ニュース

レッズ黄金期をともに戦い抜いた、坪井慶介とGRANDEのスペシャルインタビュー

レッズサポーターにはおなじみのフットボールアパレルブランド「GRANDE」が20周年を記念して、元浦和レッズの坪井慶介さんとのスペシャルインタビュー”20年前の出会い”を掲載。


GRANDE FOOTBALL PRODUCTS20周年を記念して、GRANDE創設時に出会い、浦和レッズで共に時間を過ごしてきた坪井慶介さんと、GRANDEについて、浦和レッズでの現役生活について、今後の坪井慶介さんについて、お話をお伺いしました。
Interview 角田修一(GRANDE FOOTBALL PRODUCTS代表)

GRANDEとの出会い

角田:GRANDEは今年で20周年になりまして、ちょうど20年前にお会いした坪井さんと色々なお話ができればと思います。出会いは20年前の福岡だったのですが、2002年の日韓ワールドカップ開催の前に、GRANDEで札幌と福岡でイベントをやっていて、福岡でのイベント会場に、福岡大学に在学していた坪井さんが来て頂いたんですよね。あの時のことは覚えていますか?

坪井:鮮明に覚えています(笑)僕がレッズに行くことが決まっていたので、福岡大学の二つ上の先輩にレッズサポーターのリーダーの方が来るから来いと誘われて行ったんです。レッズに行くことを決めた理由の一つはレッズサポーターに魅せられたことでした。小野伸二選手がオランダに移籍する最後の試合を駒場スタジアムで観戦したのですが、あの駒場の雰囲気を含めて痺れてしまって、それで浦和に行くことを決めました。あの観衆の前でプレーが出来たら幸せだなという想いでした。そんなこともあったので、レッズサポーターを束ねられている方が来るということで、これは挨拶に行かないといけない、と思って足を運びました。

角田:2000年にGRANDEを始めて、直後のイベントだったのですがGRANDEの印象はどんなものだったのでしょうか。

坪井:その当時はそこまでの知識もなかったので、GRANDEがどういうものだったかを正直知りませんでした。サポーターの皆さんが着ていたのは知っていたので、サポーターの方が着る公式のものかなという印象がありました。角田さんの第一印象はすごい怖かったんです(笑)。会ったシチュエーションも、イベント会場の暗い所の一番奥にどしっと座っていたので、そこに行って「はじめまして、来年入団する坪井です」と挨拶をしたと思います。門前払いされたらどうしようと思っていました(笑)

角田:浦和レッズには厳しい目があって、そこを勝ち抜いてほしいという想いもあったので、「ピッチに立って名前を呼ばれることがレッズの選手としてのプロの第一歩だよ」と話をさせてもらったことは覚えています。

坪井:あそこで会えたことで、レッズ入団をする前に身が引き締まる思いがしたと思います。

 


プロ選手として背負う責任を感じた2回のファイナル

角田:その後、ルーキーイヤーから開幕スタメンを勝ち取ったのは驚きましたし、開幕から応援コールとして名前を呼ぶことが出来たと思っていましたが、本人としてはどういう想いだったのでしょうか。

坪井:もちろんそこを目指していましたが、実際にそうなれるとは思っていなかったので、自分でも驚きでしたね。そこから試合に出続けることになって、一年目はとにかく自分に必死で全力で階段を上っていくという感じでした。

角田:僕としては最初に出会って言ったことをことごとく乗り越えてくれたので、スペシャルな選手なんだなと思いながらスタンドから見ていました。階段を駆け上がるようにキャリアをスタートしましたが、入団一年目にはナビスコカップ(現ルヴァンカップ)の決勝に進出をして、浦和レッズとして初タイトルがかかった試合に出場をすることになりましたが、あの時の想いを教えていただけますか。

続きは→GRANDE FOOTBALL PRODUCTSにて

後編では、苦しい時期に共に戦った思い出、これからの坪井慶介さんについて

 


GRANDE公式福袋2021パーカーパック予約開始!

2021 GRANDE福袋に追加して当公式サイトにて予約スタートさせていただきます!皆さまから福袋を「再販してほしい!」「冬に着れるものも欲しい!」など多数のご要望をいただきました。それにお応えして20周年記念福袋のパーカーバージョンパック販売が決定しました!

福袋限定DARUMAデザインのこれからの季節に使えるパーカーパック、こちらもどうぞ!
限定数となっていますので、お早めに!