浦和レッズについて議論するページ

2/19のネット上にある浦和関連ネタまとめです。

 

【Jの五輪代表候補】浦和DF橋岡大樹の武器、足がつっても走る「それが普通」(スポーツ報知)
右サイドでアップダウンを繰り返す世代屈指の運動量が持ち味だ。父・和正さんは大宮東高時代にドラフト候補だった野球選手で、母・深雪さんは短距離選手というアスリート一家。幼少の頃は3歳上の兄・和樹(22、新潟シンガポール)の背中を追い、自宅から数キロ離れた公園まで走っては何度も迷子になった。小4時、さいたま市の体育大会で100メートル走を14秒58の大会新記録で優勝するなどスピードも兼ね備える。
小学生時代はFWで得点を量産。体格に恵まれ小6で身長170センチに達した。対人の強さを買われ、浦和の下部組織時代は中2でサイドバック、CBを務めて全国制覇を経験。ユース時代から指導を受ける大槻毅監督(47)から「足がつっても走れる」と称賛されるが、本人は「普通だと思ってた」と笑うほど走った。

 

浦和汰木が得意ドリブルでゴール奪取 開幕先発狙う(日刊スポーツ)
仙台戦では「得点をすごく取りたくて早めにバテてしまった」との反省点はあるものの「90分間出るというよりも結果を出した方がいい」とペース配分せずに得意のドリブルで攻め抜く構え。「今のポジションは自分を出せる。個人的にチャンスがあればゴールを取りたい」と意気込んだ。

浦和移籍2年目。厳しい環境で身を置き、着実にレベルアップしてきた汰木は「リーグ戦タイトルの経験はない。今年継続しているサッカーを貫けばチャンスがあると思う」と決意を示していた。

 

4バック移行で活きる個の力…眠れる強豪が起こす赤いセンセーション【J1クラブ展望/浦和】(サッカーキング)
昨季途中に就任した大槻毅監督が続投し、オフの補強も4人。しかし、「僕やスタッフはもちろん、人一倍に悔しい思いをした選手たちが残ってやっていくことはプラスになる」と指揮官が話すチームの中身は大幅なリニューアルが図られた。その大きな要素は、4バックへのシステム変更にあると言えるだろう。

合計27日間にわたった第1次、第2次のトレーニングキャンプでは、その戦術浸透が図られた。大槻監督が陣頭指揮を執る形で作り上げてきたものは、「枝葉を増やすよりも徹底を図る段階」と話すものの、選手たちの言葉を借りれば「サッカー人生で4-4-2をやったことがない人はいない」というオーソドックスなものへの変化だけに、急ピッチで進んだ。その片鱗はキャンプ中の対外試合を5戦全勝して、公式戦の初戦2020 JリーグYBCルヴァンカップ・ベガルタ仙台戦を5-2で勝利したことからもうかがわれる。

元より、個々の選手たちを見たときのポテンシャルの高さには誰もが一目を置くチームだ。システム変更は、ここ数年の加入選手たちにとって本来得意とするポジションが復活し、同時に本領発揮の期待を高めるものになっている。浦和で3年目のマルティノスと2年目の汰木康也は、サイドハーフとして後方からのサポートを受けながら武器である突破力を存分に発揮する。同じく2年目の杉本健勇は、定位を求められる1トップよりも広範囲に顔を出しながら、マークを外した状態でゴール前に飛び込める2トップの方が確実に生きるだろう。クラブの掲げるコンセプトの1つは「個の能力を最大限に発揮すること」にあるが、それは今季のピッチで表現されるはずだ。

残す2つは「前向きに、積極的に、情熱的に戦うこと」、「攻守に切れ目なく、常にゴールを奪うためのプレーを展開すること」にある。特に後者は、東京オリンピックの関係で過密日程になるシーズン中に大槻監督の選手起用も含めてチーム全体の運動量を維持できるか、相手チームとの駆け引きの中で崩れないチームの芯を構築できるかが大きく関わる。その課題をクリアできるならば、昨季の順位からダークホース扱いに甘んじている評価を大きく覆す成績を残すことは、決して不可能ではないはずだ。

 


 

コメント
投稿する
コメント
  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:106.132.80.30 )

    442自体はオーソドックスだけど具体的な中身は新しいものを取り入れていると思う

    このコメントに返信

    2020年02月19日 12:37

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:219.114.117.144 )

    サッカーキングはポジティブな評価をしているようだが、仙台戦の結果を見て、専門誌や評論家の評価が変わってきたのかな?

    このコメントに返信

    2020年02月19日 12:40

  3. 3 匿名の浦和サポ(IP:126.255.115.33 )

    汰木の積極的な姿勢がチームに勢いをもたらしてる。ファブが怪我してる間に存分にアピールして欲しい。

    このコメントに返信

    2020年02月19日 16:44

  4. 4 匿名の浦和サポ(IP:210.165.164.94 )

    今年やろうとしているサッカーって実は堀さんがやろうとしていたサッカーだと思う。

    このコメントに返信

    2020年02月19日 16:53

    • 4.1 匿名の浦和サポ(IP:153.174.231.221 )

      そうだとしても、それができるかできないかが大事

      2020年02月19日 19:44

    • 4.2 匿名の浦和サポ(IP:60.36.186.153 )

      堀さん、オリベ向けの補強した選手の活かし方をやっと実現出来そうなのかな

      2020年02月19日 23:23

浦議ニュース