浦和レッズについて議論するページ

浦議から依頼を頂き、今年も月1ペースでコラムを書くことになりました。マッチコラムではないので、戦術以外にもさまざまなテーマに手を出そうと思います。

 

▼レオナルドの長所と短所

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。野村克也氏が引用したことで知られる、松浦静山の剣術書『剣談』の一節だ。

浦和は開幕戦を3-2で制したが、その“勝ち方”は悩ましいものだった。攻撃で結果を残した選手が、守備の穴になっている。

間違いなく、レオナルドは素晴らしいストライカーだ。得点場面の競り合いに限らず、別の場面では相手が先にボールに触るとみれば、スッと離れ、こぼれ球をしたたかに狙うなど、研ぎ澄まされたFWの動きを繰り返している。巧妙な選手だ。

ところが、このFWを“ファーストDF”として考えるとどうか。

守備の貢献はあまりにも薄かった。点取り屋に過大な守備を課すのは適切ではないが、相手の攻撃サイドを限定する、最低限の寄せさえ甘い。そのため湘南DFの坂圭祐がフリーで中盤へ持ち運ぶなど、ビルドアップを規制できず、浦和のMFやDFが守備のタイミングをつかめないまま、右往左往する場面が目についた。

相手のサイドチェンジに対し、浦和のスライドが遅れたのも、攻撃サイドを限定できていないからだ。予測が利かなければ、守備の出足が鈍るのは当然。そしてフリーでクロスを上げられてしまう。

一方、興梠慎三を含め、FWが相手の攻撃サイドを限定できた場面では、関根貴大や汰木康也らがボールを奪い、ショートカウンターを仕掛けたり、あるいは橋岡大樹がサイドチェンジをインターセプトしたりと、良い守備も出来ていた。その回数を増やしたいところだ。

もちろん、点取り屋のFWに走り回れとか、過剰な負担を強いるべきではないことは、重ねて申し上げておく。まして湘南は3バックでミスマッチだったので、2トップが直接ボールを奪うのは難しい。ただ、少なくとも方向やタイミングを限定する最低限の守備において、レオナルドはもう少し貢献するべきだろう。

これは今しか言えないこと。結果を残した選手には、だんだん何も言えなくなる。チームがその選手中心で回らざるを得なくなるからだ。そうすると、天井が見えるのも早い。

開幕戦の勝利は何よりだ。しかし、アンタッチャブル化の危険を感じる勝利でもあった。

 

▼中断期間にどこを修正するかが鍵となる

また、レオナルドに限らず山中亮輔も、攻撃面の素晴らしさとは対照的に、守備、特にクロス対応は貧しいものだった。

センターバックを兼ねる橋岡と比べれば、空中戦は雲泥の差だ。システムがミスマッチなので、大外で1枚浮いているのはわかる。しかし、いざクロスが飛んでくれば、大外は捨て、ゴールに近い相手に対応しなければならないのに、山中は中間ポジションで立ち尽くした。残念なことに珍しいシーンではない。

今回は鈴木冬一のクロスも抜群の精度だったが、この箇所は今後も対戦相手にねらわれるだろう。わかりやすいウィークポイントだ。想定できる事象なので、大槻監督も何か手段を考えているかもしれないが、レオナルドとは異なり、失点に直結する問題だけに緊急度は高い。特に左サイドにクロッサーを要する鹿島や札幌といった相手には苦戦しそうだ。

そしてもう一つ。クロスの守備で付け加えれば、岩波拓也の対応も気になった。

浦和の右サイドからクロスを入れられる局面で、ゴール枠から外れたニア寄りにポジションを取りすぎている。3バックならともかく、4バックでCBが2人なら、ゴール前のスペースは徹底的に抑えなければならない。CBがその場所を離れるとしたら、先にボールに触る確信を持って出るときだけだ。

一方、反対の左サイドからクロスを入れられる場面を見ると、鈴木大輔はボランチにハーフスペースのカバーを指示しつつ、自分はゴール正面を固めるよう動いている。それに比べると、右サイドから入れられる場面の岩波のポジション修正は鈍い。3バックの癖が残っているのかもしれない。結果、DF間が空きすぎてしまう。

浦和のクロス対応は、1対1でマークするのではなく、相手FWを間に置き、DFが前後を挟んで対応している。このようなゾーン対応の場合、鈴木と岩波の距離が空きすぎることは致命的な欠陥だ。鈴木にしてみれば、前の岩波は離れすぎ、背後の山中は寄って来ない。孤立している。この現象をどう見るか。

おそらく今回、岩波が失点に絡んだ印象は、誰も持っていないだろう。しかし、そもそもCBは失点に絡まなければならないポジションだ。変な言い方ではあるが、CBがミスをして失点に絡むのは、仕事をしている証でもある。特に4バックのCBは、最終局面で“そこに”いなければならない。

ハンドはともかく、それ以外でも失点とピンチに絡んだCB鈴木大輔が低評価を受けるのは妥当だ。しかし一方で、印象が無かった選手、“そこにいなかった”選手には、戦術的な修正の余地がある。

山中と橋岡、鈴木大輔と岩波。浦和は左右DFの個性が対照的だ。そのため右サイドから攻められる形が圧倒的なウィークポイントになっている。今後はどう修正するか。

勝ちに不思議の勝ちあり。この湘南戦は、結果を残した選手、あるいは悪い結果に絡まなかった選手のほうに、修正点を多く感じた。このまま結果論を元に進むと、どんどんわかりやすいチームになる。あまり良い意味ではない。

今回の勝ち点3をどう捉えるか。浦和はエンジンのかけ方を間違えると、あっという間に今季の天井が見えてしまうのではないか。

 

動画:大成功の予感!清水英斗さんによるレオナルドの取扱説明書【ニュース解説】

 

清水 英斗

サッカーライター。1979年生まれ、岐阜県下呂市出身。プレイヤー目線でサッカーを分析する独自の観点が魅力。著書に『日本サッカーを強くする観戦力』、『サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術』、『サッカー守備DF&GK練習メニュー 100』など。

コメント
投稿する

  1. 南ゴール裏住人(IP:222.15.246.137 )

    いや、限定する位は当然じゃないです?

    2020年03月02日 22:38


コメント
  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:118.159.12.254 )

    岩波を修正点に挙げてるあたりさすがだなと思った。あれでは鈴木のタスクが大きすぎて負担になる。

    このコメントに返信

    2020年03月02日 22:12

    • 1.1 匿名の浦和サポ(IP:218.231.212.133 )

      岩波のポジショニングにも修正の余地があることはスカパーで岩政や坪井も指摘していたし、ココのコメントでも何人も指摘してるので、特になにか目新しいことを言ってるとは思えないな。

      2020年03月03日 02:48

    • 1.2 匿名の浦和サポ(IP:1.75.246.138 )

      右サイドを形成する柏木、関根、橋岡、岩波の4人がユニットとして上手く機能していないから最終ラインにいる岩波がサイドに引き出されるのだと思う。
      見ていると関根が大外に開いた相手選手とその中間にいる選手を共に見ていて橋岡が送れてカバーに行く。
      そして橋岡が開けたスペースを岩波が埋める様な形になるから岩波は真ん中で構えて守備が出来ないのでしょう。
      この辺を改善しないと同じ失敗を繰り返すよ。

      2020年03月03日 08:09

    • 1.3 匿名の浦和サポ(IP:126.255.10.150 )

      とは言え、岩波のビルドアップは替えが居ないからなー出来るとすればマウリシオ?

      2020年03月03日 11:20

    • 1.4 匿名の浦和サポ(IP:218.231.212.133 )

      右サイドが機能してないのでなく、大きなサイドチェンジにスライドが間に合わずに、まだ不慣れな4バックの弱点をつかれただけ。
      特に1失点目は、仮に鈴木冬一がクロスと見せかけ縦に仕掛けて関根が抜かれたとしてもまだ橋岡が控えてるし、岩波はタリクの動きに合わせてあと何メートルかゴール側にポジショニングを変えることはできたと思う。

      2020年03月03日 13:50

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:39.111.237.123 )

    アホだろ、なんでストライカーにまず守備求めんの?
    それで駄目になった選手がどれだけいると思ってんだ

    このコメントに返信

    2020年03月02日 22:16

    • 2.1 南ゴール裏住人(IP:222.15.246.137 )

      いや、限定する位は当然じゃないです?

      2020年03月02日 22:38

    • 2.2 匿名の浦和サポ(IP:118.8.239.4 )

      文盲かな?

      2020年03月02日 22:52

    • 2.3 匿名の浦和サポ(IP:163.49.201.122 )

      興梠はちゃんとファーストディフェンダーとして守備の方向示してるけど、ダメなストライカーなのか

      2020年03月02日 22:56

    • 2.4 ウラワ(IP:124.45.197.146 )

      今年の浦和のサッカーは前から嵌める守備なんだからコースカットプレスはやらなきゃダメだろ
      苦手だからやらなくて良いって問題じゃないぞ

      2020年03月02日 23:33

    • 2.5 匿名の浦和サポ(IP:126.244.2.6 )

      幾ら何でも釣り針デカすぎんよ

      2020年03月03日 00:08

    • 2.6 匿名の浦和サポ(IP:122.249.103.99 )

      観戦力を高める前に読解力を高めないと。

      2020年03月03日 20:31

  3. 3 匿名の浦和サポ(IP:116.65.221.36 )

    買って兜の緒を締めよ、じゃないけど、良い指摘なのではないかな。常に修正していって高めていけばいいんだし。
    まあこういった指摘は当然組長も把握してるはず(と信じてる)なので、この中断期間で修正図るでしょ。
    とにかくこの期間を有効に活用して欲しいね、試合見れないサポとしては本当に次の試合が待ち遠しい!

    このコメントに返信

    2020年03月02日 23:30

    • 3.1 匿名の浦和サポ(IP:1.75.5.112 )

      初節句ですか?

      2020年03月03日 12:07

  4. 4 匿名の浦和サポ(IP:211.15.235.105 )

    興梠は以前から、小まめにコース限定に動いているよね。そういう動きをレオナルドにもしてほしいということだね。必ずしもダッシュして相手選手を追いかけ回す必要はなくて、そういうポジショニングをするだけで、味方の守備のしやすさは変わってくる。レオナルドがもうワンランク上の選手になるためにも、頑張って身につけてほしい。

    このコメントに返信

    2020年03月02日 23:40

  5. 5 匿名の浦和サポ(IP:106.128.179.9 )

    岩波も元々は4バックの選手やしすぐ慣れるはず!

    このコメントに返信

    2020年03月03日 05:58

  6. 6 匿名の浦和サポ(IP:175.132.137.183 )

    岩波のポジション以前に鈴木のセンターリングの対応が悪過ぎる。
    2失点とも落下地点にいるのにボールに触ることさえ出来ずちびっ子直輝に決めれるなんてあり得ないでしょう。
    それに西川はキャプテンとして同じ失敗を繰り返す鈴木に怒った方が良かったと思うな。
    それがチームに緊張感を持たせ同じミスを繰り返さない事にもつながるのではないかと思う。
    幸い中断期間には入り修正する時間があるので鈴木は横からの対応の改善に努めて欲しい。
    余り改善の兆しがないのなら鈴木ではなくマウリシオに交代させた方が良いでしょうね。

    このコメントに返信

    2020年03月03日 06:12

    • 6.1 匿名の浦和サポ(IP:218.231.212.133 )

      1失点目はゴール前がタリク・石原直との2対1だったのでやむを得ないと思うけど、2失点目は直輝と1対1だったのでなんとか前で触れてほしかったね。もっとも、いくらフリーとはいえ鈴木大輔の山を越えてピンポイントで直輝に合わせた鈴木冬一のクロス精度を褒めるべきなのかな、とも思った。

      2020年03月03日 13:35

    • 6.2 匿名の浦和サポ(IP:121.117.237.177 )

      2失点目は、鈴木は落下地点にいて相手との接触もほとんどないのに、目測を誤ってジャンプしてスルーしている。
      ハイボールに対するセンスはあまりよくないと思う。

      2020年03月03日 19:00

    • 6.3 匿名の浦和サポ(IP:211.15.235.105 )

      鈴木に至らない点はあったのかもしれないが、一人だけのせいではなくて、岩波、山中など、他の守備陣との連携に問題があったということだと思うけどな。

      2020年03月03日 21:20

    • 6.4 匿名の浦和サポ(IP:218.231.212.133 )

      2失点目は連携以前に個の能力だけでなんとかならなかったかな、って話かと。
      ゾーンで守ってるとどうしても目の前のタリクが気になるので難しいのかね。

      2020年03月03日 23:26

  7. 7 匿名の浦和サポ(IP:27.84.170.219 )

    レオナルドは攻めと守りの切り替えが興梠ほど身に付いていないんじゃないかな。
    それだけ天性ストライカーということなんだろうけど、やはり中盤あたりでの献身的プレーがもうちょっと欲しいということかな。
    山田にゴールされた後、岩波が山中にもうちょっと真ん中に寄れよというようなジェスチャーをしていたのが
    印象に残っていたんだけど、岩波は清水が言う守備の形がまだ見えていないのかもしれない。
    リーグ再開する前に改善できることを願う。中断の今はいい機会になっているはずだ。

    このコメントに返信

    2020年03月03日 07:17

    • 7.1 匿名の浦和サポ(IP:218.231.212.133 )

      CB3枚でビルドアップしてくるチームと対戦するのはTM含めて今季初で、CB2枚の4バックと違って3つあるパスの出どころをFW2人でコースを限定するのがうまく機能しなかったとしてもある程度やむを得ないと思うけどね。
      湘南戦を研究しながら修正していけばいいだけのことで、同じようなプレーが何試合も続くならともかく、たった1試合で献身的プレーが足りないとか結論づけるのはあまりに時期尚早だと思う。

      2020年03月03日 13:29

  8. 8 匿名の浦和サポ(IP:202.74.253.44 )

    うーーん
    守り時の橋岡のポジショニング全く突っ込まれてないけど、ものすごくきになるんだよね。
    これが正解なの???

    このコメントに返信

    2020年03月03日 07:41

    • 8.1 匿名の浦和サポ(IP:61.125.59.30 )

      修正ポイントなんて、ここで議論してる人より、大槻さんの方がプロなんだから問題無いと思うが。

      2020年03月03日 12:30

    • 8.2 匿名の浦和サポ(IP:202.74.253.44 )

      でも2試合とも山中サイドから橋岡サイドに通されて、詰めが遅くクロスを上げられ失点っていうパターンだったよ。

      2020年03月03日 12:39

    • 8.3 匿名の浦和サポ(IP:218.231.212.133 )

      1失点目は橋岡の裏のスペースに流れたタリクに対応していて鈴木冬一にはつけないし、2失点目は安易に鈴木冬一に飛び込めば大岩にフリーで裏のスペースを使われる。橋岡の対応に問題があったとは思えない。

      2020年03月03日 13:20

    • 8.4 匿名の浦和サポ(IP:122.249.103.99 )

      クロスより更に前のシーンを見ないと。
      1失点目はタリクがサイドから仕掛け橋岡がついていったけどバイタルにパス、関根とDFラインに入ってた柏木が遅れて詰めるが後ろにパスされ直輝がワンタッチでサイドでフリーの鈴木にパス。関根が遅れてコースに入るけど遠くてクロスが上げられた。バイタルの守備と関根のクロスへの寄せ方に問題があった。
      2失点目は岡本の持ち上がりにチェックにいかずに大きな展開を簡単に許してしまった汰木の問題と、数的不利にしてしまった選手のポジショニングの問題がある。

      2020年03月03日 20:28

    • 8.5 匿名の浦和サポ(IP:218.231.212.133 )

      1失点目はそもそも敵陣でフィニッシュで終われず悪い形でボールロストしてカウンター受けてるので、4-4-2の陣形が整う前に柏木柴戸がDFラインに吸収されるような形でバイタルを使われ、関根が中に絞ったことで鈴木冬一がフリーになっている。サイドチェンジの起点の岡本のところに汰木が寄せれば右サイドでフリーとなった石原広にパスを出されて決定機を招くだけで、さすがにありえない。
      2失点目はむしろ汰木が岡本にチェックに行ってしまって石原広にパスを通されたところから綻びが始まって、柏木柴戸関根が左へスライドせざるを得なく、石原直から大きく展開された時に逆サイドへのスライドが遅れて結果的にフリーでクロスを上げられたように見える。

      2020年03月03日 23:05

  9. 9 匿名の浦和サポ(IP:111.239.182.118 )

    課題が修正されていく様をスタジアムで見届けるのも楽しいと思うよ

    このコメントに返信

    2020年03月03日 09:48

  10. 10 匿名の浦和サポ(IP:114.183.208.89 )

    簡単にクロスを上げさせないってのもやってほしいな。

    このコメントに返信

    2020年03月03日 12:56

  11. 11 匿名の浦和サポ(IP:124.140.186.201 )

    清水さんの指摘は常識的だが、極めて的確だ。
    おそらく大槻さんの分析も、そう変るまい。
    修正してくるだろう。

    このコメントに返信

    2020年03月03日 17:09

    • 11.1 匿名の浦和サポ(IP:218.231.212.133 )

      仙台戦では左サイドから岩波と橋岡の間を狙われて2失点したはずだけど、「右サイドから攻められる形が圧倒的なウィークポイント」なのだろうか。

      2020年03月03日 23:48

  12. 12 匿名の浦和サポ(IP:118.241.70.44 )

    まあ、これからもっと良くなる要素がいっぱいあるって事だよね。
    中断開けたら全部良くなってたりして。
    スタジアムに行けるようになる日が楽しみだ。

    このコメントに返信

    2020年03月03日 17:53

浦議ニュース