コラム

『重くなってきた手拍子とVARの良い変化』浦和vsG大阪【山中伊知郎の素人目線2021】

■客層の変化に喜びを感じる

自転車を走らせると、あちこちにススキ。秋だ。幸い、曇天ながら雨も降らず、バックにはレインコートを入れてはいたが、使わずにすんだ。

埼スタの駐輪自転車の数も、5千人限定のころに比べて、やはり増えてる。

東京で用があったため、埼スタ到着は試合開始20分前くらい。スタンドに出たところで、ちょうど先発メンバーの発表があった。

なんときょうの明本はFW。あっちやったりこっちやったり、本当に忙しい男だ。私の知り合いでも、ある会社の社長さんで、不動産から飲食業、動画の制作からアパレル、アクセサリー販売など、様々なビジネスに手を出し、年がら年中仕事の打ち合わせをこなしてる上、時間があればスマホで株やFXの取引やってる人がいる。典型的な「仕事大好き人間」なのだが、明本にもその匂いがある。

試合が始まると、FWで出ようがDFで出ようが、前にうしろにと骨惜しみせずに動き回るのだから。

南側ゴール裏からスタンド見回すと、アッパーが無人なのは寂しいとして、北側のゴール裏が、だいぶ埋まってる感じになっているのは、少し嬉しい。心なしか太鼓や拍手の音も「重く」なってる気がする。

単なる気のせいかもしれないが、きょうの南側が妙に女性比率が高い。私の隣の席にいたのも中年の女の人だし、二列前にも若い女性がいた。見た印象は5人に1人くらい。多くは、以前なら立って熱烈声援を送っていた、というほどのホットな匂いはせず、しかし埼スタには何度も来ているような雰囲気はある人たち。熱烈の応援の輪に加わるのは気おくれするけど、レッズは大好き、といった層なのかな。5千人が1万人になると、こういう人たちが増えていくのかも。やはり嬉しい。ストレートに一句、

女性ファン  増えてうれしい  ゴール裏

 

■アディショナルタイムの攻防に大興奮

まさにきょう、私が座った席は、ほぼゴールの真裏に近かった。

だから、前半15分くらいまでの、レッズの怒涛の攻撃、何度も何度もシュートを放って、しかし一点もとれなかった様子は、ほぼ目の前で見た。明本はもちろん江坂も関根も、みんなよく動いていたし、山中のクロスもピンポイントで来てたんで、1点とはいわず、2~3点とってもおかしくないくらいの勢いだったんだけど。

だいぶイライラさせられた後に、突然の明本負傷交代も来た。きょうは私からも最も見やすいポジションで、右へ左へ、手も上げつつ「こっちにパスをくれ」と動きまくる「仕事大好き」っぷりを披露していただけに、いきなりの交代は衝撃的ですらあった。明本の運動量がロドリゲス・サッカーの「エンジン」ともいわれているのだから。

エンジンも  働きすぎで  一休み

軽症であってほしい。

主導権をガンバに奪われたり、また引き戻したりしながらも、どちらも点はとれない。こういうのは相撲でいうと「がっぷり四つ」ではなくて、突いたり押したりいなしたりしながらも、どちらも土俵の外にも出ず、前に落ちたりもしない状態かな。

後半は、場所的にレッズの守備陣がよく見えたわけだが、ヴィッセルにボコボコにされた時みたいなバランス崩壊はなかったし、相変わらず酒井は、スキあればボールを奪い去る迫力もあったし、どんどん攻撃にも行ってた。

とにかくルヴァン杯準決勝負けも含めて、ここ数試合の得点力の低下こそが不安のタネだ。ユンカーみたいな選手を、またもう一人、捜してこないといけないのかな。ラファエル・シルバといい、レオナルドといい、レッズは「年俸もそんなに高くなくて、いいところで点を決めてくれるちょうどいい選手」を見つけてくる実績はある。ACL出場権獲得に向けて、果たして手を打ってくるか?

「新たな点取り屋も必要かな」ともろもろ考えているうち、試合も終了に近づいて、いきなりVARで進行がストップした。向こう側のゴール前で起きた出来事なので詳細がわからなかったら、今回はさすがにオーロラビジョンで、ガンバ側がハンドだったらしい映像も出た。これはありがたい。今までVARになっても、いったい何がどう問題なのかさっぱりわからなくて、置いてきぼりにされた気分だったし。

ビジョンに映れば、スタンドの観客も語れる。「これは絶対PKだよ」「PKじゃなきゃ、
許せない」と私のまわりの人たちも嬉しそう。

それで江坂がしっかりPKを決めてハッピーエンドの一戦かと思いきや、なんと恐るべきどんでん返しが待ち構えていたのだから、サッカーは奥が深い。

すぐ次がレッズ側のハンドで、ガンバPK。南側のスタンドで、前のガンバのハンドには、「あんなの、ハンドに決まってる」と力んでた人が、「ま、おあいこだから、仕方ないな」とシュンとしていたのが印象的だった。とったらとられ返す、まさしく「PK返し」を決められてしまったのだ。風で左右に揺れるススキの穂じゃないが、勝利の女神は右へ左に、気まぐれなのだ。

おあいこの  PK返しは  ススキの穂

それからのアディショナルタイムでの両チームの攻防は、すさまじかった。目立ったのがガンバのGK東口の、守りっぷりだ。1点どころか2点くらい入りそうなシーンをことごとく止めてる。J2陥落の危機感もあるのかな。きょうの東口は、ACLを狙うレッズ側からしたら「いい迷惑」なくらいに当たっていた。

また止めた  いい迷惑な  東口

勝ちきれなかったのは残念だとしても、最後の数分間、予想もしてなかった白熱した試合を見られたのはラッキーと考えるべきかもしれない。「PK返し」あり、「白熱攻防」ありで、ひょっとして、アディショナルタイムの間については、今年のベストバウトだったかもしれないくらい。

勝ってほしいのは当然としても、見てテンションがあがる試合をしてほしいのも観客としての自然の感情。きょうは終盤になって、一気にテンション上がった。

興奮を引きづりつつ、自転車で帰路につく。途中、またススキの横を通る。風に逆らわずにフワフワ動くススキを前に、ちょっと興奮はおさまった。力んでもしょうがない。なるようになるって感覚か。

 

よかったら、これを読んでいる方でも、コメント欄にどしどし「レッズ川柳」、投稿してみてください。シーズンオフになったら、本当に川柳句会でもやりましょう。

 

動画:『浦和レッズ川柳9月』川崎戦とC大阪戦を振り返る

 

山中伊知郎

1993年のJリーグ開幕から、レッズの年間シート席をもっている。 山中企画という「ひとり出版社」を作って活動中。昨年10月、『タブレット純のムードコーラス聖地純礼』という本を出した。今までどこも出していなかった「ムードコーラス」の歴史を克明に追った本で、マヒナスターズ、東京ロマンチカなどメジャーなグループから、誰も知らないようなマイナーグループまで続々登場。今年は4月に、東洋医学医師で腸のオーソリティでもある田中保郎さんの『腸を診る医学  コロナに必要なのは東洋医学の「調整力」!?』という本を出した。どんどん形を変えていくコロナウイルス対策としては、ワクチンに頼るだけでなく、東洋医学を使ってウイルスとの「共存」をはかるべき、といった内容だ。YouTubeで、田中先生との対談をアップしたりもしている。

コメント

  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:60.109.151.73 )

    万歳が 三分後には ため息に

    このコメントに返信

    2021年10月17日 18:59

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:60.72.44.93 )

    「多くは、以前なら立って熱烈声援を送っていた、というほどのホットな匂いはせず、しかし埼スタには何度も来ているような雰囲気はある人たち。熱烈の応援の輪に加わるのは気おくれするけど、レッズは大好き、といった層なのかな。5千人が1万人になると、こういう人たちが増えていくのかも。やはり嬉しい。」

    このコメントに返信

    2021年10月17日 19:53

  3. 3 匿名の浦和サポ(IP:36.14.116.40 )

    引き分けも 負けた様な この心境

    このコメントに返信

    2021年10月17日 20:32

  4. 4 匿名の浦和サポ(IP:222.6.63.164 )

    山中と ショルツのデュエルは 輝いた

    このコメントに返信

    2021年10月17日 21:41

  5. 5 匿名の浦和サポ(IP:222.6.63.164 )

    アッパーの コレオが叫ぶ 決めきれと

    このコメントに返信

    2021年10月17日 21:48

  6. 6 匿名の浦和サポ(IP:60.47.47.240 )

    ゴール前、とっさに手が出る 足が出る

    このコメントに返信

    2021年10月17日 22:46

  7. 7 匿名の浦和サポ(IP:60.47.47.240 )

    ゼロトップ PKゼロなら ゼロ得点

    このコメントに返信

    2021年10月17日 22:49

  8. 8 匿名の浦和サポ(IP:27.94.108.13 )

    「全北に 達也の躍動 思い出し」

    ACLは蔚山と浦項ですね。ACL見てて07年の全北戦、達也の躍動を思い出しました。二代目も頑張れ、追いつけ追い越せ。

    このコメントに返信

    2021年10月17日 23:10

  9. 9 匿名の浦和サポ(IP:111.239.184.147 )

    シュート撃つ スタンド沸くけど 枠行かず

    このコメントに返信

    2021年10月18日 02:50

コメントを書き込む