浦和レッズについて議論するページ

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。


クリスマスツリーにハマったビルドアップと、みんながボールを見ること【轡田哲朗レッズレビュー/J第2節鳥栖戦】(浦レポ)

 

(Report by 轡田哲朗)

組み合わせや機能性を探している段階のチーム

浦和レッズは6日のリーグ第2節、サガン鳥栖とのアウェーゲームに0-2で敗れた。プレビューでも記したように鳥栖の金明輝監督はモダンなサッカーを志向するタイプで、チームのキャラクターはリカルド・ロドリゲス監督の浦和にちょっと近い。だから真っ向勝負であったし、チームの成熟度というか、ベースから変化をつけられる割合の大きさみたいなところで差がついたなという印象の試合で、「ちょっと相手が良かったな」という感覚の残る敗戦になった。

スタメンでは右サイドに田中達也が入ったのが開幕戦から唯一の変更点で、リカさんは前日会見で「どのような選手を起用するかといえば、しっかり攻撃を仕掛けることができ、ゴールに結び付くようなプレーができること」と話していたので、2日のルヴァン杯湘南ベルマーレ戦の終了間際に抜け出したようなところを期待したのかもしれない。

結果的にこのメンバー変更はあまり機能性が上がらなくてハーフタイムに明本考浩を入れて前の試合のメンバーに戻すという、いわゆる「ごめんなさい交代」をすることになったのだけど、しばらくはこうやって組み合わせとか機能性の良さ、選手をチームに入れていく要素みたいなところを考えながらやらないといけないだろうから、その辺は新監督のチームが必ず抱える難しさも感じた。

 

続きはこちら

 


浦レポではこのほかにも下記の記事を掲載しております。

アウェイで鳥栖に完敗 山中亮輔が危機感を露わにした部分とは【河合貴子 試合のポイント/J第2節鳥栖戦】

山中亮輔「もっとボールを保持して押し込んでいくようなサッカーを展開できる試合になれば良かった」【鳥栖戦後選手コメント】

コメント
投稿する
コメント

現在コメントは受け付けておりません。

浦議ニュース