ニュース

過密日程で満身創痍 ファブリシオの復帰時期は?全北戦、途中交代の槙野は「もう大丈夫」【浦レポ】

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。


過密日程で満身創痍 ファブリシオの復帰時期は?全北戦、途中交代の槙野は「もう大丈夫」(浦レポ)

 

(Report by 河合貴子)

 

全北戦では何人かの選手が調子を崩す

 

ACLグループステージの全北戦から中3日で臨むリーグの清水戦。全北戦に出場した主力の青木拓矢選手や興梠慎三選手、武藤雄樹選手などは、室内調整を行いピッチに姿を見せなかった。かなりハードな移動だったために、選手たちのコンディションが心配だ。

 

復帰が待ち遠しいファブリシオ選手は、完全合流を目前にしていたが、少しチーム合流が遅れているようで別メニューの室内調整であった。

 

オリヴェイラ監督は、「ファブリシオは複雑な負傷でした。前十字靭帯の断裂だけではなく、側副靱帯も痛めて、半月板も痛めました。彼の手術は非常に複雑なものでした。ポルトガルで行いましたが、彼のリハビリはポルトガルの医師も含めてフォローしていますし、定期的に検査も行っています。かなり回復してきて、練習もかなり上げてきています。私は今から一ヵ月後にはピッチに立ってくれていると期待しています」と話した。早ければ、

 

続きはコチラ

 


浦レポではこのほかにも下記の記事を掲載しております。

 

「平成最後の一戦・清水戦に向けて調整する男たち」写真ギャラリー<40枚>

槙野智章が闘い方の確立を求めて考えていることとは