浦和レッズについて議論するページ

天皇杯2回戦『浦和レッズvs流通経済大学』の監督会見を引用紹介させていただきます。

 

ここで紹介しているのはコメントの一部です。
全文は引用元の
浦和レッズ公式
Jリーグ公式
をご参照ください。

 

監督コメント(Jリーグ)

[ 大槻 毅監督 ]
次のラウンドに進む目的を達成できて良かったです。

--内容でのプラスαという意味で、出来をどう見ているか?
試合前、選手に目的とミッションは次に進むことだけと伝えていた。それだけだと思っています。

--ハーフタイムでは強い言葉を投げかけたように、ハーフタイムコメントでは見られた。不満に感じていた部分は?
不満はないです。僕が期待するものと、彼らが表現したものに差異があったのは事実。力を発揮させることができなかった。不満があるとすれば僕自体。選手たちはよくやっていた。そこに関しては僕次第だと思います。

 

大槻 毅監督 鳥栖戦試合後会見(浦和レッズ)


※画像はサイトのスクリーンショットです。

(相手は大学生ということで、周囲からは勝って当たり前と思われる難しい状況だと思うが、そういう難しい状況を難しくしないために、何が必要だと考えてこのゲームに臨んだか?)
「おっしゃる通り、非常に難しいと思います。他の結果を見てもそういったものが見えますし、だからこそ目標設定をしっかりすること、その目標設定をクリアするために何が必要かということを、しっかりと選手たちと話をして、彼らはそれを表現してくれて、結果をしっかり持ってきた、というところだと思います。想定内のことを増やすこと、いろいろなことが起こりうるということをイメージすること、そういったことは選手にお願いをしました。

大学生だとか、そういったことは関係なくて、今日は我々が浦和駒場スタジアムで戦うにあたり、いろいろなもの、大きな期待があるので、その期待をまず感じながらプレーしてほしかったですし、そういったところで言えば、いろいろな苦しい面がピッチの上で表現されたところもあったと思います。選手も自分自身に期待する部分と少し違った部分が多々あったと思います。ただしみんなで力を合わせてこの結果を持ってこられたことが大事で、また次のラウンドで、明日からの練習でまたひとつ、右肩上がりの状況を作れるシチュエーションになったわけですから、そういったことを喜びたいと思いますし、それに対して100パーセントの努力をした選手をたたえたいと思います」

(終盤までどちらに転んでもおかしくなかったゲームだったが、それをレッズに引き寄せたポイントで、一番大きかったのはどこにあると考えているか?)
「選手のがんばりです。選手がそこでしっかりと歯を食いしばって一生懸命やる。流通経済大学の大学生が一生懸命やっているところに対して、我々がもしかしたらプロフェッショナルで苦しんでいるのを、どういうふうにみなさんが見られて評価するのかはわかりませんけれども、しっかりとミッションを達成したということが大事だと思っていますし、それに対して、この日程を含めての中で、日程は関係ないということを選手には言っていますし、そこまでちゃんと持ってきたということでいいんじゃないでしょうか。内容の部分に関しては、また練習します」

(攻撃の面で、次に向けて上積みしなくてはいけないと感じている部分は?)
「攻撃もそうですけど守備もそうですし、攻守は別にバラバラなわけじゃないので、お互いのバランスとか強度だとか連係というところは今日の中でもう少し、ただ試合の中で守備のところで言うのは、取り方が良くなったりとか、最後のところで交代を含めて、こういうふうにしていこうといったところが少しずつかみ合ってきたところもあったと思います。それは前半の中でやれればいいですけど、そこはまた課題で、最後のところではうまくできたかなと思っています」

(今日はリーグ、AFCチャンピオンズリーグでもなかなか出場機会を得ていない選手が出場したが、そういう選手を起用して、ポジティブに感じられた部分は?)
「試合に出してあげたかったです。練習から非常に、意欲だけじゃなく質の部分も含めてトレーニングですごく見せてくれていたので、今日のメンバーに関しては試合で僕自身も見たかったですし、そういった意味では、少し試合から離れていた選手たちもいますけど、その選手たちがしっかりと結果を出したのが良かったです」

 

監督コメント(Jリーグ)

[ 中野 雄二監督 ]
ご苦労さまでした。試合結果は、大学側が負けるのは普通かもしれないですけど、勝ちたかったという試合ができたかなと。大学生にしては良いプレーをしたなとか、そういう言葉よりも、このゲームをどうして取れなかったという捉え方をしています。アマチュアかプロかという違いがあるが、同じサッカーマンとしては、プロ相手でも堂々と戦えていたかなと。5バックとか奇策を使わず、まともに向かい合ってやれたかなと思います。

前半最初のCKでマーキングのミスがあったり、2失点目はセンタリングにCBが競ることができなかった。相手FWと体を張れれば、ああいう失点はなかった。失点場面はどうしてもDFのミスが目立つが、そこに関わった選手がプロでプレーするならば、当たり前にあそこで体を張らないといけない。課題もハッキリしたかと思います。

実は、関東大学リーグで1分7敗。最下位にいるようなチームとは今日の試合を見たら思わないが、今日の課題を克服して、次のゲームにつなげたい。

浦和はゲーム運びもうまいし、ACLの決勝トーナメント1回戦で逆転している。勝ち切るところは、やはりプロの決定力があった。違いはハッキリ見せられた試合だったと思います。

 

コメント
投稿する
コメント
  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:60.124.26.138 )

    選手の見極めをしながら、次のラウンドに進めたのは大きいこと。

    このコメントに返信

    2019年07月04日 08:05

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:123.255.133.169 )

    健勇が入って確実にボールに溜ができて、こちら側の攻撃に余裕が持てるようになった

    このコメントに返信

    2019年07月04日 09:13

    • 2.1 匿名の浦和サポ(IP:111.98.252.73 )

      そうかなぁ?ポストプレーについては大学生相手に五分五分って感じだったけど...興梠と比べるのは酷かもしれないけど、このくらいのレベルの相手ならば圧倒して欲しかった。

      2019年07月04日 12:32

  3. 3 匿名の浦和サポ(IP:111.239.159.87 )

    組長になってから、内容はまだまだだけど諦めずに戦う様になったよね。
    後半の終盤にゲームが動く。
    メンタルは大事。
    そして、若手や試合に出てない選手を使いながらも上手くやってくれてる。
    後は選手が応えて行って欲しい。
    監督はもっと大事。
    組長、浦和を頼みます。

    このコメントに返信

    2019年07月04日 10:30

  4. 4 匿名の浦和サポ(IP:106.154.57.58 )

    もうちょっと良い写真を使ってください

    このコメントに返信

    2019年07月04日 11:39

  5. 5 匿名の浦和サポ(IP:121.3.29.223 )

    本当に素晴らしいコメントだと思う。本当に素晴らしい「育成」的ベースをもった監督だと思う。悪い意味ではなく、浦和レッズというチームは、その方向で熟成してもらいたいと思っている。長く、この地位でいてほしいと強く思う。

    このコメントに返信

    2019年07月04日 11:58

  6. 6 匿名の浦和サポ(IP:126.247.128.153 )

    直輝を60分で下げたことで、
    サポーターからの支持率下がったのは、
    覚えておいたほうがいい。

    このコメントに返信

    2019年07月04日 12:49

    • 6.1 匿名の浦和サポ(IP:183.74.207.50 )

      そんなことを思う自称サポはサポじゃない。
      直樹の現状をサポの大半が知るいい機会になったよ。

      2019年07月04日 16:16

    • 6.2 匿名の浦和サポ(IP:126.225.70.186 )

      「直輝」ね。
      まあ、大槻監督も、直輝に冷や飯食わせれば、
      いずれ、解任が近くなるだろうさ。

      ところで、日本最強MFがベンチ扱いなら、
      なんで他所が横取りしに来ないの?
      小笠原、遠藤、中村憲、俊輔あたりの後釜オファーが
      来ないのはなぜ?

      2019年07月04日 22:02

  7. 7 匿名の浦和サポ(IP:126.199.139.44 )

    >今日は我々が浦和駒場スタジアムで戦うにあたり、
    >いろいろなもの、大きな期待があるので、その期待
    >をまず感じながらプレーしてほしかった

    中身の話があるのはプロだからもちろんとして、駒場で闘うことの意味を言葉にすることが素晴らしい。
    頭数、箱のでかさの問題じゃないんだよ。

    このコメントに返信

    2019年07月04日 22:02

  8. 8 匿名の浦和サポ(IP:27.94.49.152 )

    決勝の国立楽しみにしています。こけら落としかな。

    このコメントに返信

    2019年07月05日 22:26