浦和レッズについて議論するページ

6/2のネット上にある浦和関連ネタまとめです。

 

Jリーグ超過密日程… リーグ戦&ルヴァン杯25週で計38試合、AマッチとACL(デイリー)

Jリーグが公式戦再開に向けて再編した日程の概要が1日、複数の関係者の話で明らかになった。7月4日に再開するJ1の最終節は12月19日。YBCルヴァン・カップ第1節は7月15日、同決勝は10月24日。国際Aマッチウィークにもリーグ戦が組まれ、ルヴァン杯準決勝まで勝ち上がると、最終節までの計25週のうち、半分以上に当たる13週で週2試合の過密日程になる。各クラブと調整後、15日に再開後の日程と対戦カードが発表される。

公式戦再開後のアウトラインが明らかになった。J1はリーグ戦の残り33試合と、仕切り直しとなるルヴァン杯(1次リーグ2試合、準々決勝、準決勝、決勝)の最大5試合を合わせた計38試合を25週で戦う。各チームは週2試合を2、3週に1回のペースで消化。日本代表がW杯アジア予選を戦う9~11月の国際Aマッチウィークには、ルヴァン杯に加えてリーグ戦も開催され、9、10月は同ウィーク直後の水曜日にもリーグ戦が組み込まれた。

1次リーグ2試合を消化後、中断に入っているアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は再開の見通しが立っていない。Jリーグ側は1次リーグの残り4試合を考慮せず、決勝トーナメントを従来の日程で仮シミュレーション。神戸、FC東京、横浜Mが準々決勝から登場するルヴァン杯とACLでともに決勝まで勝ち上がった場合、13週連続で週2試合となり、長距離移動や時差と戦いながら、中2~3日ペースで過酷な27連戦が想定されている。

 

Jリーグ再開へベストピッチ保った リモート対応できない「生き物」…埼スタグラウンドキーパー思い語る(スポーツ報知)

新型コロナウイルス感染拡大の影響で中断していたJリーグは、J1が7月4日、J2とJ3は6月27日から実施される。これを待ちわびていたのは選手、観客だけではない。競技場の芝を管理するグラウンドキーパーも思いは同じだ。サッカー専用では国内最大で、6万3700人収容の埼玉スタジアムはJ1浦和のホームゲーム、今夏に開催予定だった東京五輪と軒並み延期。それでも2001年から担当する輪嶋正隆さん(65)は日々、現場に足を運び、ピッチをベストな状態に保ち続けてきた。

4月上旬から選手らが外出自粛を強いられる中、輪嶋さんは「芝は生き物だから」と、リモートでは対応できないため、現場で芝の状態を見届けてきた。

今季、埼スタで約20試合予定される浦和のホーム戦は、まだ1試合も行われず。それでも輪嶋さんを含めた3人が交代で毎日出勤し、作業員数人とともに刈り込みや薬剤散布などで管理。「常に使える状態にするのが我々の使命。明日でも使える」と胸を張る。リーグ再開後、週2試合の過密日程になる見込み。「タイトに使う期間が長いほど芝のダメージは大きい。対応できるか未知数」と懸念する。

 

「紅白戦は喧嘩ばかり」「勝ち続けると強化部から…」岡野雅行が振り返る06年の浦和(サッカーダイジェストWEB)

「負ける気がしなかったですね」

岡野雅行(現・鳥取ゼネラルマネージャー)がそう言って振り返るのは、自身が所属した2006年の浦和だ。2位の川崎に勝点5差をつけてJ1を制し、さらに天皇杯も優勝して2冠達成。とにかく「勝ち続けていた」当時を回想し、こんなエピソードを明かしてくれた。

「勝ち続けているとある時、強化部から『たまには負けてくれないか』と言われたこともありましたね(笑)。もちろん、冗談交じりではありますけど、僕らの勝利給を払い続けるのが大変だったみたいで。でも、それくらい負けなかったということですから、嬉しい響きですよね」

戦力は非常に充実していた。「誰が出てもワクワクしますよね」と岡野も振り返る。

「凄いメンバーでしたよ。ワシントンという強力なブラジル人、長谷部(誠)といった日本代表も多くいた。ベンチには僕のような元日本代表もたくさん。日本に帰化しましたけど、(田中マルクス)闘莉王や三都主(アレサンドロ)はブラジル出身ですからね。そして監督は(ギド・)ブッフバルト。

個性の強い選手がたくさんいて、しかもみんな試合中に良い判断ができる。途中出場の選手も、上手く流れを変えていましたよね。平日開催のナビスコカップ(現ルヴァンカップ)を含め、お客さんがものすごい来ていたのも覚えています。エンターテインメントとは、こういうものだなと」

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

皆さん、こんにちは浦和レッズの槙野智章です。 現在リーグも中断し、僕たち選手やファンの皆さんにとっても苦しい日々が続いていますが、この度ようやくJリーグの再開が決まり、僕自身、かなり気持ちが高まっています! そんな中、この先のYBCルヴァンカップも含め更に日本サッカーを盛り上げたいという共通の熱い想いをもったフジテレビアナウンサーの皆さんとタッグを組んで、もっと熱く盛り上げていきたいと思っています。 今回更にバージョンアップした「新・槙野チャレンジ」に、 フジテレビアナウンサーの皆さんが熱い想いでチャレンジしてくれているので、ファン・サポーターの皆さんも一緒に是非チャレンジしてみて下さい! 新槙野チャレンジは明日公開予定なので、お楽しみに! この続きはこちらで→@fujitv_announcer #新槙野チャレンジ #槙野智章#makino #浦和レッズ #フジテレビアナウンサー #応援しようJリーグ #早く見たいYBCルヴァンカップ

槙野智章 Tomoaki Makino(@makino.5_official)がシェアした投稿 –

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

As 2 metades do meu coração ❤️

Mauricio De Carvalho Antonio(@mauricioantoniooficial)がシェアした投稿 –

 

コメント
投稿する
コメント
  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:126.72.122.177 )

    超過密日程って言うけど、言うて去年もこんな感じちゃうかったっけ?
    詳しく調べてないから分からんけど
    ここ数年はずっと浦和だけ超過密日程やった気がしてる

    このコメントに返信

    2020年06月02日 11:56

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:126.141.149.233 )

    スタジアムのメンテナンスも大変そうだから、無観客の間は、駒場も交互に使えば?

    このコメントに返信

    2020年06月02日 14:45

    • 2.1 匿名の浦和サポ(IP:126.196.65.77 )

      無観客期間は埼スタ第2や第3も使えばいい。

      2020年06月02日 18:00

  3. 3 匿名の浦和サポ(IP:49.98.9.36 )

    超過密日程 やってやろうぜ。浦和人
    ターンオーバーを❗

    このコメントに返信

    2020年06月02日 20:32

  4. 4 匿名の浦和サポ(IP:219.59.68.58 )

    これだけの超過密だと、層の厚さとマネジメント力が試される。大槻さんは次から次に来る試合の度に対策を立てて、全選手のコンディションをみてターンオーバーしなければならないだろうから、精神的な疲労が溜まりそう。選手はもちろんのこと、監督・スタッフも体に気を付けてほしい。

    このコメントに返信

    2020年06月02日 21:21

    • 4.1 匿名の浦和サポ(IP:118.20.179.190 )

      ボランチはかなり不安があるが、各ポジションに複数の選手がいるのはいいこと。
      ただ、これだけ中断期間が長いと、スタイルが確立しているチームがどうしても有利だよね。
      でも、まじめな大槻さんだからこそ、中断期間には相手チームをしっかり研究し、対策を練っていたはず。

      4さんのいうとおり、体調管理にだけは気を付けてください。

      2020年06月03日 00:07

浦議ニュース