浦和レッズについて議論するページ

▼わかっていたオリヴェイラ監督
平川、先発で出るんじゃないか、ともちょっと思った。最終戦と言っても、とりあえず勝っても負けても大きな影響はない。どうせ天皇杯に備えて、主力の多くは休ませるだろうから、平川が出て来ても、ちっともおかしくない。

 

しかし、オリヴェイラはそこまで義理人情の人ではなかったな。ただ、ちゃんとハグした上で残り5分くらいでピッチに送り出したのだから、最低限、やるべきことはわかってる男だった。

 

平川といったら、なぜかサイドラインギリギリを疾走する画ばかりが思い浮かぶ。私にとっては、「端っこで小まめに行ったり来たりする選手」だった。

 

17年同じチームにいるって、一般社会なら、同じ会社で勤続60年、てぐらいの快挙だろう。

 

▼1999年の最終戦をなぜか思い出す
おそらく南側自由席は満員になるだろうと予想して、埼玉スタジアムにやってきたのは試合開始2時間半前。入場ゲートで長い列が出来ていて、「これ、並ばなきゃいけないのか」とビビったら、FC東京のサポーター席に入る人たちだった。レッズ側はスイスイ入れたし、いつもの階段通路に面した端っこの席も、すんなりゲット。かえって、拍子抜けする。

 

最終戦だし5万人くらいは、と考えていたのが、これで「ちょっと無理かな」となった。4万6千人あまりか・・・。結局、今年の5万超えは、イニエスタが欠場した神戸戦だけになってしまった。クライマックスのない、淡々とした1年だったな。

 

なぜか南側自由席を見回すと、小学校に上がる前くらいの小さい子が親と一緒に来て、ヨチヨチ歩いている姿が目立つ。

 

私が座った席のうしろからは、明らかに小学生くらいの女のコが「李忠成!」とか「浦和レッズ! がんばれ!」とか、力いっぱい叫んでた。

 

ファミリームードいっぱい。何かを賭けた試合ではないので、全体の雰囲気も、どこかほのぼのとして、切迫した緊迫感はもちろんない。「入れ替え戦」に回る可能性のあるチームのスタジアムは、とてもこんなもんじゃないだろうな、と思い、つい1999年の最終戦を思い出した。

 

あの時はキツかった。もう降格が決まった後も、まだ延長で試合が続いていて、終わるまでの何分間の、緊張感が一気に抜けて空白感でいっぱいになったのに、それでも動きをやめられない哀しみ、っていうのは、どうも一生忘れられない。

 

失恋や受験失敗と同じで、そう何度も味わいたくはないものの、生きていく上で大きなアクセントにはなっている。

 

ま、そんな、人生でも2度も3度もなかなか起きないシチュエーションと比較しても仕方ないか。

 

▼なんとしても勝ってくれ!
きょうの試合に関していえば、主力組にかわって出た柴戸が点を決めたし、荻原もイキイキ動いてた。スーパーサブに回されていた李忠成も、ここが見せ場とばかりに目いっぱい働いてた。

 

西川、槙野は天皇杯に向けた調整のつもりで出て来たのかもしれないが、ナイスセーブも何度か見せてくれて、期待が持てる。

 

さーて、あとはその天皇杯だ。もしも決勝まで進出すれば、クライマックスのなかった1年の最後に、ようやくクライマックスが訪れることになる。

 

しかしその前に立ちはだかるのがアントラーズとは・・・。

 

私、さすがに用事があって平日夜のカシマには行けないため、チケットは準決勝飛ばして、決勝だけはおさえた。だから、もしレッズが準決勝で負けたら、寒い12月夜の埼玉スタジアムでアントラーズの試合を見なくてはいけなくなる。

 

それだけは勘弁してくれ。

 


山中伊知郎

昭和29年生まれ。93年のJリーグ開幕時から、シーズンチケットでレッズを見続けている。職業はライター。山中企画という会社を作って、自分が制作費を投下して本も出版している。今年も7月には、海外旅行も楽しみ、そこでいろんな雑貨も買って日本で売っておこずかいを稼ごうという『旅して稼ぐ 海外雑貨バイヤーズガイド』という本を責任編集。続いて、9月には、『横浜・野毛大道芝居の日々』という本を出した。ミナトヨコハマの中にあって「昭和の面影を残す街」野毛。そこで11回にわたって続いた大道芝居の歴史を振り返り、それに関わった多様な人たちも紹介する。 11月には、いい「○」を描けば運勢がよくなる、という『しあわせの「○」』、GS(グループ・サウンズ)について触れた『GS第三世代50年後の逆襲』も出版。

 

月1550円で全35メディアが読み放題
コメント
投稿する

  1. 匿名の浦和サポ(IP:219.111.52.127 )

    この記事は今までで一番苛立ったわ。

    仮にも浦和の記事を載せるような人物が浦和一筋で頑張った選手に対して
    ”端っこで小まめに行ったり来たりする選手”って。
    もう少し内容のある記事は書けなかったの?

    観客動員数と相撲しか興味ないのであれば浦和ではなく、
    Jリーグの観客動員数の記事と相撲の記事を書くことだけに専念したらどうですか?

    この記事みて浦和の試合見たいと思うか?浦和の為に全然なってないよ。
    問題を提示しか出来なく解決策も真面目な回答ではなく微妙な笑いを取り入れてお茶を濁すような内容。

    お前は一体何が書きたいんだ??

    2018年12月03日 15:15


コメント
  1. 2 匿名の浦和サポ(IP:1.75.1.110 )

    ファミリーが来るとのほほんとした雰囲気になるから盛り上がらないと言いたげな文面だ。1999年を引き合いに出して濁してるけど。山中氏の本音が垣間見れますね。好きじゃないな、このやり方、考え方。

    ヨーロッパも南米もサッカーが文化に根付いてる。これが最大のポイントなんだよ。こうしたサッカーが根付く街への取組を浦和がどこまでできるかで、10年後、50年後が全く違うものになること、忘れちゃいけない。長い道のりだけど、フロントには頑張ってほしいです。

    このコメントに返信

    2018年12月03日 12:28

  2. 3 匿名の浦和サポ(IP:106.130.47.132 )

    動員の話しかしないよねこの人

    このコメントに返信

    2018年12月03日 13:05

  3. 4 匿名の浦和サポ(IP:126.34.48.6 )

    勤続60年って例えは合ってるのかな?
    いくつからいくつまで働くイメージなのかしら。

    このコメントに返信

    2018年12月03日 13:06

  4. 5 匿名の浦和サポ(IP:103.120.16.132 )

    勤続60年ってありえなくね?
    高卒から60年だと退職は78歳だぞ
    60歳までってならわかるけど

    このコメントに返信

    2018年12月03日 13:22

    • 5.1 匿名の浦和サポ(IP:202.74.253.44 )

      こんな言葉尻のところを突っ込むやつがいたとは・・・・・・

      定年60歳までだったらほとんどの会社員が到達するよね?
      サッカー選手のほとんどが17年同じチームでプレーできるか?
      そこに掛けて勤続60年って表現してんだろ。
      そんなに難しい表現だったか?

      人の話や文章をもう少しだけ読み解く力をつけようね。
      そしたら社会人で60歳まで働ける可能性はあるぞ

      2018年12月04日 07:52

  5. 6 匿名の浦和サポ(IP:126.161.181.212 )

    鹿の試合なんか🦌死んでも見るな

    このコメントに返信

    2018年12月03日 14:09

  6. 7 匿名の浦和サポ(IP:219.111.52.127 )

    この記事は今までで一番苛立ったわ。

    仮にも浦和の記事を載せるような人物が浦和一筋で頑張った選手に対して
    ”端っこで小まめに行ったり来たりする選手”って。
    もう少し内容のある記事は書けなかったの?

    観客動員数と相撲しか興味ないのであれば浦和ではなく、
    Jリーグの観客動員数の記事と相撲の記事を書くことだけに専念したらどうですか?

    この記事みて浦和の試合見たいと思うか?浦和の為に全然なってないよ。
    問題を提示しか出来なく解決策も真面目な回答ではなく微妙な笑いを取り入れてお茶を濁すような内容。

    お前は一体何が書きたいんだ??

    このコメントに返信

    2018年12月03日 15:15

  7. 8 匿名の浦和サポ(IP:106.130.55.152 )

    まあ南の趣旨は子供も安心して観れる席だからね。
    いつもそれと動員数予想が外れたことしか書いてないよね。
    しかし、この人の動員予想が当たったところで、ね?

    このコメントに返信

    2018年12月03日 16:55

  8. 9 匿名の浦和サポ(IP:167.99.197.45 )

    2016年:リーグ戦平均観客数36,935人、動員累計(リーグ・ACL)710,089人
    2017年:リーグ戦平均観客数33,542人、動員累計(リーグ・ACL)759,109人
    2018年:リーグ戦平均観客数35,502人、動員累計(リーグ・ルヴァン)681,315人
    今季のリーグ戦平均観客数は神戸戦特需平均約1,800人を差し引けば実態は過去最低を更新した去年とトントン。
    そして累計では77,794人減。
    入場料平均単価約2,900円換算で約2億2,600万円の入場料収入減。
    PKたまたまルヴァンを取ろうが翌年も客足は減り、棚ぼたACLを取ろうが翌年も客足は更に減っている実態の原因・理由がいまだわからないクラブフロント。
    勝ったって客が戻らないのは浦和が面白くないどころか嫌悪されている部分が多すぎるからさ
    淵田のなんともお粗末な挨拶に唖然としたね。
    いつの間にか目標がACL出場権獲得に都合よくすり替わっているではないか。
    こんなことをまだ繰り返していきたいのか。
    内部留保積み増し最優先で適切かつ果敢強力な補強へ再投資を怠ってきた無駄だった直近6年の偏向した編成が今季のブザマな戦績や戦いぶりを招いているということだ。
    ましてやJ改革元年~3年間の真っ只中にありながら、淵田の呆れた言動を診るにプロフットボールクラブのTOPとしての経営能力・センス・資質は無いと断言せざるをえない。
    淵田が居座る限り強化なんて無理。
    J改革元年であった昨シーズンを迎えるにあたって淵田と山道はどんな編成をした?
    2年目の今シーズンを迎えるにあたって淵田と山道はどんな編成をした?
    去年4月末の段階で淵田はこんなのんきな↓発言してるんだから呆れるよ。
    以下引用
    4月28日にさいたま市内で定時株主総会が開かれ、2016年度の事業収支が承認された。開示された浦和の経営状態は、クラブ史上初の10億円を越える(11億8千7百万円)純資産となった。
    淵田敬三代表取締役社長は「非常に良い決算だった。全ての収入項目が増収で、利益が出せたし、良い形で終わった」と嬉しそうに話した。
    そして「昨年、三菱自動車が日産との提携問題があって資本の問題で苦労したが、結果として三菱重工に目をかけて頂いて、増資ができた。我々の1つの大きな目標は、クラブライセンス制度もあるし、これから世界に向かって羽ばたいていくにあたり、財務が安定していないといけない。まずは、純資産を10億にもっていきたいことが達成できた。問題が起きても3年ぐらい堪えられる。さらに15億ぐらい純資産を増やしていきたい」と話し「単純に利益を積み上げるのではなく、バランス良く考えていくことが必要だ。これから我々がチャレンジしていくベースが整った」

    このコメントに返信

    2018年12月03日 17:00

    • 9.1 匿名の浦和サポ(IP:1.72.1.190 )

      誰からも賛同を得られないのに必死ですね
      ■■■■■■■■■■■■
      hiho携帯3台とPCからのプロキシ経由でIPを変えながら、ひたすら荒らし行為を繰り返すア◯タの足跡
      IP:167.99.197.45 (アメリカ合衆国)
      ■■■■■■■■■■■■

      2018年12月03日 19:25

  9. 10 匿名の浦和サポ(IP:115.65.200.179 )

    最後の2行
    埼スタで鹿の試合を見なければいけない それだけは勘弁
    そこだけは激しく同意!

    このコメントに返信

    2018年12月03日 17:02

  10. 11 匿名の浦和サポ(IP:61.193.215.218 )

    感動した、涙が止まらない

    このコメントに返信

    2018年12月03日 17:29

  11. 12 匿名の浦和サポ(IP:49.106.188.6 )

    明後日2018/12/05、
    モツ煮、ハム焼き
    出るのかね?
    jfa主催試合、出ないか

    このコメントに返信

    2018年12月03日 19:05

  12. 13 匿名の浦和サポ(IP:106.181.77.41 )

    平川に対する愛や経緯が微塵も感じられないし、サポとしてもライターとしても資質を疑う。
    上澄みだけすくって中身のない感じがア●タと似てる。

    このコメントに返信

    2018年12月03日 19:40

    • 13.1 匿名の浦和サポ(IP:1.75.238.66 )

      アカ◯くんはサポでもなんでもなく、ただの浦議ジャンキー

      2018年12月03日 21:56

  13. 14 匿名の浦和サポ(IP:106.181.77.41 )

    平川に対する愛や経緯が微塵も感じられない。
    上澄みだけすくって中身のない感じがア●タと似てる。

    このコメントに返信

    2018年12月03日 19:40

  14. 15 三菱蹴球部(IP:182.251.54.185 )

    踏ん張って欲しい時にポロっと勝ち点を取りきれない浦和イズムは伝統なのかと思うほどがっかりもしたシーズンだった。それが観客の動員数にも現れている現況を何とか打破して欲しい。社会人時代から見つめ、思い続けるいちファン(サポーターと言える程いまは試合を見にいってないので)

    このコメントに返信

    2018年12月03日 19:42

  15. 17 匿名の浦和サポ(IP:49.106.188.132 )

    山中さん、カシマへ行きましょうよ
    チケット、まだあるし

    このコメントに返信

    2018年12月03日 19:59

  16. 18 匿名の浦和サポ(IP:49.97.98.121 )

    『東京鹿劇団』横断幕掲出
    東京・味スタで開催したら良かったのに
    味スタ、レッズサポがジャックですけど

    このコメントに返信

    2018年12月03日 20:50

  17. 19 匿名の浦和サポ(IP:49.97.98.121 )

    この時期の
    天皇杯
    小雪が舞う旧万博、ガンバ
    あのとき、熱かった
    明後日、熱く行こう❗

    このコメントに返信

    2018年12月03日 21:15

  18. 20 匿名の浦和サポ(IP:14.9.43.128 )

    勤続60年なんてコメントができるくらいだから一般常識はない人なんだろうとは分かる。
    で、あなたにとってのクライマックスは客が多く入ることだけなのか?と言いたい。
    既にシーズン終わったような論調だが試合残ってるぞ。

    このコメントに返信

    2018年12月03日 21:36

  19. 21 匿名の浦和サポ(IP:202.212.77.51 )

    でも自力で満員の試合が一回も無かったのは事実なわけで、真摯に受け止めなければいけませんね。

    このコメントに返信

    2018年12月03日 21:59

  20. 22 匿名の浦和サポ(IP:106.166.210.196 )

    新日本プロレスが最近ようやく動員的に復活したけど
    1番の成功理由は懐古厨排除して徹底的に新規ファンを開拓していったことだよね
    この人はいつも「どうやったら戻ってきてくれるか」って話をするけど、はっきり言ってこんなリスペクトの無い人間は切り捨てて新しい人を呼び込んでいった方がよっぽどクラブのためになると思うわ

    このコメントに返信

    2018年12月03日 23:34

  21. 23 匿名の浦和サポ(IP:1.66.98.244 )

    鹿島アントラーズユース、
    プレミアリーグ優勝
    埼スタでのチャンピオンシップ出場権獲得
    当然 鹿サポが埼スタに来る
    ヤダヤダ…

    このコメントに返信

    2018年12月04日 00:57

  22. 24 匿名の浦和サポ(IP:126.12.64.235 )

    平川曰く、多くの人の愛でこのクラブは成り立っている。
    この人の愛も、残念ながら、一つのピースとなって成り立っているんでしょう。
    あのスピーチを思い返すと、グッとくるよね。
    平川がこの記事を見たらきっと、広い心で見るだろうね。
    だから自分も怒りを堪えて無理矢理にでもこの人のクラブ愛を感じることにします。

    このコメントに返信

    2018年12月04日 08:25

  23. 25 匿名の浦和サポ(IP:27.121.8.57 )

    この人、セレモニー観ずに帰っちゃったようなコラムだね。
    だから、万が一の時も鹿の試合を観ずに死にチケにして下さいよ。

    このコメントに返信

    2018年12月04日 09:46

  24. 26 匿名の浦和サポ(IP:182.250.176.67 )

    なんの価値も感じないダラダラとしたブログ。もう、いらないでしょ。これ。

    このコメントに返信

    2018年12月04日 16:12

  25. 27 匿名の浦和サポ(IP:1.75.6.180 )

    ニーズあるんですか?
    こんな内容の文章で。

    このコメントに返信

    2018年12月04日 21:32

浦議ニュース