ニュース

深刻に捉える必要はなし、でも来年は絶対に勝たないといけない試合【轡田哲朗レッズレビュー/J21節仙台戦】(浦レポ)

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。


深刻に捉える必要はなし、でも来年は絶対に勝たないといけない試合【轡田哲朗レッズレビュー/J21節仙台戦】(浦レポ)

(Report by 轡田哲朗)

浦和は汰木がスタメンに復帰し、仙台は結局4バック

浦和レッズは3日のリーグ第21節ベガルタ仙台戦を0-0で引き分けた。ハッキリと決定機と言える数の回数で言うと3回、入ってもおかしくないくらいまで幅を広げたビッグチャンスの数だと7回か8回あった試合だった。この回数のカウントは人によってブレがあるだろうけど、仙台はそれが1回だった。だから、時々やる形の表現をすれば、勝ち点2.5くらいの試合内容だったと言える。それこそ、もっと少ないチャンスのうち1つ、2つを決めて勝った試合の方が多い。

スタメンはサイドハーフが田中達也と汰木康也の組み合わせで、大久保智明はベンチからも外れた。また、センターバックの一角がトーマス・デンで、岩波拓也がベンチスタートだった。あまり勝った試合からはいじらないリカルド・ロドリゲス監督だけれども、3連戦を1セットとしながら、間に1週間のトレーニングがある時はその状態を見る要素も入ってくる。そういう意味では、汰木やデンはその期間に良いアピールができたということだろう。

一方の仙台は、3バックという可能性も浮上していたが蓋を開ければ、手倉森誠監督の代名詞とも言える堅い4-4-2だった。無理に出てくるわけではなくリアクションから組み立てていくという点では、エンターテインメント性のあるサッカーではないけれども、残留するところから考えれば現実的な選択肢なのだろう。

続きはこちら