ゲーム

『(前半は)なかなか最後のバイタル近くの精度、質が足りなかった。後半は修正でき、良いプレーができた(リカルド監督)』ルヴァン杯 C大阪vs浦和 監督コメント抜粋

ルヴァンカップ準決勝第1戦「セレッソ大阪vs浦和レッズ」の監督会見を引用紹介させていただきます。

 

ここで紹介しているのはコメントの一部です。
全文は引用元の
浦和レッズ公式
Jリーグ公式
をご参照ください。

 

監督コメント(Jリーグ)

[ リカルド ロドリゲス監督 ]
立ち上がりすぐに失点してしまった。上門(知樹)選手は彼がJ2でプレーしていたときから知っていた選手ですが、得意なミドルシュートでやられてしまった。前半、われわれは小泉(佳穂)のGKとの1対1はあったのですが、それくらいが唯一のチャンスで、なかなか最後のバイタル近くの精度、質が足りなかったと思います。

ただ、後半は修正できました。良いプレーができたと思います。ゴールもそうですし、2点目に近い展開までいくつか持っていけたと思います。ただ、セレッソ側にも決めてもおかしくない場面があったことも事実で、加藤(陸次樹)選手に決められてもおかしくない状況もありました。そこは改善点です。ただ、チームはよくプレーしてくれました。わずかにアドバンテージがわれわれの方にあると思います。日曜の試合に向けて切り替えて、最大限の力を出して、勝利を目指していければと思います。

 

リカルド ロドリゲス監督 C大阪戦試合後会見(浦和レッズ)


※画像はサイトのスクリーンショットです。

[質疑応答]
(小泉佳穂選手が交代した際、少し納得していないリアクションを取っていて、話をしていた。あの場面ではどんな話があったのか? また、彼とロッカールームやベンチで話して、そのことは解決しているか?)
「彼が交代したとき、納得していない表情でしたが、非常にいいプレーをしていたと伝えました。ただ、彼が足をつりかけていたこともあり、そうした部分もあって、次の試合もありますので交代しました。そうしたことを彼が交代した後も話していまして、その点は解決しています」

 

監督コメント(Jリーグ)

[ 小菊 昭雄監督 ]
前半は早い時間帯に先制して、リーグ戦の2試合と同様、意図的に守備から入ってゲームをコントロールする。そういった前半だったと思います。後半は少しブロックが下がり過ぎて、相手の時間帯が増えたことは次の試合に向けた反省点です。次はシンプルに点を取りにいかないといけないゲームになりました。重心を前に、攻守に前に、そういった準備をしたいと思います。

川崎Fとの準々決勝もホームで1-1でスタートしました。そしてアウェイで、劇的なゴールで準決勝に進むことができましたので、この結果は決してネガティブに思っていません。次、シンプルに点を取りにいく、勝ちにいく、そういったゲームをしたいと思います。

 

コメント

  1. 1 ウラワ(IP:222.224.216.172 )

    前半事故みたいな先制点取られて厳しい展開になったが良く追い付いた出来れば勝ち越したがったが、第二戦はホーム埼スタ勝つしかないぞ

    このコメントに返信

    2022年09月22日 08:09

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:106.146.96.57 )

    控えにFWいないのはおかしいやろ
    木原はどうした?
    大学生FWはとらないのか?

    このコメントに返信

    2022年09月23日 08:21

コメントを書き込む