ニュース

現在のチーム状態は?試合で早く見てみたいと思ったプレー(紅白戦レポート)【浦レポ】

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。


現在のチーム状態は?試合で早く見てみたいと思ったプレー【紅白戦レポート】(浦レポ)

 


(Report by 河合貴子)

大槻監督が求めている狙いとは

今にも雨が降り出そうな灰色の雲に覆われた大原練習場。昨日の春の陽気とは裏腹に、底冷えがする中で2部練習が行われた。

午前の練習では、狭いエリアで攻撃側の6選手がしっかりとボールを繋ぎ、逆のエンドへと縦パスを入れて、逆のエンドへと移動しまたパスを繋ぐ。守備側の6選手は、球際に厳しく連携した守備でボールを奪い、素早く攻守が入れ替わる練習を行った。グリッドが小さいとはいえ、かなりハードな練習だ。これがオフ明けとは思えないほどであった。昨日のオフに、しっかりと休息をとり超回復をさせていないと厳しい内容であった。

大槻監督がこの練習で求めていたことは、攻撃のスイッチとなる縦パスを入れたあとに素早くスペースへとオフ・ザ・ボールの動きで移動して安定したパス回しをすることだ。守備は、激しく連動したプレスを掛けて奪う。攻守の切り替えを早くするのは、基本中の基本であった。

安定したパス回しをするためには、お互いの距離感を大事にしているように感じた。また、スペースを突く、作る動きなどアイディアも求められる。この練習で選手の意識付けをしっかりと行ったあとは、ハーフコートより縦に10mほど広いコートでの紅白戦が行われた。様々な選手の組み合わせで約8分×3本が行われた。

 

続きはコチラ

 


浦レポではこのほかにも下記の記事を掲載しております。

「もう1回、開幕が来るぞ!」と午後もハードなフィジカルトレーニング 大原練習場写真レポート

午前練の締めは激しい紅白戦 興梠慎三が素晴らしい動きをみせる 大原練習場写真レポート