浦和レッズについて議論するページ

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。


静岡キャンプでの成果を天皇杯 松本戦で出す!「優勝してACLに出たい」と武藤も意気込む。(浦レポ)


(Report by 河合貴子)

 

静岡キャンプでの成果を試したい

 

ワールドカップで中断されたJ1リーグ再開まで約1週間。中断明けの名古屋戦から常勝軍団へと生まれ変わる再起を誓い、磐田とのトレーニングマッチから始まり、過酷な2部練習をこなして、清水とのトレーにイングマッチで締めくくった静岡キャンプだった。

 

オリヴェイラ監督は「このキャンプで最初のステップを踏むことができた」と笑顔をみせて、「戦術的には、3DFと4DFの両方をトレーニングすることがこのキャンプの目的でした。両方トレーニングして経験を積ませることによって、公式戦で選手たちが状況に合わせて形を変えていくことができるようにしたいと考えている」と守備面について話した。

 

3DFでは両ワイドの選手が下がり5DFになり5-4-1のブロックを作り、しっかりとボールサイドにスライドし、ボールサイド側が前めにプレスをかけると4DFになったり、前からプレスをかけていく判断など臨機応変に対応できるようになってきていた。

 

また攻撃面では、良い距離感でのトライアングルを意識しコンビネーションを図っていた。

 

「それもこのキャンプの目的の一つでした。前に行く時は、トライアングルを作ってコンビネーションを作りながら進んでいくことを求めている。今まで、全体のトレーニングの中でそういった練習ができませんでしたので、このキャンプの時間を利用して練習を行った。もうすでに良くなっていますが、まだまだ伸び代があると思う」とオリヴェイラ監督は手応えを感じていた。

 

そのキャンプでの成果を試す公式戦がやってきた。天皇杯3回戦の松本山雅戦だ!

 

オリヴェイラ監督は「天皇杯は勝つか敗退するか、という決定戦です。それに向けて、すでに準備は始まっている。槙野、遠藤も日本代表から帰ってきますので、彼らがプレーできる状況を期待している。そのために準備を進めている」とキャンプ最終日にニヤリと笑っていた。

 

キャンプ後、2日間のオフ明けから槙野智章選手も遠藤航選手浦和に戻ってきた。キャンプには参加していなかった槙野選手と遠藤選手であるが、いずれも能力が高い選手たちだ。キャンプでやってきたことに、2人のパーツをはめ込むだけで良い準備をしてきた。リーグ再開に向けて、天皇杯3回戦は良い試運転にもなるだろう。

 

アルウィンの松本戦では苦い思い出も

 

だが3回戦の相手は、J2で首位に立っている松本山雅だ。しかも敵地に乗り込みアルウィンで闘うのだ。嫌な思い出が頭を過ぎる浦和を愛する人々もいるはずである。

 

このアルウィンで2009年に松本と天皇杯2回戦を闘い、0-2で敗戦を喫している。当時の松本は、JFL北信越地域リーグであった。プロのチームが、社会人チームに負けたのだ。レッズはGK山岸、DF平川・坪井・山田暢久・細貝、MF鈴木・山田直輝・ポンテ・原口、FW田中・エジミウソンとそうそうたるメンバーであった。

 

だがカウンターから失点をして、20本のシュートを放つ猛攻をかけるが松本の堅守に阻まれてしまった。浦和を愛する人々にとって、こんな屈辱的なことは初めてであった。こんな思いは2度としたくない。

 

J1昇格を目指している松本は、週末にはJ2リーグ・岡山戦が控えている連戦となる。だが、おそらくメンバーを落としてくることはないだろう。リーグ3連勝中の勢いをもって、浦和に挑んでくる。高崎寛之選手は、古巣との対決に闘志を燃やしているはずだ。

続き(全文)はコチラ


浦レポではこのほかにも下記の記事を掲載しております。

「天皇杯3回戦松本戦に挑む男たち」写真ギャラリー<10枚>

李忠成が、ネイマールやコウチーニョとおそろいのスパイクを履いて見せたいプレーとは

 

コメント
投稿する
コメント

現在コメントは受け付けておりません。

浦議ニュース