コラム

『興梠ゴールの影には武藤による最高の演出があった』ACL全北vs浦和【浦ビュー】

今年よりTwitterでスタートした「浦和レッズのプレビュー、レビュー」が面白いと話題となっている浦ビューさん。
今回、浦ビューさんに許可をいただき、そのプレビュー&レビューを転載させていただきます。

 

2019 ACL第4節 レビュー
全北現代vs浦和レッズ 2-1。

 

いつも見て頂いてくれる方ありがとうございます。
大一番と銘打った敵地の全北現代戦。結果は残念ながら負けてしまいました。うん。残念ですよね。
ただ、このコンテンツは結果に囚われずのレビューですので勝ったから全てがオッケー、負けたから全てがダメではないので理解お願いします。

 

では、レビューを始めましょう。

 

目次
・スタメンと基本システム
・1失点目
・2失点目
・浦和レッズの1点目
・長澤のハリキリ守備
・パスが繋がらないことより気になること
・気になったアレコレ
・さいごに

 

▼スタメンと基本システム

浦和は直近の試合から2人変更。長澤を久しぶりのスタメン起用。橋岡の怪我を森脇がスライドして起用されて、鈴木大輔が今季初スタメン。久しぶりに5-3-2システムでスタート。
一方の全北は連戦を考慮して仮想ケインのイ・ドングクではなく、仮想ジョレンテのキムシンウクを起用。
右SBには、やはり25番チョルスンが起用されました。ボール保持時4-3-3、非ボール保持時4-4-2を採用しました。

 

▼1失点目
11分に全北の先制点が決まります。

 

全北からボールを奪ったところから前進しようと試みますが、森脇がリカルド・ロペスにカットされて奪われてそのまま運ばれてシュート。右隅に決まりゴール。

 

失点をしてしまうまでにはいくつか問題点があったと思います。

 

(1)森脇の判断力
良くない位置で良くない形でカットされたのは森脇なので、この部分を言われてしまうのは仕方ないと思います。この失点を回避できた策としては、一度反対サイドへキャンセルすることなくサイドチェンジするか、もしくは、捨てボールになってしまうかもしれないが前線へ回避のロングキックを選択するかがこの失点を防げた部分かなと思います。

 

(2)森脇への協力
空中戦の攻防の後からの展開でラインを上げていた全北の最終ラインは急いで下がったりしていました。
単純なシステムで森脇への足元から前進するパスコース役となれるのは1番距離が近い武藤と長澤です。
ただ、浦和がマイボールになってから森脇がボールを保持するまでに武藤と長澤、更にはエヴェルトンは全北の中盤の背後にポジショニングしていました。
森脇がリカルドロペスに寄せられそうな状況になっても武藤や長澤は足元から繋いで回避する手段は選ばなかったということです。
そうなると、(1)の森脇の判断力で味方がそのような選択をしたポジショニングを取っていることを認知してロングキックを選択すれば良かったのかなという見方ができます。一方で絶対に奪われたたらマズイ位置で足元から前進して回避できるパスコースを作ってあげるべきだったのでは?とも思えます。

 

 

(3)青木からの圧力
森脇が鈴木大輔からパスを受けた後から前線にロングキックするべきか、足元から前進すべきか、いや、サイドチェンジしようかと判断を迫られていた苦しい森脇に対してリカルドロペスが寄せに行くのは当然だと思うのですが、自分のすぐ側にマークされている相手がいるにも関わらず森脇にどんどん近づいてしまった青木の関わり方は良くなかったと思います。
結果論ですが、もし青木が森脇に対して離れる動きをしていたら左足も器用な森脇なら中央へドリブルで回避することもできたかもしれませんし、山中までは無理でも槙野へ回避するサイドチェンジは送れたかなと思います。青木も自分がフリーであったらあの関わり方は最高なのですが、すぐ側にマークする相手がいるのに近づいてしまったのは、森脇はより圧迫を感じたと思います。近づくことがサポートではありません。

 

 

((余談ですが、これは、昨年のホーム川崎戦の森脇と同じ状況に置かれた橋岡選手のワンシーンがありました。ゼロックス川崎戦のプレビューで言及したのですが、当時はそのプレーに橋岡は相当批判されたのですが、実は岩波が苦しい橋岡に対して相手を引き連れてどんどん近づいてしまって強烈な圧迫を感じさせて周囲の状況を把握できずに小林選手にあわや得点というピンチを招くパスミスを許していました。65分のシーンです。))

 

試合に戻って。結局、森脇は同サイドの前線へロングキックしようと実行しましたが、リカルドロペスにカットされてしまいました。
その状況まで持ち込まれているので仕方ないですが、その後のマウリシオのシュートコースへのアプローチの仕方、西川のポジショニング。自分は素人なのでこれが正しいというのは分かりませんが、サッカーは1人だけを非難できる単純なスポーツではないと思うので、失点した時こそ様々な視点で議論されるべきかなと思っています。

 

以上を踏まえた点で動画を見てみましょう。ちょっとスロースピードです。↓↓↓

→ACL第4節 全北現代戦 レビュー動画(1)
https://note.mu/api/v2/attachments/download/dc7892ab674cd29846b3aa31627b248c

 

▼2失点目
2失点目は47分に決まります。
試合状況から見ると2失点目とも立ち上がりに決められたというのが精神的に苦しかったでしょうか。

 

全北のスローインからの攻撃で中央に侵入してくるのをマウリシオがカットして長澤に渡り、反対サイドにいた森脇へ回避するパスを送ります。そのあとのプレーから失点を許すまでの様々なプロセスを見ていきたいと思います。

 

(1)前を見る森脇に対して相手を引っ張るように動き出した武藤は良かったと思います。
(2)完璧ではないもののチェックの動きから森脇への足元から前進するパスコース役となれた武藤の動きは良かったと思います。
(3)それをしっかり見ていてリカルドロペスにパスカットされずに武藤へパスを送れたのは良かったと思います。
(4)-1 森脇のイメージではパス&ムーブで武藤からダイレクトの落としでスイッチするように自分の突破で局面を打開したかったのだと思います。
(4)-2 武藤は思った以上に森脇からのパスが足元に入りすぎたのと森脇と本当はダイレクトでスイッチしたかったが、少し森脇とタイミング合わず寄せられていたことからもうワンタッチ刻むしかなかった。

 

(4)の2人のちょっとした想定外とイメージのズレでパスミスが起きます。

 

(5)全北は細かくパスを繋いで前進してサイドのリカルドロペスへパスします。その際にリカルドロペスに最も近かったのが右CB岩波だったのですが、森脇のプレスバックを待って、森脇にリカルドロペスの対応を任せます。悪くないと思うのですが、全北の過去の試合を見れば分かる通りリカルドロペスのクロスからFWがゴールを決めるのは相当な武器としてあり、少しでもゴール前でリカルドロペスに自由を与えないという視点から見れば、リカルドロペスにパスが渡った瞬間に先ずは、岩波がボールを奪えなくても自由を奪う。森脇が岩波を釣り出されたスペースをカバーする。という方が良かったのではないかなと思います。

 

前半左サイドでも見られたのですが、カウンター気味のシーンで槙野が山中の戻りに任せて山中に対応させていたのですが、1対1で対峙させたら山中より槙野の方が優れているので、WBの戻りを待つより先ずは、ボールホルダーに自由を与えずに自分が慎重に出てカバーをWBに託すこともあっていいかなと個人的に思います。

 

結果的にリカルドロペスに森脇も寄せきれずにクロスを上げられてしまって9番キムシンウクがヘディングでゴール。直近のサンム戦と似た形で追加点を奪います。浦和は9番の後ろの選手も最後はフリーにしているので、ボックス内でのマークの所在やボールウォッチャーすぎて周囲の状況を把握がハッキリできていなかったのかなと思います。ただ、9番に対して競り合いで勝てなんて無理なことは言えないので、9番に届けさせない工夫はできたと思うので、リカルドロペスに対する対応の仕方は後悔が残ると思います。

 

以上を踏まえた上で動画で振り返ってみましょう。
こちらも少しスロースピードです。↓↓↓

→ACL第4節 全北現代戦 レビュー動画(2)
https://note.mu/api/v2/attachments/download/774431378dc742ca84d95b1e00cf4f68

 

▼浦和レッズの1点目
浦和レッズの得点は、57分に決まります。
西川から岩波へと繋ぎ森脇へパスします。森脇からロングパスで興梠へ送ってGKと1対1を冷静に決めてゴールです。ザックリではこのような感じです。
これはナイスゴールです。丁寧に言及してみましょう。

 

先ずは、西川にボールが渡る前までのプレーの影響でお互いに間延び感がありました。
その状況から西川から岩波へパス。左右CBに対して基本的に全北はWGが中央へのコースを消しながら寄せるのがタスクとしてありました。
ただ、このシーンでは間延びしてたので岩波に対してリカルドロペスはコースを限定させることも奪いに行くこともできない距離でした。
そして、ゴール決め手の1つ目。
①森脇の受ける位置
(1)4バックチームとの対戦でWBシステムを採用している長所の部分です。それは、森脇が岩波からパスを受けた位置が相手WG(SH)の斜め後ろ、相手SBのすぐには寄せることができない斜め前。つまり、中間ポジションです。WG(SH)の横でパスを受けたらすぐに寄せられてしまいますし、張り切って高い位置を取ってSBの近くでパスを受けても寄せられてしまいます。
間延び感があったものの、森脇のパスを受けた位置は最高でした。

 

そして、2つ目の決め手が
(2)武藤雄樹
やっぱりゴールが生まれる時には武藤の最高の演出がついていますね。森脇がパスを受けた時にSBが森脇にプレスに出ないように前へ動き出して引っ張ります。チャンネル間を並走して動き出しているので左CBにも影響を与え続けます。もし、あのポジションに武藤がいなければ、全体がもっと中央寄りになって興梠は消されていたはずなので、武藤にも称賛を送りたいです。

 

このようなシーンになりかけている時いつも興梠のポジショニングは同じです。反対サイドのCBに影響を与えるような位置からボールが来るのを待っています。そして、3つ目の決め手が。

 

(3)森脇の挑戦的な選択
森脇目線で見れば、この状況で安全な選択肢としては、武藤へのグラウンダーのスルーパスだと思います。しかし、よりゴールに直結しやすい難しい遠い方の選択肢を選びました。この選択肢を選んだのは森脇の自分自身の技術の自信と興梠への揺るぎない信頼があったからだと思います。

 

最後の決め手は
(4)興梠様の決定力
まぁ、これは素人が語るより何度もハイライトを楽しんでくれたならと思います。左足でしっかりと来たボールに対してトラップして本人が語るように前半始めのチャンス時にファーサイドを狙っておけば良かったというイメージから、今度はファーサイドへシュートを打ちゴール。

 

→ACL第4節 全北現代戦 レビュー動画(3)
~興梠慎三得点シーン編~
https://note.mu/api/v2/attachments/download/634c588134ca8c377471db0b1da747a6

 

この一連の流れをカウンターと捉えるかはそれぞれ考えが違うと思いますが、森脇、武藤、興梠のポジショニングは相手に影響を与える素晴らしいポジショニングであったので、これまでとは違いゴールまで結びついたと思います。
また、間延び感からゴールを奪えてしまっているというのはオリヴェイラ的には深く考えて、これからポジティブな方向へチームを持って行って欲しいですね。

 

▼長澤のハリキリ守備
これは、このコンテンツを初期から見て頂いてる方にはお馴染みなのですが、長澤のハリキリ守備です。
今日は、5-4-1ではなく5-3-2でした。
プレビューで言及した通り、守備から奪って攻撃に転じようとした時のアンカーの脇は5-4-1より5-3-2の方が狙いやすいシステムだったので良い選択だったと思います。

 

長澤は5-3-2の3の右IHでした。
初めに動画を見て欲しいですね。↓↓↓

→ACL第4節 全北現代戦 レビュー動画(4)
https://note.mu/api/v2/attachments/download/c39f4d7a3ca0fc44ac814c18f13972db

 

先制点を奪われた後の攻撃で、全北が外してくれたことに感謝しなければいけません。しかし、この状況になるまでには少ながらず長澤のハリキリ守備は影響していると思います。

 

次はゆっくりと見てみましょう。

→ACL第4節 全北現代戦 レビュー動画(5)
https://note.mu/api/v2/attachments/download/7429aa66f2e3816e8728527674b8f25f

 

長澤がボールが出る前にSBにマークしに行ってしまっています。それによって全北は足元から前進することは難しくなったのですが、そんなこと全北には関係ありません。何故なら全北の最大の長所は最前線の起点でのセカンドボール回収からの攻撃だからです。
ボールホルダーの選手は冷静に前線へロングキックを選びます。一方の浦和は、長澤がSBに先に動いてしまったので、連携しないといけない青木は長澤の悪手なポジションを意識しなければならず、最前線に送られたロングキック後のセカンドボールを回収する選手の存在を見失ってしまっています。
その後、サイドに一度回避することはできましたが、サイドに流れる動きに青木が誘われて最も大切な中央のスペースを空けてしまい、スルーも織り交ぜてボックス内でほぼフリーで5番にシュートを打たせてしまいました。

 

最後の部分だけ見れば青木がサイドに誘われて中央へのスペースを提供した形になってますが、前を辿れば全北の武器を生かすような攻撃を作り出すように演出してしまったことが問題だと思います。
それに長澤のハリキリ守備は大きく関わっていると思います。万が一、SBに対してWBの森脇が先に動いてマークするのはありかなとは思います。ただ、それが5-3-2の3の長澤が先に動いてしまうのは本当に良くないことだと思います。全北と対戦する時に怖いことはSBにボールを持たれることではなく、最前線からのセカンドボールを拾われることです。それを考えれば、このシーンが悪手だったことは分かります。

 

長澤のハリキリ守備は3月の北京国安戦までは色濃く見られていました。更に言えば、左IHだった柏木にも同じ傾向が見られていたので、札幌戦は大大大混乱でした。それがセレッソ戦で少し改善が見られてFC東京戦以降は4-4-2を採用して長澤はSHに起用されたので、長澤のハリキリ守備を隠せていました。そして、再びシステムを戻して以降、初の長澤のスタメン起用だったのですが、やはり先に動いてしまう傾向は治りません。全北ならロングキックから、川崎や札幌のようなチームなら足元から繋いで、先に動いてくれる恩恵を相手チームは自分たちの色で確実に突いてくるので、改善した方がいいかなと思います。

 

時には寄せない方が良い時もあると思います。
これは、また別の機会で述べられたならなと思います。

 

▼パスが繋がらないことより気になること
これも先程と通じる部分でもあります。
21分46秒のシーンです。

→ACL第4節 全北現代戦 レビュー動画(6)
https://note.mu/api/v2/attachments/download/9277da5217fedc33e3ad7e0b690d88ad

 

長澤と武藤で挟み込み誘導した守備をしていましたが、武藤が先に動いてしまい後ろに下げるボールを封じることができていますが、横パスを通されています。どうでもいいような部分かもしれませんが、個人的に結構気になるかゆい部分です。オリヴェイラ体制においてはパスが繋がらないことより、このような初歩的な部分を同じ絵で描けていない方が良くないと思います。舞台は違いますが、やはりCLとか観てると研ぎ澄まされた集中力でミスなく完璧なほど緻密なチームが8強に残ってましたから、浦和も大一番だった全北戦に対して2017年当時のホーム戦のような研ぎ澄まされた集中力を期待していたのですが、ちょっとフワァっとした部分が見られたのは残念だったかなと思います。個人的な印象論で申し訳ありません。

 

▼気になったアレコレ
・西川選手のキックが少し心配ですかね。
衰えているとは思ってませんが、キックを蹴る習慣が日頃からあるのかなと思ってしまいました。
ミシャさん時代は日々のトレーニングから何十メートル先の選手にもどの高さのどっち足に出すかまで要求されていた中で練習していたので、現在、少しズレたり距離が合わずピッチ外に出てしまうシーンが散見しているので気になりました。

 

・鈴木大輔の起用
岩波の選択肢の方があり得ましたが、今回は鈴木大輔を選択しました。このオリヴェイラ監督の狙いは間違いなく全北対策だった思います。それに応えるプレーはできていたと思いますし、90分越えた時にパワープレーに出て前線へ上がった時はずの鈴木大輔が片方のCBに影響を与えるようにサイドに流れて全北のCBを引き裂く動きをしたところに山中がクロスを送り惜しくも汰木選手に合いませんでしたが、鈴木大輔選手のサッカーI.Qの高さみたいなものを見た気がします。

→ACL第4節 全北現代戦 レビュー動画(7)
https://note.mu/api/v2/attachments/download/67f0e37c8f8d5420e778d4a53bf888b1

 

・プレビューで言及、アンカー4番の脇
ここは、確実に突いたのは4回ですかね。
1つはそこから効果的な前進をできていました。
浦和は常に同じリズム、テンポ感で攻撃するので全北としては守りやすいかなと思いました。

 

▼さいごに
ということで、今回は試合の全体像というよりは、得点、失点の部分とどうしても気になる点を部分部分切り取って言及させて頂きました。
60試合ほどレビューするはずなので、たまにはこのようなレビューでもいいかなと割り切って今回はこのような構成で書きました。
あとは、レビューはいつも試合から2日後になってしまっていたのですが、今回は試合から24時間以内にUPできました。これは、前述のような構成の影響があったから実現できたと思いますが、狙いは次の清水戦の為の試験です。次の清水戦の解説はあの戸田和幸さんです。戸田さんは自分の解説した試合のレビューをyoutubeでupされていて、浦和は初めて戸田さんにレビューしてもらう試合になります。内容、面白さ、分かりやすさ、全ての面において戸田さんに勝てるはずがないのでせめても速達でお届けできればなと思って清水戦は18:00に試合が終わってその日中にupできるようにしたいです。
その為に今回はそれが実現できるかの試験でした。
今回は生で見た後、2倍速でバッと見てのレビューでしたので、荒い見方だったかもしれませんが最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

面白ければリツイートや引用リツイート等々でTwitter上で #浦ビュー とつけて宣伝拡散して頂けると嬉しいです。

 

すぐに清水戦ですね。清水のプレビュー作業進んでますが、中々良いチームなのでやりがいを感じつつ、またupしたら読んで頂ければ嬉しいです。

 

長文ありがとうございました。

 

浦議さん経由でTwitterやってない方いたらコメント欄とかにその旨書いて頂ければ改善します。

 

浦ビュー

初めて浦和レッズを見た方にも読みやすく分かりやすい内容にしつつ、長く浦和レッズを応援して頂いてる方にも満足して頂ける内容を目標に2019年より浦和レッズの公式戦のプレビューとレビューをTwitter上でスタート。
Twitter:@ux1JmiTaYbsMArM

コメント

  1. 2 匿名の浦和サポ(IP:59.137.160.110 )

    ははははははは笑 無理にいいとこだけ 言うなよ。

    このコメントに返信

    2019年04月26日 09:15

    • 2.1 匿名の浦和サポ(IP:210.136.117.60 )

      おまえ、頭悪すぎだろ?

      2019年04月26日 19:34

  2. 3 匿名の浦和サポ(IP:119.224.172.74 )

    この人本当に良く観てるわ。絶対記事になると思った。マジで面白い

    このコメントに返信

    2019年04月26日 09:15

  3. 4 匿名の浦和サポ(IP:183.74.205.54 )

    カウンター志向なのだから西川のあの低弾道のパントキック多用してほしい
    興梠は収められるし杉本も上手くはたいてくれると思うんだけどな

    このコメントに返信

    2019年04月26日 09:19

  4. 5 匿名の浦和サポ(IP:219.111.52.127 )

    この方の記事とても良く考察されていて面白いです。
    せっかく浦議で紹介してくれているのでサポの方に是非読んでほしい。
    最初は小難しくて文章が嫌になるかもしれませんが読んで賛否を自分の中で持つことは
    とても良いことだと思う。
    サッカーを深く愛することでこれからの浦和サポとしての人生がより楽しくなると思います。

    このコメントに返信

    2019年04月26日 13:18

  5. 6 匿名の浦和サポ(IP:203.179.204.152 )

    よくこんなとこまでわかるね。すごいわ。

    このコメントに返信

    2019年04月26日 13:31

  6. 7 匿名の浦和サポ(IP:60.32.26.144 )

    長澤は、この記事見て良く勉強したほうがいい。できるという自信はいいが慢心が固まれば、それ以上伸びない。周りの選手をよく見て、自分のプラスになる選手と付き合っていい所の影響を受けてほしい。長澤は慢心の態度が時々プレーにも他の選手に対しても見られる。もっと謙虚になれ。

    このコメントに返信

    2019年04月26日 13:42

  7. 8 匿名の浦和サポ(IP:210.136.117.60 )

    ん?一番いらないのは君だよ。おまえはサポーターではない。消えろ。

    このコメントに返信

    2019年04月26日 19:40

  8. 9 匿名の浦和サポ(IP:118.108.211.234 )

    現地で見ているけど、武藤さん、そんなに活躍していないと思うけど。。。
    周りの人も交代の一番手は、武藤さんを交代させろです。。。

    このコメントに返信

    2019年04月26日 21:58

コメントを書き込む