コラム

8月は苦戦続きと思ったら。あるデータで示された浦和レッズ勝利の理由【清水英斗さん浦和レッズコラム】

今シーズンより清水英斗さんの浦和レッズ試合コラムが復活します!

 

■苦労しながらも前進するチーム作り

東京五輪の終了後、8月9日から月末までにリーグ戦5試合、天皇杯1試合で計6試合。真夏に週2ペースで組まれた過密日程を、浦和は4勝1分け1敗(リーグは3勝1分け1敗)で乗り切った。

ゲーム内容は満足できるものではなく、勝った試合はすべて1点差。しかし、今の浦和が置かれた状況を考えれば、この結果は上々と言っていいはずだ。

浦和は今夏、酒井宏樹、江坂任、アレクサンダー・ショルツ、平野佑一、木下康介など、他クラブが羨むほどのビッグネームを含む補強を次々と成功させた。一方で、これだけ新加入選手が一気に増えれば、チーム作りは時間を要する。本来ならば、浦和は五輪の期間中に1日2回の2部練習を組み、チームを再構築する予定だった。

ところが、その期間中に浦和はコロナ陽性者が出てしまい、活動がストップ。予定通りにトレーニングを実施できなかったとリカルド・ロドリゲス監督の焦りと不安が募る中、J1は再開した。

最初に札幌に敗れたとき、内容が非常に悪かったので、個人的には2、3連敗もあり得ると感じた。しかし、予想に反して、続く鳥栖戦、徳島戦、広島戦を3連勝。目標のACL出場圏内へ向け、浦和は今季の望みをつないだ。

元々リカルド・ロドリゲス監督のチーム作りは、初速が早いほうではない。一般的に一つの戦術を徹底して叩き込むチーム作りは、初速が早くなる傾向があるが、リカルド・ロドリゲス監督の場合、対戦相手の戦術を踏まえて試合ごと、時間帯ごとに攻守のやり方を変えるため、戦術の浸透は時間がかかりがちだ。じわじわと染み渡るようなチーム作りなので、ロケットスタート、とはいかない。

それでも、効果は少しずつ出始めた。連係やコンディションに苦しむ浦和は試合全体では低調ながらも、相手を見ながら急所を突くプレーは必ず作っている。

たとえば鳥栖戦で言えば、3バックを高く保って守備をする相手に対し、浦和は江坂が中盤のすき間で中継点になりつつ、相手が空けている両サイドのスペースを田中達也らが突く形が何度も見られた。鳥栖がアグレッシブに戦おうとする構造上、必ず空いてくる箇所を、浦和は丁寧に突いている。回数や時間は物足りなくても、リカルド・ロドリゲスのチームらしさ、その匂いは感じ取れる。

また、徳島戦で相手の4-2-3-1の守備は、浦和の3枚回しに対し、ダブルボランチがサイドの高い位置にプレスに出て来たため、その背後にスペースが空いた。あるいは湘南も形は3-1-4-2だが、中盤真ん中の3人は前にプレスに出てくるため、その背後にスペースが空く。そこを突けば、相手の最終ラインを晒すことが出来る。その点で江坂は巧みな間受けで起点を作り、相手にとって嫌なスペースで働き続けている。その回数を増やす必要はあるが、ねらいが見えるプレーはいくつもあった。

一方、広島戦では守備面で序盤にハイプレスを行い、相手3バックに対してキャスパー・ユンカーと明本考浩が縦関係になり、ユンカーと両サイドハーフの関根、江坂が3バックへ、明本がボランチを見る形で人をかみ合わせた。これは浦和に勢いを与え、先制ゴールにつながった。一方、湘南戦も相手は同じく3バックを敷くチームだったが、この試合では、人のかみ合わせを行っていない。ハイプレスを避け、中盤で構える形を取った。自分たちのコンディション、相手の特徴を考慮した上での戦略だろう。

浦和は毎試合、相手に合わせたねらいを持ち、柔軟に戦っているのが印象的だ。そして、はまらなければ必ず試合中に修正する。

 

■ゴール期待値が示す新たなサッカーの見方

もっとも、現状はそのねらいがはまる回数は物足りず、相手に主導権を握られる時間は長い。サポーターにとってはやきもきしつつも、勝ち点3にホッとする。そんな8月だったかもしれない。「3連勝したが、3連敗でもおかしくなかった」と考える人も少なくないようだ。

主導権を握られる時間が長いので、そう考えるのは理解できるが、しかし、『Football LAB』が2020年から掲載しているゴール期待値によれば、浦和は結果に値するプレーはしている。

ゴール期待値というのは、状況ごとに異なるシュートの成功確率を表すもので、「シュートが入ったか、入っていないか」という時の運に左右される要素を排除し、純粋にどれだけゴールに近づいたのか、どれだけ濃いシュートチャンスを作り出したのかを表す指標だ。

Football LAB』では、その算出に用いるデータを次のように公表している。

●空中戦に勝利したか否か
●シュート時に使用した体の部位
●タッチ種別(ワンタッチ、ツータッチ以上、セットプレー、その他)
●プレーパターン(直接CK、直接FK、PK、オープンプレー)
●ゴールへの距離
●シュートの角度

当然、ゴールへの距離が近ければ、ゴール期待値は上がる。また、シュートの角度が広ければ、ゴール期待値は上がる。シュートに使用した部位も、同じ場所なら頭より足のほうがゴール期待値は上がるはず。

上記のような要素を加味しながら、AIが当該シュートにおける成功率を算出する。それを1試合で合計すれば、そのチームが挙げる1試合のゴール期待値となるわけだ。

正直、よく見られるシュート数や枠内シュートといったスタッツは、あまり参考にならない。全く可能性を感じないロングシュートも、外した選手が地面に顔を伏せるほどの超至近距離のシュートも、弱々しいゴロの枠内シュートも、GKがスーパーセーブで防いだ枠内シュートも、全部「1本」と数えてしまう。多ければゴールに近いとは、必ずしも言えない。

その意味で、当該場面におけるシュートの成功率をAIが算出するゴール期待値は、実際の試合状況を反映しやすい。すでに欧州サッカーでは広く取り入れられ、信用度の高いスタッツになっている。

さて。そのゴール期待値で、8月の浦和のリーグ戦4試合を見てみると、『Football LAB』では次のようになっている。

23節 対札幌(1-2)負け ゴール期待値:0.406:1.285
24節 対鳥栖(2-1)勝ち ゴール期待値:1.725:0.782
25節 対徳島(1-0)勝ち ゴール期待値:1.079:0.606
26節 対広島(1-0)勝ち ゴール期待値:1.494:0.627
27節 対湘南(0-0)分け ゴール期待値:0.642:1.107
※左側の数値が浦和

札幌戦は明らかに劣っており、敗戦は妥当。しかし、その後の勝った3試合は全部、浦和がゴール期待値で上回っている。特に鳥栖戦と広島戦は1に近い差をつけているので、1点差の勝利は妥当だ。主導権を握られた印象はあるかもしれないが、浦和は要所で相手を攻め、要所で守った結果、このようなゴール期待値になっているのだろう。

一方、徳島戦は0.5ほど上回って勝利を得たが、その差は小さかった。また、湘南戦は引き分けだが、0.5ほど上回られている。この2試合を相殺すれば、ゴール期待値としては、2戦2引き分けが妥当かもしれない。

つまり、8月のリーグ戦、3勝1分け1敗は、ゴール期待値的に換算すれば、2勝2分け1敗。少し運が味方したのは確かだが、「3連敗でもおかしくない」とまでネガティブになる必要はない。

時間帯によるパフォーマンスの差が大きすぎて、あるいは結果と印象が乖離してしまって、「正直うちのチームはうまくいっているのだろうか? それとも全然ダメなんだろうか」と不安や混乱を抱くことはあるだろう。

そんなときは、この『ゴール期待値』を参考にすると良いかもしれない。

 

 

清水 英斗(しみず・ひでと)
サッカーライター。1979年生まれ、岐阜県下呂市出身。プレイヤー目線でサッカーを分析する独自の観点が魅力。著書に『日本サッカーを強くする観戦力』、『サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術』、『サッカー守備DF&GK練習メニュー 100』など。

コメント

  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:220.254.180.23 )

    「前進するチーム作り」本当にそうだなと感じます。
    昨日の代表監督と比べても、リカ監督は、「柔軟性」「修正力」に秀でて、試合の中で、人やシステム、並びを替えて、対応している。
    素晴らしい監督とチームに、今は期待しかないな。

    このコメントに返信

    2021年09月03日 12:57

    • 1.1 シーチケ所有者(IP:59.138.21.23 )

      中断期間中に満足な戦術練習ができなかったため、試合をこなしながら新戦力を含めてなじませていくしかない。その結果、押し込まる時間は増えたが、結果は残している。先に合流した江坂はもちろん、平野も持ち味を出し始めた。先日の川崎戦では、3月とは全く違う戦いができた。上位、3位を争うチームとの直接対決が控える今後に向けて希望が持ててきた。

      2021年09月03日 13:26

  2. 2 シーチケ所有者(IP:59.138.21.23 )

    たびたび申し訳ございません。押し込まれているようでいて、相手の急所はちゃんと突いている。苦しみながらも得た8月の勝ち点は、終盤に生きてくるはず。
    それと、ケガで出場微妙な選手と事前合宿に間に合わない選手を招集した代表監督を見ると、少しでもコンディションに問題があれば起用しないリカ監督の力がわかろうというもの。

    このコメントに返信

    2021年09月03日 13:37

  3. 3 匿名の浦和サポ(IP:113.154.92.244 )

    長文だけど、ちゃんと読みましょう!
    この意見が合ってるかは各自判断するとして、そういう見方もあるという意味でお勉強になりますので。

    このコメントに返信

    2021年09月03日 15:50

  4. 4 匿名の浦和サポ(IP:133.106.36.133 )

    ゴール期待値は必要ないかな。期待値低い徳島の方が見てて楽しかったろうし、期待値高くてもゴール決まらなければ0でも同じだし。

    このコメントに返信

    2021年09月03日 19:39

    • 4.1 匿名の浦和サポ(IP:49.98.160.197 )

      ちなみにSPORTERIAであればキックオフからの時間経過とともにゴール期待値(xG)の積算値が見れる。
      全時間帯でxGで相手を上回った広島戦とは違って、鳥栖戦徳島戦は相手に上回られる時間帯の方が長く後半途中で逆転したのがわかる。
      試合終了後の最終的な数値だけ見るよりもより実感に合ってて参考になるのかも。

      2021年09月04日 14:05

  5. 5 匿名の浦和サポ(IP:60.47.47.240 )

    昔から夏の連戦に弱かったこともあり、0-1でも勝てば満足。
    数値の分析で試合の面白さが増すかどうかは別にして、ゴール期待値というものを教えていただき、勉強になりました。

    このコメントに返信

    2021年09月04日 00:46

  6. 6 匿名の浦和サポ(IP:123.225.221.131 )

    江坂が来てくれて本当に良かった

    このコメントに返信

    2021年09月04日 02:52

  7. 7 匿名の浦和サポ(IP:14.12.33.0 )

    守備陣ががんばっているからというのが大きい理由じゃないかな

    このコメントに返信

    2021年09月04日 08:17

    • 7.1 匿名の浦和サポ(IP:1.75.204.16 )

      守備と攻撃はリンクしているものですよ

      2021年09月04日 09:02

    • 7.2 匿名の浦和サポ(IP:49.97.99.82 )

      守備面の指標は被ゴール期待値(xGA)の方に注目すればいいのでは。
      xGAを下げるには10人でのプレッシングで相手にボールを持たせない、ゴールに近づかせない、決定機自体を作らせないことも重要で、決定機で体張ってシュート打たせない的な守備陣のがんばりだけでは改善しない数値でないのかな。

      2021年09月04日 13:39

  8. 8 匿名の浦和サポ(IP:211.15.235.105 )

    実際のところ、相手にシュートを沢山打たれたとしても、エリア外から明らかに枠外に大きく外れたのが多ければ全然やられている感じはしないし、シュート数は少なくても、守備が完全に崩されてギリギリでブロックしたような場面の方がヤバい感じはする。
    さすがは清水さん、ゴール期待値について正しく解説してくれて勉強になる。

    このコメントに返信

    2021年09月04日 17:45

コメントを書き込む