ニュース

『広い範囲でクロスボールに対して守ることができるようになった』西川周作が会見に登場

昨日(10/25)、西川周作選手がオンライン会見に登場。そのコメントが浦和レッズ公式サイトにアップされておりましたので、一部紹介させていただきます。

 

西川「自分たちの今の力を示し、しっかりと勝つ姿を見せたい」(浦和レッズ)
(今季はJ1リーグ優勝を最優先の目標に掲げてスタートしたが、現在の成績は成績として、J1リーグで優勝を目指すということはJ1リーグの中で最も強いチームになるという意味でもあると思うが、現在の首位との対戦はポテンシャルを示す意味でも大事になると思う。今のチームが自信を持って優勝争いできるという感覚はあったのか?)
「シーズンを戦っている上で難しい時期がありました。なかなか勝ちきれない、点が入らないない、引き分けが多かった印象があります。その中でも全員で守る意識は素晴らしいと後ろでゴールを守りながら感じていて、助けられたことも多々ありました。その分、攻撃に行くパワーがなくなってしまった試合もありましたので、その使い分けをうまくできれば、どんな相手に対しても戦えると思っています。前からプレッシングに来るチーム、引いてくるチーム、いろいろなチームがありますが、試合の中での使い分けが自分たちでうまくできれば、もっといい結果を出せたと思います。点を取らなければ勝つことは難しいですし、その意識は残り2試合でも示していかなければいけないと思います。守る意識も大切ですが、ゴールに向かっていく姿勢、前に前に行くという姿をみんなで表現したいです」

(西川選手がスキルアップできたと感じていることや課題だと感じていることは?)
「今シーズンはジョアン(ミレッ)GKコーチに出会えたことが自分のためにもなっていますし、僕だけではなくGKチームが一つになってここまで戦ってこられました。今までやってきたことを一度リセットしながら、ジョアンコーチの考えをプレーに出せていると思います。最初は頭で考えながらプレーすることが多かったですが、今は自然とできるようになったこともたくさんあります。相手が打つ前にいかに空間を守るかということに今年はトライしながら、クロスボールに対してたくさん出ることができましたし、今まではゴールにへばりついていることもありましたが、ジョアンコーチの教えに素直に取り組むことで、できるだけ広い範囲でクロスボールに対して守ることができるようになったと思いますし、ミスが起こってもその後の対処、起き上がり方や守り方も教えてもらいました。疑問があれば常に答えを示してくれますし、プレーだけではなく講義のような形で話すことも大事にしてくれるコーチですので、頭で理解した上でプレーできていると思います。ジョアンコーチから教わることはたくさんあると聞いていますし、まだまだ終わりがない作業だと思っていますので、無心でできるようになるまでにはまだまだトレーニングが必要だと思っています。それができるようになるまで頑張りたいと思っています」

(「自分の武器を生かしたい」と話していたが、ロングキックの使い方もすごく考えていると思う。今の前線にはスピードがある松尾佑介選手やキャスパー ユンカー選手、長身ではないがヘディングが強いブライアン リンセン選手など、いろいろなタイプがいるが、相手や狙いによってどのように使い分けているのか?)
「キャスパー選手の場合はスピードが相手にとっての脅威ですので、スペースに流して出してあげるように狙っています。リンセン選手からは『俺は小さいけどかなり競ることができる』と言われていますし、しっかりと要求されています。高く上がったボールに関しては、競り勝たなくても相手DFに競らせないという技を持っていますので、そのうまさは利用したいと思っています。サイドに松尾選手や大久保(智明)選手がいる場合も、競るというよりはスペースに流し込んであげたいという気持ちがあります。そうなると後ろのラインコンロールでもすぐに上げなければいけません。江坂(任)選手はキープできるうまさもありますし、彼のことを信頼していますので、彼の胸に蹴ることができれば必ずコントロールしてくれます。彼のいいところはバックパスするより前に良いパスを狙おうとしてくれていますので、相手のDFからすると怖いでしょうし、チームのためになってくれていると思います」

 

コメント

  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:153.139.173.130 )

    「いろいろなタイプがいるが、相手や狙いによってどのように使い分けているのか?」
    それな。
    ここ終盤にきて出来てる場面が増えつつあると思う。
    オートマチズムがさらに成熟してくれば、得点シーンが激増すると思うし、もっと楽な試合が増えるだろう。

    このコメントに返信

    2022年10月26日 17:13

    • 1.1 匿名の浦和サポ(IP:103.125.235.23 )

      シーズン通じて連携の成熟が進んで、リーグ2位のゴール期待値のように得点機は作れるようになってるけど、それを決めきることができてないのでは。
      敵ゴールに迫るオプションが増えても、決定機を決めきる攻撃の軸となる選手が固定できてさらに不在時にその穴を埋めるバックアッパーまでいなければ、得点シーン激増にも楽な試合にもなかなかならないと思う。

      2022年10月27日 12:17

    • 1.2 匿名の浦和サポ(IP:153.139.173.130 )

      ですね。
      フィニッシャーとしてはユンカーが頭一つ抜け出てるけどもあの稼働率が今後も続いたら年間の貢献度は低いままだし。まだまだモーベルグと合ってると云い難い状況かと。リンセンもいきなり怪我して本当年間何試合出れる選手なのか未だ計算できないしね。
      シャルクも含めやっぱ攻撃陣の特に外人部隊が今後どこまでお互い連携を深められるかが来期の重要な鍵なんだと思う。

      2022年10月27日 19:03

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:126.205.200.109 )

    前からプレスを掛けて来る相手が多いのはそれだけ攻撃に怖さや迫力が欠けていたんだろうな。

    このコメントに返信

    2022年10月26日 17:30

    • 2.1 匿名の浦和サポ(IP:103.125.235.23 )

      最前線で競ってボールを収める/落とすタイプの選手がいなければ、低い位置からビルドアップしてくると決まりきった相手に対してはセカンドボール気にせず何の迷いもなく前線から連動してプレスかけられるのでは。
      逆にセカンドボールを意識すれば前線からの連動したプレスができず、前線と中盤が間延びして間でボール受けてビルドアップするスペースも生じるのかと。
      明本は最前線で競れるタイプの選手だったけど残念ながら最後の局面で決定力に難があるし、リンセンが戦列に加わったもののまだ機能しているとは言い難い。
      欠けていたのは最前線の選手層だと思ってるけどな。

      2022年10月27日 12:23

  3. 3 匿名の浦和サポ(IP:49.98.128.231 )

    一対一はもともと強かったけど、昔は弱点だったハイボールとか足を動かすプレーが今は寧ろ強みになってると思う
    その年で成長し続けるのは凄いの一言
    その凄い西川こそ彩艶が超えるべき壁

    このコメントに返信

    2022年10月26日 17:32

  4. 5 匿名の浦和サポ(IP:153.139.173.130 )

    たしかに江坂は前向くプレーを選択しがちなのは端から見てても分かる。けどポジ的にアシスト、得点、シュート数ですら数値が低い。小泉も今シーズンは数値悪い。
    申し訳無いが、興梠のポストプレーや安定の玉捌きが瞼の裏に残ってるだけに、もう一ランク上の人材がここに居たらなと思ってしまうのは俺だけかな?

    このコメントに返信

    2022年10月26日 19:51

    • 5.1 匿名の浦和サポ(IP:153.139.173.130 )

      ↑リンセンが対人強いから直でくれってオーダーしてるみたいだけど、もし興梠並みのポストプレー出来るなら来期は楽しみだけれど、はたして。

      2022年10月26日 20:53

    • 5.2 匿名の浦和サポ(IP:36.14.116.40 )

      「もう一ランク上の人材がここに居たらな」、、、これ他のポジションでも凄く感じますね。
      例えばボランチとかね。
      リーグ全体の戦力構図を見ても浦和の戦力はやはり中位レベルであり現時点の順位は妥当なのだと思います。

      2022年10月27日 05:24

    • 5.3 匿名の浦和サポ(IP:103.125.235.23 )

      シュート数は江坂はユンカーを上回ってチームトップだけど。シュート成功率だけがなぜか今季は昨季までと比べて異常に低い。
      チャンス構築数も岩尾を上回ってチームトップでリーグ全体でもイニエスタと並んでリーグ6位。アシスト数が伸びないのはオルンガみたいに江坂のラストパスを決めきる人材が前線にいないからだろうね。シュート成功率が低いのも、自分が決めなければとその影響を受けてるのかも。
      リーグトップクラスの失点数やゴール期待値のように最前線以外のポジションではそれなりに人材が揃っているのに、最前線だけが選手の数も層も稼働率も圧倒的に悪い。

      2022年10月27日 12:38

  5. 6 匿名の浦和サポ(IP:153.139.173.130 )

    もう一つ、気になるポジション、というか馬渡なんだけど。彼の存在って自分的にかなり大きいと思ってまして。
    彼を抜いてメンバーを見ると、酒井が怪我すると宮本で左は大畑か明本で廻す現実。1回右に関根を使った事もあったか、だけど荻原を戻せるなら、いきなり酒井→宮本や酒井→関根でなく、酒井→馬渡(宮本)或いは明本大畑&荻原では守備的にきつい時、つまりリードして終盤時などに左馬渡という選択肢を持つ事が出来る、と考えるが如何に。

    このコメントに返信

    2022年10月26日 20:36

    • 6.1 匿名の浦和サポ(IP:183.180.9.21 )

      馬渡の問題はDF
      SBでは正直厳しいが
      SHなら生きると思う
      モーベルグ以上ではないけれど
      波は少ないよね

      2022年10月27日 00:11

    • 6.2 匿名の浦和サポ(IP:153.139.173.130 )

      あ、そうかな。
      自分DFレヴェルを見たとき、酒井の次は明本大畑より馬渡のが上の評価してるんだけど。
      根っからのDFじゃないけどバランサーとして酒井と同じ匂いがする、というかベテラン臭があるんだよね。

      2022年10月27日 01:36

    • 6.3 匿名の浦和サポ(IP:103.125.235.23 )

      馬渡の存在が大きいというより、馬渡の稼働率が低すぎて期待された酒井や大畑のバックアッパーをこなせてないのが問題。それ故にまだJ1で通用するレベルにない5番手の宮本をかなり長い時間プレーさせなくてなならなかった。
      リードした終盤に左馬渡って、ルヴァン杯セレッソ戦2ndレグでも投入直後にクロスから失点したように守備面では目をつぶってでもという選手。まだ明本の方がマシだろうし、知念を投入したこともあったはず。
      馬渡がこの稼働率では、来季両SBのバックアッパーは宮本をレンタルで修行に出してでも補強すべきポジションの1つだろうね。

      2022年10月27日 12:49

    • 6.4 匿名の浦和サポ(IP:153.139.173.130 )

      なるほど。
      ただ馬渡って左右出来るって話しなんだけど、自分が思うに右SBの方が安定感高く左と差があるように見える。
      仰るとおり稼働率悪かったですよね。

      2022年10月27日 19:28

  6. 7 匿名の浦和サポ(IP:123.225.226.14 )

    GKとしての西川はかなり評価が高いけど、キャプテンの仕事に関しては疑問符をつけざるを得ない。
    江坂が広島戦後に指摘したような内容は本来チーム内で収めるべきもので、それが外に出てしまったのはキャプテン(副キャプテン)が機能できてないと思われても仕方ない。

    このコメントに返信

    2022年10月26日 21:43

  7. 8 匿名の浦和サポ(IP:1.75.0.114 )

    チームを纏める力は全く無いね

    このコメントに返信

    2022年10月27日 00:51

  8. 9 匿名の浦和サポ(IP:45.8.68.63 )

    あの年で未だにキーパーとして成長している西川はすごいと思うけど、本音を言えばキャプテンとしての成長を見せて欲しい。

    このコメントに返信

    2022年10月27日 04:14

  9. 10 匿名の浦和サポ(IP:138.64.67.65 )

    人としては良いけどキャプテンとしては優しすぎるかなぁ…
    そう考えると酒井の方がキャプテンに向いてるよね。

    このコメントに返信

    2022年10月27日 08:34

    • 10.1 匿名の浦和サポ(IP:59.86.142.10 )

      確かにキャプテンは西川より酒井の方が良いと思う。
      それに西川がキャプテンだから毎試合出てるんだとしたら、いつまでたってもザイオンに経験を積ませられない。
      ザイオンに足りないのはJ1の試合経験だ。
      経験を積ませてやれなくてもったいない事をしたと思うのが、もう引退してしまった福島。かなり能力の高いGKだったと思う。
      経験さえ積ませれば大きく飛躍できたであろう選手をこれ以上失いたくない。

      2022年10月28日 01:32

  10. 11 プライドとはマン(IP:106.186.212.152 )

    周作は流石の一言に尽きるが、そろそろザイオンへ本格シフトするのも手かと思うが…。
    それを上回るパフォーマンスをしている周作、すごい!の前提としてですが。

    キャプテンは変更するべきだと思います。ある意味嫌われ役に回れる選手か、先頭に立ちサポーターと向き合える者、プレーで熱く示せる選手がいいかな。個人的には酒井宏樹かな。

    このコメントに返信

    2022年10月27日 11:29

    • 11.1 匿名の浦和サポ(IP:153.139.173.130 )

      チャンス構築率が下がらず、得点に直結するようトップの選手達が計算出来るようになれば、いよいよザイオンの出番がグッと増すでしょうね。
      来期に期待。

      2022年10月27日 19:37

コメントを書き込む