浦和レッズについて議論するページ

J1リーグ第30節『浦和レッズvs鹿島アントラーズ』の監督会見を引用紹介させていただきます。

 

ここで紹介しているのはコメントの一部です。
全文は引用元の
浦和レッズ公式
Jリーグ公式
をご参照ください。

 

監督コメント(Jリーグ)

[ オズワルド オリヴェイラ監督 ]
非常に良いゲームだったと思う。前半は失点はしたけれど、良い形ができていた。後半は、前半にやっていたことを落ち着いて継続することができた。ハーフタイムには、落ち着いて続けなさいと選手たちには話しました。

 

オズワルド オリヴェイラ監督 鹿島戦試合後会見(浦和レッズ)


※画像はサイトのスクリーンショットです。

[質疑応答]
(前半30分位までは今シーズンでもベストな試合運びだったと思うが、その時間に得点が決まらなかった。ゴールもコンビネーションからの得点ではなく、CKと個人技のようなゴールとなり、それもまたサッカーだと思うが、オリヴェイラ監督の感想は?)
「興味深いポイントですね。組織プレーのボリュームは大きかったと思います。たくさんの組織プレーはできましたが、それは日々のトレーニングで細かいところまで練習をしているので、できていると考えます。その中で生まれた個人プレーだったと思います」

(メンタリティについてだが、前半リードされた中、自分たちのやっていることを後半も続けらるというのは、それだけ今のチームに自信があるということを選手自身が感じているからだと思う。また、1点をリードしてから、あれだけ攻められても、しっかりと我慢できるようになったことに対して、成長を感じているのでは?)
「ハーフタイムではリードされているけれど、変えなくてもいいと話しました。同じように続けようというのは、モチベーショントークではなく、私が実際に感じていたことでした。私たちは、形を変えなくてもゴールを決めることができました。得点後も、同じように変えなくてすみました」

(選手交代についてだが、興梠選手を代えて武藤選手を残したことで3点目につながったが、その判断基準は?)
「(興梠)慎三か武藤かということは、ベンチでも会話はありました。その直前に、武藤は左サイドで似たようなカウンターを仕掛けていました。非常に好調でプレーにもたくさん絡んでいるため、慎三を休ませることにしました。次の天皇杯に向けての準備ということもあります。また、森脇は久しぶりにプレーするということで、90分は難しいと判断した上で、最初の交代になりました。長澤は休ませる意味合いです。また、アンドリュー(ナバウト)を入れたのは、相手にプレスを掛けるためで、そこから武藤のファン・サポーターを沸かせる美しいスペクタクルなゴールが生まれたと思います」

(前半はすばらしいサッカーでチャンスをつくりだしたが、これまでのレッズならば、いい流れの中でも、あの先制された失点でずるずるといってしまうことがあった。今日は違う展開になったが、オリヴェイラ監督が来たことで、選手たちが描くゲーム展開も変わってきたと思う。そのことについての考えと、武藤選手について一言お願いしたい)
「選手たちは、練習で伝えていることをしっかりと吸収して、それを体現するようになっています。武藤の場合も、私たちが来たばかりのころは自信やフィジカルコンディションの部分で物足りなさを感じました。せっかく運動量がある選手なのに、そこを発揮できていない状況でした。彼には、勇敢にプレーをすることを求めましたが、それができるようになってきたと思います」

(30分までの攻撃は、これまでのレッズではないようなサッカーだったが、外から見ていると、レッズがレッズではなく、鹿島アントラーズのメンタリティに近いものを持っているように思う。そのあたりに関しての考えや感じることは?)
「過去のレッズを比較するのは難しいですが、私はレッズでの仕事の話があった段階で、選手たちの経歴、特徴を調べて把握し、グラウンドに落とし込み、練習で実行しています。その中で、武藤や柏木が良くなってきています。彼らだけではなく、全体的に組織プレーができるようになってきました。今日も組織プレーがしっかりとできていたから、個人プレーも生きたのが武藤でした。私は組織プレーが強ければ、個人が活躍できると思っています」

「一つ私から。鹿島での私は5年間の間にたくさんのタイトルを獲りました。当時、レッズとの対戦では非常にいい試合がたくさんあって、ライバルとしての立場が際立っていきました。でも、私は今日、鹿島のライバルとして試合に臨みました。今日は勝ち点3を取ったという意味でも重要ですが、非常に質の高いチームに対して、それを実行できたことが大きな意味を持つ試合だったと思います。

一つはっきりさせておきたいことは、私が鹿島で過去に働いてから今日の勝利が特別にうれしいものであると捉えてほしくはありません。鹿島も他のチームと同じ対戦相手です。勝ち点3に対する喜びも同じものです。鹿島に対するリスペクトがありますし、多くの友人が鹿島にいます。共に仕事をし、デビューをした5人の選手がスタメンに入っていました。だからといって、今日の勝利に特別な味があるかいえば、ありません。私の鹿島に対する愛情はありますが、それがあるからこの勝利が特別に嬉しいものになったわけではないのです。

今はレッズで仕事をしており、レッズに対する情熱、選手に対する情熱は一番強く持っています。ここですばらしいチームをつくってタイトルを獲るためには、できる限りのことをやり続けたいと思います。そして鹿島とのライバル関係があるからといって、鹿島に対する負の気持ちは全くありません。水曜日にACLを戦う鹿島を一生懸命応援したいと思います。

レッズで私は一生懸命仕事をします。クラブ、選手、そしてサポーターに対する情熱は非常に高いものです。この観客の前で、レッズのユニフォームに袖を通してプレーをする選手は、必ずたくさん走って、いいプレーをしないといけないと思います。そこを私からはっきりとさせたいと思いました。

誰かに対する負の気持ちはなく、すばらしい記憶が残る対戦でした。私は世界の25チームで仕事をしてきました。ブラジルだけで14チームです。ですから、古巣との対戦というのは、ブラジル時代ではほぼ毎試合だったのです。どのクラブにも、友人ができました。サンパウロ、リオ、それぞれのビッグ4と呼ばれる8つのチームで指揮をとった監督は私だけです。コリンチャンス、サンパウロ、サントス、パルメイラス。そしてヴァスコ・ダ・ガマ、フルミネンセ、フラメンゴ、ボタフォゴ。そのすべてのチームに友人がいますが、戦うときは、そのときに着ているユニフォームのクラブなのです。ただし、私の心の中に鹿島がいることは、隠しません。ありがとうございました」

 

監督コメント(Jリーグ)

[ 大岩 剛監督 ]
結果的に残念なゲームになってしまったんですけど、選手たちは非常によく最後まで勝ちをあきらめずに走ってくれた、戦ってくれた。その姿勢を次のゲームに活かそうという話をいましてきました。当然アウェイの中でいろんなシチュエーションを想定していたんですけれど、最後の3失点目については、絶対にあってはいけない失点だと思います。今後につなげる意味でもしっかり反省して、次のゲームに生かしたいと感じました。

-- 川崎Fの結果いかんによっては優勝が厳しくなります。そうなった場合今後のリーグ戦をどのように戦っていくでしょうか?
その結果が出てから考えたいと思います。まだあきらめていませんので過程の話よりもしっかりと前を向いて、自分たちの次のゲームについてしっかり準備したいと思います。

コメント
投稿する

  1. 匿名の浦和サポ(IP:123.230.118.50 )

    2点目って記者が言うような個人技だけのゴールだろうか?
    長澤が小笠原を引き連れて最前列に入ってきて、入れ替わりに武藤がガラ空きのバイタルに降りてきてボールを受け、対応が遅れた小笠原を一瞬でかわし反転。興梠槙野が裏を狙うことでDFは動けず、シュートコースも確保されてる。
    武藤のフィニッシュはもちろん見事な個人技だったけど、緻密なコンビネーションで取ったゴールにも見えたけどな。

    2018年10月21日 00:33


コメント
  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:222.4.59.101 )

    もしもPK取られていたらとかたらればはあるけども選手交代も含めての久々の鹿狩り成功は順位や勝ち点以上の価値があるね
    特に武藤はキャリアハイと言うくらいの出来の良さ
    連戦で鹿の中盤の守備が機能していなかったからとは言えあのミドルもドリブルもゴラッソ
    まだ確定では無いけど柏が昨日負けた事で残留もほぼほぼ決まり
    後は最終節を終えた時点で3位以上と天皇杯に向けて進むしか無いね

    このコメントに返信

    2018年10月20日 21:25

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:60.124.26.138 )

    今年の武藤の頑張りは凄いな。
    ここに来て、得点力も戻ってきた。
    天皇杯もお寿司食べられますように。

    このコメントに返信

    2018年10月20日 21:31

  3. 3 匿名の浦和サポ(IP:1.75.240.186 )

    オズワルド・オリヴェイラ監督
    古巣鹿島アントラーズから
    勝ち点3
    おめでとうございます
    残りのリーグ戦と天皇杯、頼みます

    このコメントに返信

    2018年10月20日 21:41

  4. 4 匿名の浦和サポ(IP:49.98.131.156 )

    今日勝ったのは非常に大きな意味があると思うよ。
    残り試合全勝で勝ち切れよ!

    このコメントに返信

    2018年10月20日 21:54

  5. 5 匿名の浦和サポ(IP:115.176.124.198 )

    ミシャも魅力あったけど、勝者のメンタリティはオリベかな。勝ち方知ってんね。
    天皇杯頼む!!!

    このコメントに返信

    2018年10月20日 22:34

  6. 6 匿名の浦和サポ(IP:123.230.118.50 )

    2点目って記者が言うような個人技だけのゴールだろうか?
    長澤が小笠原を引き連れて最前列に入ってきて、入れ替わりに武藤がガラ空きのバイタルに降りてきてボールを受け、対応が遅れた小笠原を一瞬でかわし反転。興梠槙野が裏を狙うことでDFは動けず、シュートコースも確保されてる。
    武藤のフィニッシュはもちろん見事な個人技だったけど、緻密なコンビネーションで取ったゴールにも見えたけどな。

    このコメントに返信

    2018年10月21日 00:33

  7. 7 匿名の浦和サポ(IP:126.33.140.161 )

    武藤がやりやすい戦い方なんだろう。選手の距離感が近くて相手ゴール前ではワンタッチ、ツータッチでボールが回っていく。李が入っても面白そうな感じ。

    このコメントに返信

    2018年10月21日 02:12

  8. 8 匿名の浦和サポ(IP:223.219.76.153 )

    やはりオリヴェイラの手腕は確かだね。今のフォーメーションの強みが存分に発揮された戦い方をして居ると思う。本当は慣れた4-4-2をやりたいのだろうけど、不慣れな3バック、3ボランチをやっている中で論理的な攻撃が出来てると思う。常に相手ボランチとサイドの間、センターバックとサイドバックの間に入れ替わり、立ち代わり選手が入る。武藤、興梠が引けば長澤、柏木がそのポジションまで上がり、縦のポジションチェンジで相手ボランチ、センターバックへ着いて行くか留まるかの選択を迫る。上がって来た森脇にサイドバックが付けばセンターバックとの間の選手が空き、ボールが入りやすくなる。そこにセンターバックが対応すると中央が薄くなる。そのスペースをスライドで埋めれば逆の宇賀神が空く。コンテ時代のユベントスのようか感じ。ミシャの時みたいにマークが着ききれなくなるような崩しではないけど、相手選手には常に行くか留まるかの選択を迫るし、対応を間違えれば決定機まで持っていかれる。後半押し込まれた時間帯のように隙はあるけど、セットプレー、カウンターからの得点が増えてきているし、徐々に完成形が見えてきた。でも来年はどうするのだろう?このままいくのだろうか?4バックにするのだろうか?

    このコメントに返信

    2018年10月21日 02:29

  9. 9 匿名の浦和サポ(IP:123.255.130.39 )

    昨日の勝利はオリベが今まで築いてきたことを壊して1から作るようなことはせず、そこに苦戦しながら自分色を必死に足してきた結果。これから心底強くなるきっかけになる試合だったと思う。

    このコメントに返信

    2018年10月21日 03:29

  10. 10 匿名の浦和サポ(IP:182.251.79.23 )

    守備意識を高くしても失点し危険な場面も何度もある
    。それじゃ失点を減らす為にどうすれば今のチーム力で出来る事。それが3ボランチの形になった。とても好感持てます。

    このコメントに返信

    2018年10月21日 05:48

    • 10.1 匿名の浦和サポ(IP:182.251.79.23 )

      オズは大嫌いでしたけど降格争いしてたしそんな事言ってる場合じゃないと思ってたら3ボランチを取り入れた事で彼の見方を変えました。今までの戦い方では失点は減らない。だからバイタルエリア前で防ごうとする意図が感じられます。攻撃も3ボランチの誰かがチャンスの時には攻め上がる。こんな感じでしょうか
      。あくまでも個人的な推測です。今は攻撃にも手を加えているみたいですけどファブリシオも不在だしまだこの点は時間がかかると思います。もっと良くなるはずだと思います。

      2018年10月21日 09:17

  11. 11 匿名の浦和サポ(IP:36.11.225.29 )

    組織的な守備が大事ってこどですね。

    このコメントに返信

    2018年10月21日 05:57

  12. 12 匿名の浦和サポ(IP:175.132.137.183 )

    記者の質問で「鹿島アントラーズのメンタリティに近いものを持っているように思う」は鹿島が上という表現で不快。
    オリヴェイラの古巣という事もあるだろうが単純に「勝者のメンタルがあった」と表現すればいいだけ。
    浦和が鹿島に近いになんてどっちもチームにも不快感を与えるだけでしょう。

    このコメントに返信

    2018年10月21日 06:35

    • 12.1 匿名の浦和サポ(IP:182.250.165.3 )

      こっちはACL2回優勝しているプライドもある。
      だからこそ来年オリベイラでACLタイトルを獲って欲しい。

      2018年10月21日 08:36

  13. 13 あ(IP:106.133.87.204 )

    強い時の鹿島の勝負強さは際立っている。タイトルの数も比にならないぐらい鹿島の方が多い。しかし、過去の栄光や結果は1つの試合としては関係なし。昨日は明らかにレッズの方が上だった。上位進出を占う一戦でこれまでになかった勝負強さが出たことは誇らしいので、鹿島らしいと言われてもポジティブに捉えましょう。

    このコメントに返信

    2018年10月21日 07:41

  14. 14 匿名の浦和サポ(IP:119.224.172.137 )

    オズマジック。。。。効いてきたかな?

    このコメントに返信

    2018年10月21日 08:29

  15. 16 匿名の浦和サポ(IP:175.132.56.199 )

    サイドにもっと質のいい選手がいればもっと上に行けると思う。

    このコメントに返信

    2018年10月21日 08:56

    • 16.1 匿名の浦和サポ(IP:182.251.79.23 )

      昨日もそうだが私もつくづく思います。突破力もそうでですがクロスの精度、工夫、昨日なら雨が降ってグランドが滑りやすいのに低くて速いボールがほとんどなかった。スピードは無いし1対1では勝負弱い。伊藤純也クラスがいれば。

      2018年10月21日 09:40

  16. 17 匿名の浦和サポ(IP:182.251.79.23 )

    言いたい事はなんとなくわかりますけど、それを検証するのは監督、スタッフ、選手で良いと思いますが。
    それに観戦してるサポーターも何がダメで何が良かったかちゃんと見てると思います。それがここで討論してる理由ではないでしょうか。

    このコメントに返信

    2018年10月21日 09:28

  17. 19 匿名の浦和サポ(IP:119.83.59.168 )

    夏場の走り込みがこの時期にきて物を言ってますね。
    後半ATで相手を振り切っての武藤のゴールは武藤本人の体力、気力が凄いですが、チーム全員の足が止まっていなかったからこそ出来たものだと思います。
    時々安い失点はありますが、チームとしての考え方や個人個人の向いている方向がブレない姿が最近は良く見て取れます。安心してゲームを見られる不思議な安堵感はそういったところから来ていると思います。
    オリベはシーズンを通して念密に戦い方を計算し、なおかつチームのモチベーションを上げられる数少ない智将ではないでしょうか。
    今後も全力で応援していきます!

    このコメントに返信

    2018年10月21日 11:53

  18. 20 匿名の浦和サポ(IP:126.179.33.100 )

    あなた社会でもそう言う人なんだろうね!

    なんとなく正論述べ、なんとなく異議を唱える。なんとなく賢者醸すが、実効性ない人。

    ウチの職場にもいますね。

    このコメントに返信

    2018年10月21日 13:39

    • 20.1 匿名の浦和サポ(IP:126.179.33.100 )

      >17に対して

      2018年10月21日 13:41

    • 20.2 匿名の浦和サポ(IP:49.98.163.35 )

      ア◯タくんは現実社会からは逃避しています。

      2018年10月21日 13:48

  19. 21 匿名の浦和サポ(IP:182.251.79.23 )

    毎回やってるよね。いい加減止めれば。

    このコメントに返信

    2018年10月21日 13:50

  20. 22 匿名の浦和サポ(IP:124.140.212.89 )

    楽しみで 見ている者ですが 2つ?の訳わからん
    主張 やめて下さいー
    自己満足、、、

    このコメントに返信

    2018年10月21日 14:31

  21. 23 匿名の浦和サポ(IP:27.94.44.12 )

    試合内容でネガキャンできないアンチの遠吠え。ざまあーって感じだな

    このコメントに返信

    2018年10月21日 18:41

  22. 24 匿名の浦和サポ(IP:14.8.4.161 )

    ア◯タって奴、正真正銘のサイコパスだな。

    このコメントに返信

    2018年10月21日 22:51

  23. 25 匿名の浦和サポ(IP:43.228.222.114 )

    オリヴェを活かすには無駄な6年間の負の遺産を一掃払拭しないといけない
    淵田山道そしてベタベタ関係で先発を確約されてきた30超の選手たち
    立花さんと修三でオリヴェ好みの編成をとれるようそれを邪魔する淵田を排除することは浦和再生の絶対条件
    TOPはほんと重要なのだ
    他クラブの好例をみればそれは明白
    それから、日本代表見ればわかる通り、世代交代図らなけらば来季もない
    徐々にではない
    ドラスティックにやらなけらばいけないタイミンだなのだ
    オリヴェだって今自分好みの選手で戦ってるわけじゃない

    このコメントに返信

    2018年10月22日 06:38

    • 25.1 匿名の浦和サポ(IP:123.255.128.174 )

      今のレッズの強さの要因は淵田山道の労力のおかげなんてサポーターは微塵も思ってないよ。

      2018年10月22日 07:18

    • 25.2 匿名の浦和サポ(IP:159.28.178.216 )

      それで?

      2018年10月22日 07:18

  24. 26 匿名の浦和サポ(IP:14.3.133.120 )

    みんな忘れているかもしれないが、キャンプがゆるかったのか、今年のレッズは70分以降に足が止まっていた。
    ミシャの時代も、この時期は失速が定番だった。今の札幌のように。
    オズが来てからのトレーニングだけで、これだけコンディションが上がったのは、本当にすごいことだと思う。
    鹿島時代には選手を固定することを批判されていたが、今はどんどん新しい選手が試されている。
    末永く指導をお願いしたい。

    このコメントに返信

    2018年10月22日 14:27

  25. 27 匿名の浦和サポ(IP:43.242.242.176 )

    >21.1 匿名の浦和サポ(IP:123.255.128.174 )今のレッズの強さ
    は?爆笑

    このコメントに返信

    2018年10月23日 06:33