ゲーム

『今まで以上に緊張感、一試合の重み、ワンセーブの重みを感じながら、ゴールを守れている(西川周作)』J1 仙台vs浦和 選手コメント抜粋

J1リーグ第21節『ベガルタ仙台vs浦和レッズ』の選手コメントを引用紹介させていただきます。

 

ここで紹介しているのはコメントの一部です。
全文は引用元の
浦和レッズ公式
Jリーグ公式
をご参照ください。

 

第21節 vs 仙台「優位に試合を進め、アウェイで勝ち点を得る」(浦和レッズ)


※画像はサイトのスクリーンショットです。

 

【西川周作】
(西川選手のファインセーブがたくさん出た試合だったが、0-0という結果を含めつつ試合を振り返ってどうだったか?)
「自分たちがボールを持てる時間が最初からありましたので、攻めているときのリスクマネジメントの声は常に掛けていましたし、相手のカウンターは注意していました。前半、自分たちにビッグチャンスがあった中で、相手のGK(ヤクブ スウォビィク)が素晴らしいセーブをしていました。そういった試合は自分たちの不用意なパスミスやセットプレーでやられてしまったりする展開になりがちですので、より集中しながら、自分はゴールを守ることだけを考えてプレーしていました」

(ペースを握る時間が長く、あとは決めるだけという試合でもあったと思うが、ゴールを決めるという点ではGKは関与が難しい。もやもやするようなところもあったかもしれないが、それでもゴールを守ることに集中していたということか?)
「ディフェンス陣が体を張ってボールをぶつけてくれていましたが、ピンチになったときは自分がしっかり止めることを意識していました。

今日の試合が終わってうれしかったのは、0-0という結果に誰も満足していなかったことです。顔を見てみても、悔しいという感情があったということで、自分たちはまだまだ上に行かなければいけない、上に行けると感じました。みんなが0-0でOKではないと思っていたと思いますし、勝って上に行く、ACL(AFCチャンピオンズリーグ)出場権を取るという意識がみんな強いと思います。J1リーグは中断まで大分(トリニータ)戦だけとなりましたが、天皇杯を含めて、いい準備をしたいと思います」

(その大分戦は西川選手にとって特別な試合になると思うが?)
「大分と試合をすることは特別な感情がありますし、その試合で勝つことを目標にしながら戦います。大分のみなさんの前でプレーすることは毎年楽しみにしていることですし、感謝の気持ちを持ちながらしっかりとプレーしたいです」

(攻めている時間が長いチームのGKは1回のピンチを決められるか止められるかで評価が決まってしまうようなところがある。今年は今まで以上のポジション争いもあることを考えれば、そういう意味で今日のプレーは大きかったと思うが、どう感じているか?)
「J1リーグで先発メンバーから外れている時間は僕にとっては非常に特別で、意味のある時間だったと思っています。僕にとっては一試合一試合が勝負だと思っていますし、チームとして勝利できれば一番ですが、今まで以上に緊張感、一試合の重み、ワンセーブの重みを感じながら、ゴールを守れていると思います」

(ミスがあっても信頼して起用してもらえるのはうれしい一方で、メンバーが代わることがあったことで違うものがあったということか?)
「いい刺激を与えられながら、僕もまだまだ成長したいと思っていますし、まだまだ目標があります。そこに向かって、(先発メンバーから外れたことは)一見遠回りに見えて近道かもしれませんし、自分がプレーで示し続けなければまた代わることもありえると思います。その争いは、緊張感を持って楽しみながらやっていきたいと思います」

 

選手コメント(Jリーグ)

【槙野智章】
(仙台に)うまく守られたなという印象ですね。数多くあったチャンスを決め切れないとカウンターも食らいますし、危ないシーンも何回かありました。ここ数試合は決め切る力、90分の中で仕留める力がありましたけど、今日は数多くあるチャンスをうまく(ヤクブ)スウォビィク選手に防がれてしまったなという印象があります。お互いが勝点3のために戦った結果なので、良い試合だったと思います。

--守備の面でも良いところがあったが、サイドチェンジや持ち運びなど攻撃の貢献も増えていると思うが。
守備についてはやることがハッキリしているので、自分の良さを最大限出せているかなとは思っています。攻撃に関して言えば、リカルド(リカルド ロドリゲス監督)に求められている仕事がボールを運ぶこととサイドを変えることなので、そこを十分に試合に応じて発揮することが仕事かなと思っています。相手ゴール前での仕事というのも自分の良さの1つだと思っていますので、チャンスがあれば顔を出していければと考えています。

 

【ヤクブ スウォビィク】
浦和という素晴らしい相手とドローに終わり、自分たちにも得点するチャンスはありましたけれども、しっかり(失点を)ゼロに抑えて、相手をリスペクトしていますがこの引き分けはとても大きかったと思います。

--守備の狙いについて。
すごくディフェンスとして素晴らしい仕事ができたと思います。ただし、以前の名古屋戦もそうですし、ホームでの横浜FM戦もそうだったのですが、上位陣を相手に良い守備をしたので、自分たちのポテンシャルを見せられたと思いますし、この守備を続けて、自分たちの攻撃をしっかり改善すれば、リーグでも上位を狙えると思っています。

 

 

コメント

  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:27.91.182.196 )

    どっちもキーパーが素晴らしかった。
    でも、チャンスの数とか考えると勝てる試合だったかな

    このコメントに返信

    2021年07月04日 08:26

  2. 2 ウラワ(IP:124.45.164.68 )

    驕ってたわけではないが、ミスからザイオンにポジションを奪われて危機感を覚えた、そこからの柏戦、福岡戦、仙台戦は守護神としての凄みを感じた、ザイオンもミスからポジションを奪い返され悔しさから闘志を出している、五輪後ハイレベルな正GK争いが見れるな

    このコメントに返信

    2021年07月04日 08:28

  3. 3 匿名の浦和サポ(IP:163.49.151.227 )

    18歳にしてU-24五輪代表に選出されている彩艶と、A代表に選出されてきた西川がしのぎを削り合うなんて、ものすごくレベルが高くて良いことだと思う。二人とも負けるなという思いだよ。

    このコメントに返信

    2021年07月04日 10:57

  4. 4 あ(IP:126.236.1.238 )

    競争しながらやるのならどっちが出ても仕方ない。去年までと違うのはここだな

    このコメントに返信

    2021年07月04日 11:37

    • 4.1 匿名の浦和サポ(IP:27.91.182.196 )

      仕方ないってどういうこと?

      2021年07月04日 17:45

  5. 5 匿名の浦和サポ(IP:133.106.36.130 )

    広島のミシャから森保、川崎の風間から鬼木は攻撃的なチームの守備にテコを入れて上手く行ったが、今年のガンバのように守備の固いチームから攻撃力を高めようとするとうまく行かない。リカサッカーを突き詰めて攻撃が機能してきた所にショルツ、酒井を補強したのは理に適ってると思う。

    このコメントに返信

    2021年07月04日 11:41

  6. 6 脳天唐竹割り(IP:59.138.21.23 )

    西川はザイオンにいったんポジションを奪われて、リーグ戦6試合、クサる事無くベンチから試合を見られたのが良かったと思う。再度出始めてからは、以前は時折見られた安易なフィードで相手にボールを渡すというシーンがほとんど無くなり、神がかったセーブが増えた。ライバルがいることの大きさを、あらためて感じた。塩田らも含め、今後も切磋琢磨してほしい。

    このコメントに返信

    2021年07月04日 13:54

  7. 7 匿名の浦和サポ(IP:126.53.86.192 )

    ザイオンが先発でないと『モチベが半減した』という毎回同じ人が書き込んでいるけど、半減しても見る価値がある試合をしているんだとポジティブに考えることにした。
    しかしビッグネームの補強がうまくいきだすと『あれいらない、あれをとれ!』という声が増えてくるなー。

    このコメントに返信

    2021年07月04日 14:10

  8. 8 匿名の浦和サポ(IP:124.208.111.200 )

    スウォビィク当たってたなあ
    西村交代してプラン狂ったって向こうの監督言ってたけど入ってきたカルドーソのほう嫌だったわ
    ボール収まりだしてライン押し上げられなくなったし
    ただあのジェスチャーにはちゃんと処分下してほしい

    このコメントに返信

    2021年07月04日 17:02

  9. 9 匿名の浦和サポ(IP:110.131.2.24 )

    何か、1敗どころか1失点しても先発が変わりそうなハイレベルな争いをしているように感じます。

    このコメントに返信

    2021年07月04日 21:14

へ返信 (or Cancel)