ゲーム

『時間が経つごとにチームは相手のやり方に慣れてきていた(リカルド監督)』ルヴァン杯 神戸vs浦和 監督コメント抜粋

ルヴァン杯プレーオフステージ第1戦『ヴィッセル神戸vs浦和レッズ』の監督会見を引用紹介させていただきます。

 

ここで紹介しているのはコメントの一部です。
全文は引用元の
浦和レッズ公式
Jリーグ公式
をご参照ください。

 

監督コメント(Jリーグ)

[ リカルド ロドリゲス監督 ]
まず前半は神戸が優位に試合を進めていたと思います。彼らがやり方を変えてきたこともあって、われわれがそこにうまく対応できない時間が続いてしまいました。ただその後に攻撃と守備の両方にいくつか修正を加えたところが良くなってきて、時間が経つごとにチームは相手のやり方に慣れてきていたと思います。

結果的にはわれわれが第1戦に勝利を収めて、アドバンテージを持って次の試合に挑むことができます。ただ、もちろん試合前に話したとおり180分の試合ですし、神戸も良いチームですのでわれわれも最大限の力を出して、勝利を目指して戦うことが次の試合に勝つ条件だと思います。サッカーではさまざまなことが起こるので、過信し過ぎず良いサッカーで残りの90分間を勝利で締めくくればと思います。

 

 

リカルド ロドリゲス監督 神戸戦試合後会見(浦和レッズ)


※画像はサイトのスクリーンショットです。

[質疑応答]
(神戸がやり方を変えてきた一つが3バックだと思うが、攻撃と守備の両面での修正とはどのようなものだったのか?)
「いくつか話しましたが、まずはビルドアップやそこからどうやって前進していくかという話をしていきました。相手のディフェンスの対応の仕方、振る舞いで『こういうふうにやってくるから、我々はこういうふうにボールを動かしていこう』という話をしました。その中で相手にどうダメージを与えていけるか、まずはそういった話で、修正をして、実際に選手たちはそれをうまくやってくれたと思います」

(第2戦の前には天皇杯2回戦のカターレ富山戦があるが、天皇杯の意気込みはどうか?)
「こういった試合はすごく危険なものだと思いますし、常に100パーセントの力を必要とする試合だと思います。一つひとつの失敗も許されない戦いになると思いますし、大会の特性上、一発勝負になりますので、いつもやっていることですが、我々としては最大限の力を出せるチームを組んで試合に挑めればと思っています。そして何のサプライズも起こさせないような試合を展開し、しっかり勝利したいと思います。その次の神戸との第2戦も同様に考えています」

(関根貴大選手をトップ下に置いてスタートしたが、その狙いは?)
「そもそも神戸がやり方をここまで変えてくることは想定していませんでしたので、J1リーグの戦いを見ている中で、こういったやり方をしてくるだろうと思った上で彼をあのポジションで起用しました。彼のスピードやクリエイティブなところを引き出しながらやっていこうという狙いがありました。その中で相手もやり方も変えていたので、修正しながら、今日1試合いいプレーをしてくれたと思っています」

 

監督コメント(Jリーグ)

[ 三浦 淳寛監督 ]
試合の入りは非常に良かったと思いますが、大﨑 玲央に足のアクシデントがあって、そこからちょっとプランが壊れた感じはありましたけど、とにかく失点のシーンですね。非常にもったいない失点だったと思う。まだアウェイがありますので、そこでしっかりと勝ち切れるように、またチーム1つになってやっていきたい。

--今季初の3バックを採用したが、狙いは?
しっかりと攻撃のほうに厚みを出したいと、ピッチ全体を使った攻撃を考えてトライしました。

--手ごたえは?
前半も含めて、良いところはたくさんあったと思う。試合の入りとボールの動かし方、ピッチ全体で動かす中で背後を突いてチャンスを作っていくと。そこに関しては非常に特に前半に関してはできたなという印象があります。

--後半はセルジ サンペール選手が大﨑選手のポジションを務めたが、前半の流れを継続したかったのか?
ほとんど相手にチャンスはなかったと思う。公式を見ないと分からないが、おそらく(浦和の)シュート数は2本か3本だと思う。攻撃では玲央がいたときは、サイドを変えながら、サイドで数的優位を作って背後を取っていくことに関して非常に良かった。守備でもボールの回収を含めて良かったが、前半の失点はもったいなかったですね。

 

コメント

    • 1.1 匿名の浦和サポ(IP:60.41.201.46 )

      入り方がうまくいかなくても、必ず監督が修正してくれるという安心感がある。

      2021年06月07日 14:28

  1. 2 匿名の浦和サポ(IP:118.0.232.80 )

    前までは観てて、心のどこかで今日も無理かな…って試合が多かった。最近は厳しくても持ちこたえたり、勝ちを得たり出来てきた。監督と選手たちの即効性のある修正力と応用力は近年のレッズには無かったから観ていて楽しい。

    このコメントに返信

    2021年06月07日 07:49

  2. 3 ウラワ(IP:61.193.209.55 )

    佳穂、ユンカー不在でもしっかり勝てたのはでかすぎた

    このコメントに返信

    2021年06月07日 08:16

  3. 4 匿名の浦和サポ(IP:110.131.2.24 )

    神戸はしっかり浦和対策した上でベストメンバーで臨んだみたいですね。

    それに小泉・ユンカー抜きで勝てたのは今後のチームの成長にも大きいと思います。

    このコメントに返信

    2021年06月07日 09:11

    • 4.1 匿名の浦和サポ(IP:49.98.168.77 )

      神戸は水曜に天皇杯ないから1、2戦ともベストメンバー組めるよね。
      昨日のリーグ戦がなく中9日と休養十分で全力でぶつかってくる石﨑富山は今季1敗と目下リーグ首位と好調で、水曜にJ1クラブが対戦する相手の中では1、2を争う難敵だと思うけど、リカルド監督の手腕でうまく選手をやりくりしつつ日程面の不利を跳ね返してきっちり勝ちきってほしい。

      2021年06月07日 11:33

  4. 5 匿名の浦和サポ(IP:1.66.104.230 )

    毎回飲水タイム、ハーフタイムで修正して流れが変わることに驚かされるよ

    このコメントに返信

    2021年06月07日 12:52

  5. 6 匿名の浦和サポ(IP:126.103.186.161 )

    内容はまだまだだが(期待を込めて)
    気のせいか、勝負強くなったような気がします。

    このコメントに返信

    2021年06月08日 06:49

コメントを書き込む