浦和レッズについて議論するページ

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。


練習試合でのゴールを決めた興梠慎三!キャンプ初日で感じた攻撃面の課題とは(浦レポ)

 


(Report by 河合貴子)

 

初日にしては良かったと笑顔をみせる

 

オフ明けからずっと2部練習が続き、1日だけのオフを挟んで清水キャンプに向けてしっかりと準備をしてきた。そして時折、強風が吹き荒れる中でキャンプ初日に磐田との練習試合が行われた。

 

ボールサイドにスライドする4DFの守備は、キャンプ前からだいぶ構築されてきたところはあった。問題は、やはり得点力である。当たり前であるが、ゴールを決めなければ決して勝てない。

 

DFラインを高くしてコンパクトな守備をみせる磐田の牙城を崩したのは、やはり浦和のエース興梠慎三選手であった。しかも、『K・L・M』と称される興梠・李・武藤選手たちの見事なコンビネーションからであった。

 

「前から良い守備で、ボールが奪えたこともあった。前でボールを奪えれば、チャンスもたくさん作れるんだよ」とうれしそうに話していたのは興梠選手であった。

 

続き(全文)はコチラ


浦レポではこのほかにも下記の記事を掲載しております。

「静岡キャンプ初日は、磐田とのトレーニングマッチに挑んだ男たち」写真ギャラリー<30枚>

岩波拓也、キャンプ初日に憧れの選手と対決に「幸せだった」

 

コメント
投稿する
コメント

現在コメントは受け付けておりません。

浦議ニュース