浦和レッズについて議論するページ

J1リーグ第28節『浦和レッズvs柏レイソル』の監督会見を引用紹介させていただきます。

 

ここで紹介しているのはコメントの一部です。
全文は引用元の
浦和レッズ公式
Jリーグ公式
をご参照ください。

 

監督コメント(Jリーグ)

[ オズワルド オリヴェイラ監督 ]
非常に難しい試合になった。レイソルが非常に良いゲームをプレーしたと思う。とてもレベルの高い選手がそろっているレイソルは、今季見せたことがないような高いパフォーマンスを見せた。オルンガをターゲットにうまく使っている印象を受けた。最終的にピッチコンディションが相手へ有利に働いたと思う。浦和はボールを動かしたいが、ボールが流れたり、水たまりに引っかかったりして、うまく動かせなかった。

 

オズワルド オリヴェイラ監督 柏戦試合後会見(浦和レッズ)


※画像はサイトのスクリーンショットです。

[質疑応答]
(3ー2とリードした後に柴戸選手を起用したが、どのように試合を締めようと考えてのことか?)
「柏レイソルの最近の試合を見ていて、オルンガ選手がペナルティーエリアの中で非常に危険な存在であることを認識していました。縦パスを直接入れることもあれば、サイドでクリスティアーノなどを経由してオルンガに届けるというボールもありました。

リードしている中で、中盤の枚数を増やして、プレーの起点のところを止めようというのがひとつの考え方でした。もちろん、サイドからのクロスを阻止することも狙いでした。失点のひとつは、クロスからのものでした」

(前半の途中で長澤選手にもう少し前に行くよう指示を出していたように見えたが?)
「長澤は、もともと攻撃的な役割を担っています。ボランチとして見る方も多いかもしれませんけど、私はプレーヤーとして見ています。攻撃の能力も高くて、本日の試合でも前の試合でも点を取っています。2ー1の時間帯で、彼がもう1点取っていてもおかしくなかったと思います。

選手を、たとえばボランチ、あるいはセンターバックとして、ひとつのレッテルを貼ったりくくりつけたりするということを、私はあまりしたくはありません。もちろん、彼にも守備的な役割がありますし、攻撃的な役割もあるというところで、それを発揮してもらっている、というところです。長い間ケガで戦列を離れていた彼のコンディションが戻ってきているところで、今はそういった力を発揮してもらっています」

(前半はあまり効率的でなかった右サイドが後半に活性化して、得点もそちらのサイドから生まれたが、その辺はどういうふうに修正したのか?)
「時に、選手個人の不安定さ、未熟さが出てしまうことがあります。橋岡は、ブラジルではボールを追い越す動きと言いますけど、落ち着きがなかったですね。もう少し落ち着いてプレーすることが求められました」

(人とボールの動きがスムーズで、ボールを動かしていくうちに最前線のフリーな選手にスルーパスが出ることもあった。他のチームではほとんど見られない、そうしたコンビネーションの攻撃がレッズで出ていることについては?)
「川崎フロンターレもうまいですね。リーグの首位に立つに値するチームだと思います。私たちの場合は、たくさんトレーニングしています。前線の選手たちには前からの守備も求めていまして、相手からボールを奪ったときにコンビネーションするというところから、そういう流れになっています。柏木、武藤、興梠など、技術があるだけでなく賢い選手たちです。非常に高いレベルの選手たちがそういったプレーに関わっています。フィニッシュの瞬間のところでレッズに特別な形が生まれているのは、そういった理由からかもしれません」

(今のレッズの攻撃は、川崎フロンターレと比べても、15mから20mくらいのパスのスピードが非常に速く、前に行けていると思う。オリヴェイラ監督が以前に鹿島アントラーズの監督をやっていたときは、そこまでスピード感を求めていなかったように思うが、それは選手の違いか、監督の考え方の違いなのか?)
「いろいろあります。鹿島アントラーズにいたときは、多くのチームが引いて守ることによって、早く前に行くというチャンスを与えてくれない試合が多かったと思います。今、レッズでは、レッズと戦う相手が攻撃的に来て、こちらがボールを奪ったときの切り替えで、そのような形、決定機が生まれていると思います」

(前節のヴィッセル神戸戦から今日のシステムをやっているが、前節で非常にうまくいって、今日も有効だと考えていたか?)
「最も状態のいい選手を使う、というところがベースになっています。試合数は少なかったですけど、ファブリシオはペナルティーエリア内でアグレッシブに存在感を見せる選手でした。彼が不在のところで、どのように攻撃を機能させるかを考えました。そして、Jリーグで対戦したどのチームにも非常にいいFWがいますので、守備の力を同時に緩めてはいけない、ということでこのような形になりました。

ファブリシオがいたときは、ファブリシオは最初からペナルティーエリアに近いところから入っていくといいう役割でしたけど、このシステムでは長澤に、タイミングを見て後ろからペナルティーエリアに進入していくことを求めています。違った形ですけど、最終的にペナルティーエリアに入っていくというところは変わっていません」

(今日の2失点はどちらも非常に不用意な失点だったと思うが?)
「失点のうちのひとつは、かなり練習をしてきた形でした。失点しないように練習してきた中で決められてしまったのがひとつと、もうひとつは、中盤でプレーを止めておけたのに、それをしなくて失点してしまったものです。

もちろん、速くて賢い相手選手を称えるべきだと思います。私たちのミスをうまくついて得点した相手を称えるべきです。

台風が近づいていますから、早く帰りましょう(笑)。遠いところから来た人は、電車がなくなってしまうかもしれませんよ」

 

監督コメント(Jリーグ)

[ 加藤 望監督 ]
こういう天候の中、たくさんのサポーターの方が大きな声援を送っていただいて、にもかかわらず結果としてお返しすることができなかったのは、ものすごく残念に思っています。ただ、選手たちは最後まで勝利というところに向かってプレーしてくれたと思いますので、それに関しては良かったと思います。ただ、結果としては残念。下を向かずに選手たちはプレーしていたと思います。

--試合全体を考えると前半の2失点が痛かったと思うが?
そうですね。もちろん結果としてはミスだったと思うんですが、ミスに至るまでの、2失点目はあそこの判断が遅くなってしまって、周りの選手のサポートの位置だったり、そこに至るまでのボールの動かし方だったり、それがミスを招いたと思います。

コメント
投稿する
コメント
  1. 2 匿名の浦和サポ(IP:202.215.106.67 )

    かなり練習したからと言って、完全に改善される訳ないからな

    このコメントに返信

    2018年10月01日 19:29

  2. 3 匿名の浦和サポ(IP:182.251.69.210 )

    ある仮定のもとに練習を重ねたとしても、相手が裏をかいたら厳しくなるわけで。それがサッカーですな。

    このコメントに返信

    2018年10月01日 20:55