ニュース

『プレミア昇格の為に全力でやって卒団したい(早川隼平)』『オフの西川周作』など【浦和レッズネタまとめ(1/23)】

1/23のネット上にある浦和関連ネタまとめです。

 

浦和レッズユースMF早川隼平「プレミア昇格の為に全力でやって卒団したい」(高校サッカードットコム)

浦和レッドダイヤモンズユースのU-17日本代表MF早川隼平(はやかわ じゅんぺい/2年/1FC川越水上公園→浦和レッズJY)は、昨年のJリーグ開幕戦でベンチ入りを果たした有望株。そんなトップチーム昇格が期待される注目MFにインタビューを行った。

中略

――海外の選手と対戦してみて、通用した部分と足りない部分を感じましたか?

課題はフィジカル面。海外の選手は大きいし速いので、それに対して自分は小さいながらにどう対応するかっていうのはもっと考えていかないといけないと思いました。逆に通用する部分は、日本人特有の細かいステップのドリブルやパスワークは全然通用すると感じました。

――カタールW杯で感じたことはありましたか?

やっぱり海外とは違う日本の戦い方。個人では難しくてもチームで戦うことが大切なんだなと感じました。

――高校最後の1年への意気込みを教えてください。

自分は1年生でプレミアを経験させてもらったし、プリンス関東もレベルは高いんですが、後輩にはプレミアを経験してほしいので、この一年はプレミア昇格の為に全力でやって卒団したいです。個人としてはトップに関わっていきたいので、そのためにも結果を残すことが大事になってきますし。どれだけ日々の練習から積み上げていけるかが勝負だと思っているので、一日一日を大切にしていきたいなと思っています。

 

昨季J1ドリブル成功率トップのレフティー 浦和3年目で示した「中心として」の覚悟(FOOTBALLZONE)

浦和レッズのMF大久保智明は、沖縄県でトレーニングキャンプを実施中の1月21日に行われた沖縄国際大学とのトレーニングマッチに出場し、セカンドトップの位置で2得点。昨季にJ1でのドリブル成功率ナンバーワンだったアタッカーは、プロ3年目での飛躍を誓っている。

今週に入って、浦和ではMF松尾佑介が海外クラブへの移籍手続きのためにトレーニングキャンプから離脱。欧州移籍が実現する見込みとなっている。そのため、浦和の新シーズンに向けた陣容には多少の変化が見られ、松尾が主戦場としていた左サイドにはオランダ人MFアレックス・シャルクが回る布陣が浮上。逆に、右サイドを得意とする左利きアタッカーの中でも大久保は中央でのプレーが増える可能性がある。

 

 

バドミントン協会、Jリーグ前チェアマン村井満氏が副会長に就任「徹底して透明性を高めていきたい」と隠ぺい体質改革へ(スポーツ報知)

日本バドミントン協会は22日、都内で臨時評議員会と臨時理事会を開き、Jリーグ前チェアマンの村井満氏を理事に選任し、全会一致で副会長に承認した。6月の役員改選で、新会長に就く見通し。6月までは暫定的に中村新一会長が務め、副会長は、村井氏と朝倉康善氏の2人態勢をしく。

 

 

 

 

 

コメント

  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:106.154.143.103 )

    大久保セカンドトップいけそうだね

    このコメントに返信

    2023年01月23日 11:50

    • 1.1 匿名の浦和サポ(IP:212.102.51.242 )

      セカンドトップでプレーするのであればチャンス構築だけでなく決定力も求められる。大学生相手の2Gという結果でいけそうと判断するのは尚早かな。
      おそらくコンディション上の理由で出場回避した選手もいたはずで、大宮戦鳥栖戦でも結果出してポジジョン確保してほしい。もともと外でも中でもプレー可能な選手で、江坂松尾が抜けた3年目に期待は高まる。

      2023年01月23日 13:20

    • 1.2 匿名の浦和サポ(IP:183.77.231.85 )

      去年も練習では決めてた気がする。
      もし試合でもゴールを取れるようになれば
      海外に行けるかも。

      2023年01月23日 13:47

    • 1.3 匿名の浦和サポ(IP:153.129.196.106 )

      昨年も一試合だけ真ん中やってましたよ。
      いけるじゃん、って思いましたよ。

      2023年01月23日 16:10

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:222.228.224.95 )

    早川君が、トップチームの試合に出られる日はそう遠くないと思うし、活躍を願っている!

    このコメントに返信

    2023年01月23日 14:56

コメントを書き込む