ニュース

酒井宏樹を欠いて挑む、準々決勝NZ戦。代役が期待される橋岡大樹に何ができるか?(清水英斗)

浦議チャンネルでおなじみの清水英斗さんによる日本代表コラムを一部紹介させていただきます。
(全文はリンク先をご参照ください)


酒井宏樹を欠いて挑む、準々決勝NZ戦。代役が期待される橋岡大樹に何ができるか?(Yahoo!ニュース個人)

東京五輪サッカー・グループステージ第3戦、男子日本はフランスに4-0で勝利を収め、3連勝でA組を首位通過した。

 

まさに完勝、である。メキシコ戦の日本は後半に2-0から3点目をねらい続けて、2-1に詰め寄られ、終盤はあわや引き分けかと冷や汗をかきつつも、多少の苦みを含む勝ち点3を得た。しかし、フランス戦はそんなスリルもなく、まさに圧勝。

 

突破条件として2点差を付けて勝たなければならないフランスに対し、日本は落ち着いてボールを支配。相手がプレッシングに出てきた瞬間、その背後を突く縦パスを入れ、効果的にゲームを組み立てた。そして前半から1点、2点とゴールを重ねるうちに、相手の牙をへし折っていく。リスクマネジメントの効いた、“大人のサッカー”だった。

 

また、盤石の試合運びを行ったことで、これまで2戦連続フル出場していた久保建英を、前半45分のみで休ませることができたのも大きい。後半途中には遠藤航、堂安律、田中碧もベンチに下がり、多少なりともコンディションに配慮することができた。

 

非の打ち所がないフランス戦。

 

ただし、一つだけ困った点を挙げるなら、前半44分に酒井宏樹が通算2枚目のイエローカードを受けてしまい、次戦31日に行われる準々決勝、ニュージーランド戦は出場停止になったことだ。

 

前半34分に上田綺世のシュートのこぼれ球に詰め、チーム2点目のゴールを挙げたように、酒井の爆発的なオーバーラップは、日本の大きな武器になっていた。

 

また、それ以上に酒井の1対1の強さは、「落ち着いて見ていられる」と数多の解説者を唸らせてきた。酒井が先陣を切ってデュエルに立ち向かい、その背中を見せて若い味方選手を引っ張るような存在でもあった。その酒井を欠くのは痛い。もちろん、チームに絶対に必要な3人として指名されたオーバーエイジの1人なのだから、欠くのが痛いのは当たり前だが。

 

ただし、イエローカードをもらう時間帯が早かったのは、不幸中の幸いかもしれない。森保監督は後半10分に酒井をベンチに下げ、代役と見られる橋岡大樹を投入。初出場の選手の慣らし運転を行う余裕があった。

 

また、橋岡が投入直後に見せたプレーも期待感があった。

 

続きはこちら