浦和レッズについて議論するページ

▼面白いスタジアム企画を発見
リーグ開幕戦だけに、どれだけ人が来るかわからない。とりあえず早めに行って席をとっておかなきゃ、と埼スタに着いたのが一時半。午後一時開場のはずが遅れていて、ちょうど自由席の人たちは入り始めたところだった。

 

スタンドに入ってみたら、まだそれほど席は埋まっておらず、とりあえず南側自由席の中で、日の当たる温かい場所に座る。日陰は肌寒いのだ。

 

日向ぼっこ感覚で、ウトウトしたり、ピッチ上のジュニアチームの試合を眺めたりしているうちに、席が埋まり出す。小さい子供を連れたファミリーが目立った。

 

二時半を過ぎたあたりでコンコースに出て、スーパーカップの時には飾ってなかった、レッズ歴代のイレブンの記念写真をずっと見て回ったりする。何度も感じていたことだが、やはり1993年ころの選手たちは、華やかな「プロ選手」じゃなくて、地道な「社会人選手」の顔してる。それがだんだん「プロ」の顔になっていく変化が楽しい。

 

明治からの埼玉サッカーの歩みを写真で追ったコーナーもささやかにあった。こうした博物館っぽい企画も、もっとあっていいかもしれない。

 

▼札幌サポの熱量から考える
三時半くらいには席に戻り、先発メンバー発表を聞く。コンサドーレの選手発表で、レッズ・サポがチャナティップには大きなブーイングするかと思いきや、あんまり反応なし。圧倒的なブーイングはペトロヴィッチ監督であり、サブで小野伸二が紹介された時は拍手が起きた。

 

いきなり後ろ姿から始まるレッズ選手の紹介写真は、ちょっと凝り過ぎか。

 

いつも試合が始まる前に、観客が何人くらい集まっているかをスタンドを見回して推測するのだが、南側自由席で「満席になりそうなので」のプラカードを持ったスタッフがいない。あの「満席プラカード」は4万5千を超えたあたりから出ることが多いから、きょうは4万2~3千人かな、と見た。結果は4万1千だったので、さほど遠からず。

 

それにしても、コンサドーレ・サポは気合入ってた。アウエー・サポ席は満杯の上に、アッパーにも数多く来てた。醸し出す熱量はレッズ・サポにも負けないくらい。スーパーカップのフロンターレ・サポといい、きょうといい、他チームのサポは年々熱量がアップしていて、最近はレッズ側が押されているような印象を受ける。

 

▼キャラクターが見えにくい
押されてるっていえば、試合自体が、もう終始一貫、コンサドーレに押されまくり。完敗。スコアは2-0でも、ホントは5―0くらいになっても不思議じゃなかった。

 

だいたいキャラクターの濃さで、レッズは負けてた。

 

チャナティップ、改めて見たけど、漫画のヒーローみたいないいキャラしてる。相撲なら舞の海か炎鵬だ。遠くから見てもすぐわかるくらいにちっちゃくて、でもドリブルはうまいし、パスも正確だし。
それでまた、前の方にいる鈴木武蔵とロペスというデカブツ二人とのコントラストが実に絵になる。二点目、チャナのスルーパスから鈴木のゴールが決まったあたり、もう漫才のツッコミとボケみたいな絶妙の呼吸だった。チャナを中心としたパス回しも、時に、まるでフロンターレのお株を奪うような鮮やかさで展開していったりもする。

 

引き比べて、レッズの新戦力になるはずの杉本のキャラが、まだどうもよくわからない。豪快なヘディングを期待したらいいのか、攻撃の起点になるポスト役がいいのか、とか。存在がどうにもアイマイなのだ。だから前半で交代させられたりする。

 

こんなに言い訳のしようもないほどコテンパにやられるとは、さすがに予想してなかった。

 

単なる調整遅れで、あと半月もすればエンジンがかかり出す、とまずは信じたい。

 

さ、次は平日夜のACL予選リーグの試合か。寒いだろう。見る側はシンドいが、相手はタイのチームで寒さに慣れてないだろうから、ぜひきょうの逆で、相手をコテンパにしてほしいものだ。

 


山中伊知郎

 

昭和29年生まれ。93年のJリーグ開幕時から、シーズンチケットでレッズを見続けている。職業はライター。山中企画という会社を作って、自分が制作費を投下して本も出版している。昨年9月には、『横浜・野毛大道芝居の日々』という本を出した。ミナトヨコハマの中にあって「昭和の面影を残す街」野毛。そこで11回にわたって続いた大道芝居の歴史を振り返り、それに関わった多様な人たちも紹介する。11月には、いい「○」を描けば運勢がよくなる、という『しあわせの「○」』、GS(グループ・サウンズ)について触れた『GS第三世代50年後の逆襲』も出版。現在、「週刊アサヒ芸能」で『あなたの知らない原価の世界』というコラムを連載中。モノ、サービス、グルメなどの様々な「原価」を取材してまとめている。

コメント
投稿する
コメント
  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:126.33.226.38 )

    スーパーカップは半々になるのが普通だろ。
    埼スタだからってレッズサポで全部が埋まるわけがない。

    このコメントに返信

    2019年03月04日 12:43

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:27.94.44.12 )

    まだこのつまらないコラム続けるのかね。

    このコメントに返信

    2019年03月04日 13:31

  3. 3 匿名の浦和サポ(IP:153.131.176.160 )

    彼はいつもスタジアムに足を運んでいるんだから、どうのこうのいう権利は十分にある。
    そんな彼を批判出来るとしたら、同じく毎試合スタジアムに足を運べる人のみ。

    このコメントに返信

    2019年03月04日 16:24

  4. 4 匿名の浦和サポ(IP:124.208.111.200 )

    埼スタに行けなきゃ批判もダメなんですか
    こんな考えの人がいまだにいるから差別弾幕やら問題が絶えないんだよ
    同じサポでも見ててがっかりするような意見増えたな…

    このコメントに返信

    2019年03月04日 17:58

  5. 5 匿名の浦和サポ(IP:1.66.103.121 )

    山中さん、
    同姓の山中選手のコラムを❗
    よろしくお願いいたします

    このコメントに返信

    2019年03月04日 18:24

  6. 6 匿名の浦和サポ(IP:49.106.193.140 )

    私は、このコラム好きだな~。
    毎回、楽しみにしてる。

    このコメントに返信

    2019年03月04日 19:33

    • 6.1 匿名の浦和サポ(IP:60.46.148.181 )

      同じく。
      技術的に詳しい方のウンチクも読んでて面白いけど、
      こういう直感的なファン目線も大事だと思います。

      2019年03月04日 23:50

    • 6.2 匿名の浦和サポ(IP:14.8.0.64 )

      俺は嫌い
      浦和愛を感じない
      25年見てるのに内容が恥ずかしいレベル
      偉そうに文句だけ言って見てるだけなのに浦和サポの熱量は落ちたとか言う
      シーチケ買ってる以外レッズに何の役にもたっていない。むしろネガティブなイメージを植え付けるコラムを執筆

      でも毎回このコラム読んじゃう

      2019年03月06日 16:20

  7. 7 匿名の浦和サポ(IP:150.31.28.195 )

    ピッチ内もグタグタだったけれど、
    ゴール裏もかなりグタグタだったね。

    このコメントに返信

    2019年03月04日 21:05

  8. 10 匿名の浦和サポ(IP:175.103.46.82 )

    25年見てきているのなら、今の浦和のどこが駄目なのよくわかってるはず
    それを書けないのなら(書けない?気づいていない?)評価できない単なるつぶやき駄文

    このコメントに返信

    2019年03月05日 06:33

浦議ニュース