浦和レッズについて議論するページ

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。


「戸田からJリーガーを」宇賀神友弥が戸田にフットサル場をオープン(浦レポ)


(Report by 河合貴子)

 

子どもたちの未来、戸田市の未来のために

 

宇賀神友弥選手が代表を務めるNPO法人Effort&Dreamが、このたび屋内フットサル場『UGAJIN Esforco Place』を宇賀神選手の地元である戸田市で12月2日にオープンすることになった。

 

オープンに先立ちプレイベントが開催され、NPO法人Effort&Dreamの代表として宇賀神選手が登壇。「今回、僕がフットサル場ならびにサッカースクールを始めたいと思ったのは、プロサッカー選手になって、来年で10周年になる。戸田市からプロサッカー選手になったのは、自分しかいない状況を悲しく思いましたし、唯一のJリーガーとして自分が何か行動を起こさないと、次のJリーガーは戸田市から出てこないと思った。今回このような場を作り、そしてスクールを発足することになりました。自分は、サッカー選手としてまだまだ子供たちに夢を与えることができていないのかもしれない。1日、1日を大切にし、子供たちに大きな夢を与えられるような人間になりたい。

 

自分が大切にしている『人間力』を子供たちに伝えたい。また、それを体現できるような人間、サッカー選手になっていきたいと思う。そして、この場を作ることにご協力して頂いた企業、関係者のみなさんに協賛して良かったと胸を張ってもらえるような場にしていきたい。このフットサル場とスクールをしっかりと運営していけるような経営者としても頑張りたいと思う」と挨拶をした。

 

 

また、プレイベントに駆けつけた戸田市の菅原文仁市長は「エスフォルソという言葉は、宇賀神選手の座右の銘『努力に勝る天才なし』の『努力』という言葉があります。本当にタフなプレーで努力し、今の彼がある。そういった心を含めて、市内の子供たちにサッカーを通じて様々なことを伝えていきたいということでこの場所を作って頂きました。

 

戸田市出身の宇賀神選手が戻ってきて「地元に貢献したい」と言って頂きました。心が震えました。ぜひ、これをキッカケにして地元のちびっ子たちがこの場所で、第2、第3の宇賀神選手になって頂ければと思います」と熱い思いを話した。

 

屋内フットサル場『UGAJIN Esforco Place』は、埼京線戸田公園西口から徒歩約10分のところにある。12月2日に施設がオープン。12月3日からスクールが開講する。スクールは、幼児、小学生1・2年、小学生3・4年、小学生5・6年のクラスの他に、小学生4~6年生を対象とした選抜コースのアスリートに分かれている。

 

また一般にも貸し出しており、シャワーが設置されたロッカールームもあり気軽にフットサルを楽しむこともできる。

 

プレイベントを終えて、宇賀神選手は「自分が、プロサッカー選手として描いていた夢の1つを実現することができた。子供たちが走り回る姿を見て、本当にうれしい。これがドンドンと発展していけば良い」とうれしそうに笑みがこぼれた。

 

そして「サッカーは、チームスポーツの中で『人間力』が育まれていく。一人のサッカー選手である前に、子供といえども一人の人間として自立し、成長できるようなサッカースクールにしていきたい。サッカーだけでなく、教育の部分にも重点を置いて運営していきたい。

 

10年後「戸田市ってサッカーが強い、人としても素晴らしいよね」「戸田市出身なら、しっかりしている」と言ってもらえるようなサッカースクールにしたい」とサッカーの技術だけでなく、『人間力』を大切に考えていた。

 

フットサル場とサッカースクールを開講するにあたり、宇賀神選手は「僕たちの世代は、サッカースクールがなかった時代。自分たちが小さい頃は、小学校で朝から晩までボールが蹴れた。今はそれが出来ないと聞いて、サッカーが上達するための環境ができていない。サッカー人口が減るし、子供たちのレベル向上が難しい環境だ。こういう場を1つでも多く作りたいと思った。

 

戸田市のサッカー協会ができて50周年を迎えても、自分ひとりしかJリーガーが出ていない。浦和レッズという素晴らしいクラブが、車で15分ほどのところにあるにサッカーが盛り上がっていない。こんな悲しいことはない」と戸田市のサッカーを盛り上げるために、一肌脱いだのだ。

 

戸田市の公園でボールが蹴ることができるのは、3カ所しかないそうだ。宇賀神選手は、ひとりで多くの子供たちにサッカーを楽しんでもらおうと、土日に無料開放するなども考えている。

 

また屋内フットサル場は、人工芝はもちろん、保護者の方など見学をする人たちにも配慮され、宇賀神選手のこだわりが随所に感じることができる施設になっている。

 

サッカーを愛する者の1人として、子供たちのために宇賀神選手はサッカーを通じて地域貢献をしていく中で、「僕の本業はプロサッカー選手なので、現役の間はサッカー選手として結果を残すことに力を注ぎたい」とプロサッカー選手であることをしっかりと自覚していた。

 

宇賀神選手の思いが溢れる『UGAJIN Esforco Place』で、子供たちにボールを蹴る楽しさを感じてほしい。

 

 


浦レポではこのほかにも下記の記事を掲載しております。

「リーグ最終戦に向けた調整を行う男たち」写真ギャラリー<40枚>

「いつも愛を感じていた」サポーターに対する特別な思い 平川忠亮、引退記者会見後編

 

月1550円で全35メディアが読み放題
コメント
投稿する
コメント

現在コメントは受け付けておりません。

浦議ニュース