浦和レッズについて議論するページ

皆さん、こんにちは。福永泰です。今年から浦和レッズの試合について浦議で書かせていただくことになりました。どうぞよろしくお願いします。

 

▼お互いに守備の集中力が高い試合に
中断前の連勝で落ち着きを取り戻しつつある状態で首位チームのFC東京をホームに迎えた。この2週間という期間で課題であった攻撃面は改善傾向にあるのか。待ちに待った青木拓矢、武藤雄樹が帰ってきた。その2人が先発に名を連ね、オリベイラ監督就任から初の4バック導入。リニューアルな浦和が見られるのか。

 

お互いに守備の集中力が高く、相手の強みを消すことに力を入れる。バイタルエリアを使わせない、背後スペースに走らせないという守備を徹底していた。浦和は青木がアンカー気味にポジションを取りながら両サイドバックの森脇、宇賀神が高い位置取り。柏木、長澤、エヴェルトンが流動的に自分のポジションから降りてきてビルドアップに参加した。

 

東京は高萩、橋本は降りていく浦和の選手ケアよりも興梠、武藤にポイントを作らせないために持ち場を離れず強固なブロックを形成。浦和も同様に東京のビルドアップ時にはディエゴ・オリベイラ、永井に仕事をさせないことを第一に考える。互いにブロックに侵入しようとするボール保持者へのアプローチは速く、そしてタイト。入れ込んできたボールに対してのプレスバックも効果的だった。故に少しでも時間がかかるプレーにはほぼ囲い込みの餌食となっていた。

 

▼ともに得点は主導権をもった攻撃から生まれる
それぞれの得点はその素早い守備よりも主導権を持った攻撃の賜物だった。久保の反転からの流れで一時はスローダウンさせたもののこぼれ球を1タッチで東に背後を突かれ、1タッチクロスでマークが付ききれずディエゴ・オリベイラの豪快なヘディングシュートを許してしまった。

 

一方、浦和は右から中央経由で左へ、山中の平行クロスを森脇の同点ゴールへと繋げた。共にクイックな精度の高い技術力を伴ったゴールで見応え十分、浦和からすれば敗色濃厚なアディショナルタイムでの同点劇はホッと胸を撫で下ろしたものとなった。

 

互いの攻撃陣にとっては攻略するのは難しい相手だ。裏を返せばコンビネーションや連動した動きという最終ラインを崩すアイデアが見られなかったというところになる。柏木がハーフタイムで交代し、武藤も復帰初戦、初の4バックなどを考えるとすぐに解決できるものではないが。

 

▼森脇の配球にヒントがある
ポジティブな要素としては森脇の配球はとてもイメージが湧きやすい。ブリーラム戦でも質の高いボールを前線に入れ込みコンビネーションを生み出していたが、この試合でも意図が伝わる配球で味方を動かしていた。受け手、3人目の連動を促し、スピードの変化をつけられる。ボールを握ってもなかなか縦パスを入れさせてくれない相手が多い中で横からの配球は今後ポイントになってくるだろう。

 

守備の安定、主導権を持ったビルドアップが見られた一方で最終ラインをどう崩すのかという課題は残ったままだ。興梠がなかなか絡めない。東京の森重、チャンヒョンス、高萩、橋本の4人で中央は引き締まった状態を形成されて難しい状況ではあったが、ボールを握る位置をチーム全体としてもう少し高い位置で動かせるようになれば興梠が活発に抜け出しを狙えるようになるのではないか。

 

オリベイラ監督のコメントとして今季のベストゲームとあったが、勝利してこのコメントを聞きたい。状態の上向きは十分感じるだけに次節は結果にこだわりたいところだ。

 

動画:【公式】ハイライト:浦和レッズvsFC東京 明治安田生命J1リーグ 第5節 2019/3/30

福永泰

1995年浦和レッズに練習生として入団。持ち前のスピードとテクニックで、当時の監督ホルガー・オジェックに認められて、入団1年目途中から正式契約を結ぶ。1998年~2000年シーズンには背番号10をつけて活躍した。現役引退後は、指導者の道へと進み。昨季までの3年間、ベガルタ仙台のコーチを務めていた。

コメント
投稿する
コメント
  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:219.114.117.144 )

    そうそう、森脇は変化をつけられるんだよね。得意のロングボールだけでなく、いざとなれば、この前の試合みたいに中央にも走りこむし、臨機応変さがある。ほかの選手は、狭い局面で細かいパスを回そうとしすぎて、少々ワンパターン。そのやり方は否定しないけど、もしそれがダメなら右サイドからは森脇が変化をつける、左サイドからは山中が変化をつけるといった工夫は必要じゃないかな。

    このコメントに返信

    2019年04月02日 12:24

  2. 3 匿名の浦和サポ(IP:106.132.80.145 )

    山中も森脇と同様にビルドアップに変化をつけられる存在だ。

    このコメントに返信

    2019年04月02日 13:56

  3. 4 何っていったって浦和(IP:49.98.165.110 )

    福さんの的確なコメント良いわ〰

    このコメントに返信

    2019年04月02日 14:02

  4. 5 匿名の浦和サポ(IP:126.147.131.4 )

    全体的にスピードも遅い感じですね 縦パスを入れるのも難しそう

    このコメントに返信

    2019年04月02日 14:08

  5. 6 匿名の浦和サポ(IP:106.132.169.29 )

    なぜに鞠戦を地上波でやらないのか\\\٩(๑`^´๑)۶////
    理解できん\\\٩(๑`^´๑)۶////

    このコメントに返信

    2019年04月02日 14:53

  6. 7 ウラワ(IP:124.45.165.242 )

    橋岡スタメンの時どうやってボールを回していくかも課題だね、その時は3バックにするのかな?

    このコメントに返信

    2019年04月02日 16:07

    • 7.1 匿名の浦和サポ(IP:106.129.217.136 )

      マリノス戦
      山中とマル、スタメンだと思う

      2019年04月02日 21:42

  7. 8 匿名の浦和サポ(IP:119.224.170.103 )

    ヤスさん良く試合を観てるね。サポの気持ちを込めた格調高い文章。次回作も期待してます

    このコメントに返信

    2019年04月02日 16:07

  8. 9 匿名の浦和サポ(IP:59.166.212.101 )

    福永氏またテレ玉で解説してくれんかねぇ

    このコメントに返信

    2019年04月02日 17:35

  9. 10 匿名の浦和サポ(IP:126.35.159.240 )

    ホント分かんないですねー
    なので、良いねもダメもつけれん笑

    このコメントに返信

    2019年04月02日 18:48

    • 10.1 匿名の浦和サポ(IP:126.35.159.240 )

      あ、7さんへの返信でした。
      ミス。すいません。

      2019年04月02日 18:49

  10. 11 匿名の浦和サポ(IP:49.98.162.155 )

    7日埼玉県選挙
    都築 龍太氏の任期っていつまで?
    任期満了なら
    GKコーチとして
    現場復帰を❗

    このコメントに返信

    2019年04月02日 20:53

  11. 12 匿名の浦和サポ(IP:180.34.99.66 )

    ヤス!昔サイン貰ったよ!ありがとう。
    ヤスがアルファスパイダーのパープルに乗ってた頃。
    新書判にブックカバーがかかってて、
    なんか文学的って言うか、面白いなぁって忘れられない。
    俺の名前もヤス!とは言えなかったんだけどね。
    今も頑張ってるね!

    このコメントに返信

    2019年04月02日 21:34

  12. 13 匿名の浦和サポ(IP:126.33.193.106 )

    森脇はボランチも出来そう。視野が広いし、縦パス、サイドチェンジのパスを左足でも入れられるし、ああいうサイドバックは珍しいと思う。高い位置ではドリブルで仕掛けられるし、ムラと時々見られる守備の雑さが無ければ間違いなく代表に再選出されるレベル。橋岡とまでは言わないけど、センターバックをやれる程度には対人も強いし、時々守備で抜けるところが本当に勿体ない。あとは、山中も中に入って来てビルドアップに加われる特殊なサイドバックだから、この2人は今後武器になると思う。

    このコメントに返信

    2019年04月02日 23:29

  13. 14 匿名の浦和サポ(IP:164.70.143.59 )

    森脇ってあのプレーをセンスでやってるのか考えてやってるのかわからないけど、確実に試合出ると爪痕残せるのは稀有。
    森脇のプレーを本人にどう考えてプレーしたのか、言語化してほしい(笑)

    このコメントに返信

    2019年04月02日 23:51

  14. 15 匿名の浦和サポ(IP:211.125.20.245 )

    森脇って右利きですよね?
    左でもロングパス出せるし、東京戦でのゴールにしても、
    真横からのパスを、利き足じゃないほうの足でコースついてゴールするのって、
    簡単そうで実は難しいんですよね。何気に器用な選手だと思います。

    このコメントに返信

    2019年04月03日 00:41

  15. 16 匿名の浦和サポ(IP:202.215.165.133 )

    あえて言うなら森脇ではなく山中だ
    森脇はリスクチャレンジがいいと思うが
    DFとしては使えない
    つまり柏木のとこに森脇を入れればいい
    サイドで使うとほかのDFが大変だ
    2列目から3列目を動いてパスを出すのがベスト
    左サイドを山中にして左SBが槙野
    CBに岩波を入れれば最終ラインからパスも出せていい

    このコメントに返信

    2019年04月03日 02:39

  16. 18 匿名の浦和サポ(IP:219.111.52.127 )

    山中選手と森脇選手の両サイドとかすげえ攻撃的だと思うから対戦相手次第ではアリだと思います。
    フォーメーションは違うけど今季のアトランタのような攻撃が可能だと思います。
    その場合、中盤は青木、長澤、直輝が必須になるかと思いますが魅力的な布陣だと思います。

    このコメントに返信

    2019年04月03日 10:54

  17. 19 匿名の浦和サポ(IP:60.76.247.182 )

    金曜日は本当にテレ玉放送直後にGGRとなるのが希望ですがDAZNがメインで開催みたいだから年末に特集と資金の為に大きな目でみてあげましょう。

    このコメントに返信

    2019年04月03日 20:04

浦議ニュース