期はやむを得ないと思う」と口にした。

延期が決まれば3月18日に続いて2度目となる。レオナルドは「モチベーションを保つのは難しい状況ですが、レッズの選手であることを誇りに持って落とさないようにしている」とキッパリ。

 

Jリーグ、今季の理念強化配分金なし検討…総額27億8000万円、感染防止出費に備え(スポーツ報知)

Jリーグが今季、理念強化配分金(総額27億8000万円)の運用停止を検討していることが24日、分かった。この日、クラブとのウェブ会議で伝えた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、2月23日を最後に公式戦が中断。再開時に感染防止の関連グッズ手配などに出費がかさむことが考えられ、Jリーグ側は資金が必要と説明しているという。25日の実行委員会で協議される。

配分金制度は、スポーツチャンネル「DAZN(ダゾーン)」の放映権を原資とし、17年に始まった。リーグ上位4クラブに支給され、1位は最大15億5000万円、2位は同7億円を翌年から3年にわたって受け取る。助っ人の補強に充てることができ、戦力、施設拡充の原資にもなった。関係者によると運用停止は今季J1の上位4チームだけで、昨季までの対象クラブには予定通り支給されるという。

 

 

 

 

コメント
投稿する
コメント
  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:153.216.73.78 )

    共同通信より、Jリーグの再開は最短で4月22日になる模様。

    このコメントに返信

    2020年03月25日 11:31

浦議ニュース