ニュース

西川周作がマスク着用の練習で心配する意外なことは(こぼれ話)【浦レポ】

「浦レポ」の記事を紹介させていただきます。


西川周作がマスク着用の練習で心配する意外なことは【こぼれ話】(浦レポ)

(Report by 河合貴子)

飛沫感染対策にマスクを着用

新型コロナウイルスの影響で活動停止していた練習が、約1カ月半の時を経てようやく再開した。

「大原のピッチでボールを蹴ることが、どんなに幸せなことか再確認した今日のスタート」と西川周作選手は、ピッチでチームメイトとボールを蹴ることができる喜びに浸っていた。だが、新型コロナウイルスの影響で通常とは全く異なる。三密を避けて少人数制で行われた練習は、対人プレーもできずマスク着用であった。

「1番気をつけていることは、飛沫感染をさせない。距離を保って、マスクを利用したりしてトレーニングをしている。マスクを付けて走ったりして息苦しいけど、逆に肺が鍛えられる。最初はメチャクチャ苦しいと思ったけど、慣れてきて結構好き。今後、ランニングや練習後のジョギングでもつけて走ろうかなあ」と笑った。

 

続きはコチラ

 


浦レポではこのほかにも下記の記事を掲載しております。

西川周作が感無量の表情で活動再開を喜ぶ「先が見えて希望が見えた」

浦和レッズが呼吸筋トレーニングマスクを着用しての活動再開