浦和レッズについて議論するページ

9/8のネット上にある浦和関連ネタまとめです。

 

浦和レッズ ハートフルクラブが15周年を迎え、永井雄一郎氏、鈴木啓太氏らが記念イベントに参加(サッカーキング)

スポーツが育む「こころ」をテーマに活動する浦和レッズ ハートフルクラブが今年で設立15周年を迎え、記念イベントが9月1日、埼玉スタジアムで開催された。

2017AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の優勝賞金の一部を運営資金として開催されたこのイベントには、さいたま市内の小学生やシニアの選手に加え、岩手県山田町からFC山田ヴェルエーニの子供たちが参加。2011年に発生した東日本大震災の後、ハートフルクラブが被災地で継続的な活動を行う中、今回初めて現地の子供たちをスタジアムに招待した。

また、東南アジアのタイから、ハートフルサッカーinアジアの活動がきっかけでサッカーを始め、「児童養護施設の子供たちによるサッカー・ワールドカップ」のタイ代表にも選出されたロムサイFCのベン君も来日。2007年に浦和レッズがACLに出場したのを機にハートフルクラブのアジアでの活動が始まり、その草の根国際交流が縁で今回日本に招くことになった。

第1部では、浦和レッズの2007年ACL優勝時のメンバーで、2007年大会MVPの永井雄一郎氏と2007年キャプテンの鈴木啓太氏によるトークイベントがスタジアムのクラブハウスで行われ、「思いやり」をテーマに自身の体験を語り、軽快なトークで子供たちや保護者で埋め尽くされた会場を盛り上げた。

 

槙野、復興キャプテン就任!札幌練習に駆けつけたサポーターと音頭取って記念撮影(サンスポ)

サッカー・日本代表合宿(7日、札幌市郊外)北海道での大地震から一夜明け、11日の国際親善試合(対コスタリカ、パナS)に向けて紅白戦などで調整した。練習後、日本代表DF槙野智章(31)の声かけで、選手らが観戦に訪れたサポーターと記念撮影。サッカー界随一のお祭り男が、“復興キャプテン”となって、被災者を勇気づける。

未曾有の大震災から一夜明けたこの日。チリとの国際親善試合が中止となり、選手らはコスタリカ戦に向けて仕切り直しの練習を行った。

練習後、約200人の熱心なサポーターに全選手が歩み寄る。音頭を取ったのは、お祭り男・DF槙野だった。

「こんな日に応援に来てくれた。だから、みんなに『サポーターのところに行って記念写真を撮ろう!!』って。反対する人はいなかった」

 

浦和FWナバウトが本田圭佑に送る“メルボルン・V指南書” 「バッシングのような…」(FOOTBALL ZONE WEB)

今季からオーストラリア1部メルボルン・ビクトリーに加入したFW本田圭佑は、10月20日の開幕戦に向けて調整を進めている。果たして、新天地のメルボルン・Vはどのようなクラブなのか。かつて3年間プレーした経験を持つJ1浦和レッズのオーストラリア代表FWアンドリュー・ナバウトは、「オーストラリアのなかでは日本で言う浦和のようなクラブだ」と語った。

今年3月にオーストラリア1部ニューカッスル・ジェッツから浦和に加入したナバウトだが、プロデビューを飾ったのがメルボルン・Vだった。2012年10月から15年12月までプレーした古巣について、ナバウトは「常に勝利を求められているクラブ」と話した。

「オーストラリアで最も大きなクラブであるし、ホンダがAリーグでメルボルン・Vを選んだことは、僕としてはサプライズではなかった。オーストラリアのなかでは日本で言う浦和のようなクラブで、常に勝利を求められている。その結果、実際に去年も優勝しているし、そういうレベルのクラブだと思う。チームには予算もあるし、メンバーを見てもトップクラスだからね」

 

 

 

コメント
投稿する
コメント
  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:182.250.241.8 )

    槙野と柏木は北海道の温かく優しいサポーターのいるチームがあっています。
    土田氏はレッズランドの繁栄を担ってください。

    このコメントに返信

    2018年09月08日 10:01

    • 1.1 匿名の浦和サポ(IP:219.200.250.9 )

      お前が浦和から出てってくれ

      2018年09月08日 20:49

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:211.130.177.204 )

    北の大地から帰ってこなくていいよ。

    このコメントに返信

    2018年09月09日 19:03

浦議ニュース