浦和レッズについて議論するページ

皆さん、こんにちは。福永泰です。今年から浦和レッズの試合について浦議で書かせていただくことになりました。どうぞよろしくお願いします。

 

▼攻撃に改善の兆しが見えてきたが
我慢比べの試合でロスタイムに緊張の糸が切れたのは浦和となってしまった。どちらに転んでもおかしくない試合展開、あまりにも不用意なバックパスの代償は大きかった。

 

この試合のポイントはコンパクトに守備体型を維持できるか、奪ってからカウンターを打てるかの2点。お互い守備意識が高く、先制点を取りたいというよりは先制点を与えたくないといった印象が試合を通して強かった。

 

浦和はいつも通りの5-3-2から武藤が右サイドに降りて5-4-1。磐田は基本5-4-1だが、序盤は5-2-3で高い位置からプレスを掛けてきた。これまで課題ばかり挙げてきた攻撃は改善傾向にある。完封負けを喫しているわけなので結果として褒められはしないが、共通認識は増えてきている。右で作って左ワイド山中への展開、右サイド鈴木の攻め上がり、中盤3枚の絡んだ中央の崩し。そしてカウンターに迫力が出てきたことは守備の時間が多いチーム状況を考えるとプラスな材料である。

 

山中はかなり警戒されていたがポイントは作れていたし、鈴木の前での関わりは磐田を困らせていた。青木が降りて4枚にしてのビルドアップは低い位置ではボールは保持できるも中盤のラインを超えられない。降りずに我慢することで中盤の優位性が保てることで相手のズレを作れる場面も度々見られた。エヴェルトン、長澤も2トップとの距離が離れず最終ラインに対して仕掛けられる場所をキープ、あとはどのようにコンビネーションを発揮できるかにかかっている。

 

▼改善すべき中盤の守備
チーム内の共通認識は増えたが、交代出場のアタッカー3人はうまくフィットし切れていない。オープンな展開で強みを発揮できるだろうが、しっかりブロックを作る相手にはチーム内で機能しているとは言い難い。残念ながら大井を中心とした磐田の集中した守備はなかなか崩しきるまでには至らなかった。

 

守備では武藤が落ち切れない時、中盤の3枚では簡単に中盤のラインを超えられてしまうことは改善しなければならない。この試合でも相手のビルドアップにサイドに対するエヴェルトン、長澤のアプローチの距離はだいぶ遠く、中盤のスライドも相当な運動量を出さないといけなくなる。外側をシンプルにウイングバック経由で最終ラインの背後に走られ使われる。スライドが間に合わず最終ラインの前にポイントを作られる。最終ラインの踏ん張り、磐田の前線が精度を欠いたこともあり大事には至らなかったが中盤の守備負担は大きく、攻撃面にも影響があることは否めない。まだトップフォームではないアダイウトンにはうまく対応できていたが、スピード、パワーがあり、ポジションに縛られないプレーぶりのロドリゲスには手を焼いていた。

 

序盤から我慢比べで、カウンターで点を奪えた方がそのまま押し切ってしまうのではないかと考えていたが、全体のペース的には磐田にあったように思える。最低でも勝ち点1は取りたかったゲームで最後の結末は非常に痛い。だが、少しずつではあるが上向いている感はある。中3日でのACLアウェイは厳しい日程ではあるが、ここで勝ち点3を掴みグループリーグ突破に望みを繋げて欲しい。

 

動画:【公式】ハイライト:浦和レッズvsジュビロ磐田 明治安田生命J1リーグ 第10節 2019/5/3

 

福永泰

1995年浦和レッズに練習生として入団。持ち前のスピードとテクニックで、当時の監督ホルガー・オジェックに認められて、入団1年目途中から正式契約を結ぶ。1998年~2000年シーズンには背番号10をつけて活躍した。現役引退後は、指導者の道へと進み。昨季までの3年間、ベガルタ仙台のコーチを務めていた。

コメント
投稿する
コメント
  1. 1 赤の逆襲(IP:153.202.18.129 )

    結局後ろで5人で守ってるから、攻めの人数が少ない。おまけに裏を取られるのが怖いからDFラインが深い。だから厚みのある攻撃にならないし、パスも繋がらない。
    そして、中盤が3人で攻撃の形が作れないから武藤が組み立てに参加するために降りざるをえない。そうすると興梠が孤立し、また、中盤3人+武藤の誰一人としてドリブルで相手を抜くことができない、良いパスも出せないために良い攻撃の形が作れない。
    よってCBには1人足の速い選手を置く、4バックの前に能力の高い2ボランチを置く、サイドにはドリブル突破できる選手を置く
    槙野とマウリシオの二人にCBが務まらないなら、補強しないと。青木とエヴェルトンもしくは柴戸の2ボランチでは能力的に足りないなら、ここも補強しないと。マルティノスや汰木、萩原などがサイドで物足りないなら補強しないと。
    結局、攻撃的なサッカーをするのに、それにふさわしい選手が全然足りてないんだよ。マリノスのチアゴ・マルティンスも鹿島のレオ・シルバも柏にいた伊東もいねーだろ。あのクラスの選手がいないと勝てないよ。システムに何となく人を当てはめても勝てるわけがない。
    そういう補強が無理なら、ドン引き5バックを引き継ぎやって、上位のチームから取り残されて、最悪J2に落ちればいいさ。。
    フロントは、オリヴェイラと話し合って、しっかり考えないとレッズは破滅するぞ。今年、来年は、今後のレッズにとって重要な年になる。
    そして、実は私はフロントにはあまり期待していない。だからここから悲しいくらい落ちていくだろう。そうなってほしくないから、あれこれ書いた。

    このコメントに返信

    2019年05月05日 17:51

    • 1.1 匿名の浦和サポ(IP:49.106.193.30 )

      4バックって書いてあるけど、3バックで良いかな?

      やはり橋岡がポイントかと。あの運動量と、身体能力。マジメになった山田暢久2世と勝手に呼んでるけど、守備重視の戦術の中でゴールキックから起点になれるのはデカイ。空中戦の勝率69%って異常ですよね。左は山中で良いのではないかなと。

      ボランチは青木も良いけど、柴戸もいいぞ。あれで推進力あったら間違いなく長谷部以上の逸材だ。サイド、ボランチがより危険な攻撃ができるようになれば、前の3人も攻撃しやすくなるんじゃないかな?

      2019年05月05日 19:50

    • 1.2 匿名の浦和サポ(IP:106.133.81.241 )

      5人で守ってるから攻撃の人数少ないってのは因果関係としては無いかな。
      前者は守備時間帯の話、後者は攻撃時の話だから。
      何よりレッズは遅攻が多い為、攻撃に人数は避けられる。
      「攻撃の人数」が何かにもよるけど、エリア内に人が少ないという意味なら同意。
      そして前に人数かけられない理由がカウンターを恐れているものであれば、
      足が速いCBが必要ってのも同意

      2019年05月06日 11:28

    • 1.3 匿名の浦和サポ(IP:14.8.0.64 )

      何でそんなに嬉しそうなの?

      2019年05月09日 18:59

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:219.111.135.101 )

    DF陣の層の厚さはJトップクラス。
    が、FWの助っ人の厚さは低レベル。
    攻守の潤滑、要となる中盤の織部による選手器用
    は最悪。
    なぜか再起用されたGMによる三連覇実績だけで選んだブラジルじいさん。
    このまま浦和レッズは沈んだままでいいのか

    このコメントに返信

    2019年05月05日 21:32

  3. 3 何っていったって浦和(IP:110.233.38.142 )

    悔しいが連勝チーム良く走る、いいボールが来てもFW一人おまけに囲まれてテレビ画面にだーれも写って無いこれでは点は入らないよ、90分走れる、世代交代の時期かな、このままでは取り返しが・・この監督の理念アイデアが間違いで無いことを。

    このコメントに返信

    2019年05月06日 00:01

    • 3.1 匿名の浦和サポ(IP:60.68.209.40 )

      今のやり方だと前線にスペシャルなFWがいないと勝てないですね。勝利に徹した良くも悪くも昔ながらのブラジル式サッカーですよ。今の浦和に個人技抜群の全盛期のエメやポンテを当て嵌めると分かりやすいのかな。オリベ監督の鹿島時代にはマルキーニョスが君臨していましたし、大迫もフィットし出した時期でした。浦和は全体のリトリートが形にはなっているから何とか今の順位にいるけど。今年の補強が現在のところ上積みになっていないので、ファブリシオ復活でどこまで機能するか。そこしか希望が持てない状況ですね。

      2019年05月06日 09:43

  4. 4 匿名の浦和サポ(IP:125.52.33.74 )

    確かにアンカーの両脇カバー+山中の上がったスペースを埋めるのに中盤の位置が常に低くなってるのは改善されてないんですよね。最終的にブロック作るだけで誰も寄せない状況になってる事多いし

    名古屋はビルドアップの質も高いし、バイタルの繋ぎも凄く上手いチーム
    タイ帰りで青木や武藤の疲労も凄いと思うから、札幌戦や北京戦並みにひたすら押し込まれちゃうかもしれませんね…

    このコメントに返信

    2019年05月07日 11:36

浦議ニュース