ニュース

『ゴール前で泥臭さを出す姿勢は大事(西川)』『福島戦に向けて集中』など【浦和レッズネタまとめ(5/30)】

5/30のネット上にある浦和関連ネタまとめです。

 

西川「『ここから行くぞ』という姿勢を見せなければいけない」(浦和レッズ)

【西川周作】
(チームはなかなかゴールを奪えず、勝てていない状況だが、その一方で多くの試合を無失点に抑えている状況をどう捉えているか?)
「J1リーグでここ9試合、勝ててはいないものの、勝てていないときは失点が多かったり、負け試合が多かったりしますが、今は失点数を見ても、16試合16失点、最低限のラインではあると思っています。0-0の試合が続いたので、ゴール数が物足りないということは結果として出ていますので、しっかりと受け入れなければいけませんが、失点がそんなに多くないということは、積み重ねてやれていることだと思います。1本決めることができれば流れは間違いなく変わってくると思いますし、5月は全て勝つという気持ちで柏レイソル戦から挑みました。なかなか勝てていない状況ですが、内容は後ろから見ていてもいいと感じます。結果の世界で勝つ姿をファン・サポーターの方々に見せると約束していますので、次は天皇杯になりますが、連覇に向けた次の戦い、そして福島ユナイテッドFC戦での勝利をJ1リーグにもつなげていきたいと思っています」

(後ろからのビルドアップで攻撃を組み立て、縦パスや斜めのパスで攻撃のスイッチを入れるところまでは非常によくできていると思うが、相手ゴール前で何が足りないのか?)
「GKとしての立場で考えますと、一番怖いのはシュートだと思います。シュートを打つ姿勢や、グラウンダーの速いクロスを入れてニアサイドでつぶれる選手が少ないということが物足りない部分だと思います。トレーニングでは行っていますが、試合に出ていないということは、意識の問題だと思います。トレーニングしている分、みんなでもっと共通意識を持ち、ニアで潰れる選手がいてファーサイドの選手が決めるというような、ゴール前で泥臭さを出す姿勢は大事だと思っています」

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:49.98.174.164 )

    練習でやってる事が試合では出てこない。意識の問題って、アマチュアなら分かるが、仮にもあんたらはプロでしょ?どんだけメンタルお豆腐なんだよ

    このコメントに返信

    2022年05月30日 10:30

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:49.98.39.96 )

    今季、本当に降格するのではないかと内心ドキドキしている。
    残留ラインを36点とすると残り18試合で7勝の勝ち点21点が必要なのだが、16試合でたったの2勝しかしておらず、しかも無得点の試合が11試合もある。
    その上リカルドは戦い方を変える事はしないと公言している。
    このままただ継続をするだけで残留出来るのか本当に不安なんだよね。
    そして1番ダメなのが6月下旬から始まる7連戦の最中での更迭。
    フロントがあと二、三試合見てから判断すると考えているのならこの中断期間中の今更迭をするべきだと思う。

    このコメントに返信

    2022年05月30日 10:40

    • 2.1 匿名の浦和サポ(IP:49.98.133.205 )

      無得点試合は16試合中で8試合では?
      今季リーグ自体が引き分けが例年より1割多く全体の1/3とか。全体に勝点が伸びにくいシーズンで、残留ラインを36とする根拠もよくわからない。16節までに7勝したのは6チーム、残り18節で7勝できるチームがいくつあるか。
      連戦は天皇杯を順当に勝ち上がると6月に3連戦、7月前半に5連戦で、6月末の最下位神戸戦後や7月半ばの16位清水戦後にも見直すタイミングはある。
      リカルド即時更迭の機運を高めるために徒に不安を煽っているとしか見えないな。

      2022年05月30日 12:06

  3. 3 匿名の浦和サポ(IP:180.199.114.112 )

    まっ勝っても1点取って
    1-0だね
    それから引き分けでPKで勝つみたいな

    このコメントに返信

    2022年05月30日 10:43

  4. 4 匿名の浦和サポ(IP:42.144.152.167 )

    いや、意識の問題と言うよりもそれまでのプロセスの問題なんじゃないの?追い越す動きだったり、後ろで時間と人数使うから。プロの西川が言うんだからそっちの方が正しいのだと思うけど。

    このコメントに返信

    2022年05月30日 10:43

  5. 5 サポ(IP:1.75.241.75 )

    やってもらうしかない。
    選手たちに
    サポとしては……

    このコメントに返信

    2022年05月30日 10:46

  6. 7 匿名の浦和サポ(IP:119.106.98.133 )

    実際浦和のここまでの失点16はリーグで8本の指に入る少なさ(16点の同順位チームが4チーム)
    因みに福岡は失点10と断トツで失点が少ないチームではあった。
    ユンカーまで欠いた今の浦和の得点能力では、
    福岡の鉄壁を崩すのは難しいミッションだったというのは正直ある。
    マリ、鹿、東京といった現在の上位陣とも割といい戦いは出来て引き分けている。ゼロックスでも一応川崎には勝った。
    寧ろガンバ、神戸、清水などの下位相手に勝ち点を落としたことが現在の順位になってしまった大きな要因。
    守備に関しては一定の結果が出ているし、西川の言うように最後のところで泥臭さをもっと出してもらいたい。
    一点入れば流れは変わると思う。
    序盤はレッドなども続いたし今は怪我人も多い。
    シーズンの長いスパンで見た時に、怪我人の復帰が少しずつあるだけで自然とチームは上向きになるとは思う。
    選手も監督も辛いと思うけどここが耐えどき。
    浦和は昨日から急に暑いが、新外国人勢含めみんな本当に頑張ってほしい。

    このコメントに返信

    2022年05月30日 10:49

    • 7.1 匿名の浦和サポ(IP:106.146.10.182 )

      いやいや、そもそも失点が少ないとは言えないでしょ。
      リーグ8本って。。。

      2022年05月30日 11:10

    • 7.2 匿名の浦和サポ(IP:49.98.135.118 )

      福岡広島柏東京に次ぐリーグ5位タイでも失点少ない方でないのか?

      2022年05月30日 12:57

    • 7.3 匿名の浦和サポ(IP:119.106.98.133 )

      ワーストから挙げると
      札幌26失点
      磐田25失点
      清水24失点
      湘南23失点
      神戸22失点
      この辺が失点の多いチーム
      ショルツの頑張りに依るところが大きいと感じているし、そこは少し調べれば数字で出ているように失点数の少なさは18チーム中5位タイ。
      7.1さんは何を見て言ってるの?

      2022年05月30日 14:02

    • 7.4 匿名の浦和サポ(IP:106.146.10.43 )

      だから、それが誇れるほどの数字なのか、ということ。
      基準の違いだね。
      まして、他チームは点を取りながら失点を抑えているわけですよ。
      今、浦和の失点がリーグの中でマシな方だとしても、だからと言って今後に向けた安心材料になるわけではないことを付け加えます。

      2022年05月30日 16:14

  7. 8 匿名の浦和サポ(IP:124.208.111.200 )

    そりゃ前線にボールを運んでも詰まったらまた最終ラインまでボールを戻してチンタラ回してるようなサッカーしてたら失点は減るだろうさ
    ほぼ自動降格圏内のチームのキャプテンなのにこの危機感の無さ
    今年の西川自体のプレーレベルは上がったなと思うが、浦和というものを理解していない
    試合に出てて責任感や覚悟を感じられるのがショレを筆頭にユンカー、大畑くらいしかいないのが本当に残念

    このコメントに返信

    2022年05月30日 10:53

  8. 9 匿名の浦和サポ(IP:1.72.1.48 )

    もう何言っても心に刺さらないだよな。
    後は結果だけ・・寂しい関係だ。

    このコメントに返信

    2022年05月30日 11:35

  9. 10 匿名の浦和サポ(IP:138.64.86.15 )

    なんだろう。どうしても、彼の言葉にはチームをなんとかしようという必死さが感じられないのですよね。チームの状況を憂う気持ちよりも、自分のパフォーマンスが向上している喜びの方が上回っている様に聞こえてしまう。
    必要以上に現状をネガティブに捉える事は危険だけど、それ以上に、楽観的すぎる彼がキャプテンを続けていく事に危機感を感じてしまう。

    このコメントに返信

    2022年05月30日 22:52

  10. 11 匿名の浦和サポ(IP:49.104.31.214 )

    何年、同じ事聞いてるかな、、、、

    このコメントに返信

    2022年05月30日 23:39

コメントを書き込む