ニュース

強制的に上げられたプレースピードと、そこでの成長が見えた試合【轡田哲朗レッズレビュー/J20節福岡戦】(浦レポ)

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。


強制的に上げられたプレースピードと、そこでの成長が見えた試合【轡田哲朗レッズレビュー/J20節福岡戦】(浦レポ)

(Report by 轡田哲朗)

大久保が競争に加わってきたのはとても良いこと

浦和レッズは27日のリーグ第20節、アビスパ福岡戦に2-0で勝利した。5月1日の試合ではボールを圧倒的に持ちながら0-2で敗れた相手であり、リーグ戦2回り目の初戦はきっちりと「やり返す」試合になったという意味で、幸先が良いものになった。

スタメンは20日の湘南ベルマーレ戦と23日の柏レイソル戦のミックスのような感じになった。GKはその福岡戦でのミスがポジションを失うキッカケになった西川周作が、柏戦でのイレギュラーからの継続起用になった。また、左サイドハーフの大久保智明は、湘南戦が敗戦だったもののここでもう一度スタメンのチャンスを得たという点で、左サイドで縦に行ける良さをリカさんが買っているということだろうし、後半途中から出てきた汰木康也のプレーなんかを見ると良い刺激になっている感もある。そういう意味では、シーズン序盤はかなり苦しんでいたし、今も絶対的な存在に近づいたかと言われると、競争に参加し始めたという段階なのだろうけど、貴重な左利きアタッカーがゲームに絡んできているのは喜ばしい。

相手に強制されたスピードの中で、動き直し、場所の取り直しができていた

この試合のテーマにしたいところが、プレースピードと私が呼んでいるものだ。福岡の守備は4-4-2でセットしたところから始まって、2トップ主導で追い回すようなプレスを掛けるわけではない。ただ、特に2トップの横にボールホルダーが侵入するのをトリガーにして、2トップの二度追いから一気に囲い込もうとする。

 

続きはこちら