浦和レッズについて議論するページ

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。


キャンプ最終日は課題もクッキリ 良いところと伸びしろはどこか【TM FC琉球戦・沖縄二次キャンプ7日目】(浦レポ)

 


(Report by 轡田哲朗)

4バックの強度はまずまず合格点が与えられるもの

浦和レッズは第二次トレーニングキャンプの最終日になった9日、FC琉球とトレーニングマッチを実施した。先に結果を記しておくと、45分×4本の形式で1本目から順番に1-1、0-0、1-0、2-0のトータル4-1だった。得点者はレオナルド、槙野智章、興梠慎三、マルティノスの順番で、槙野のゴールはセットプレーから生まれたもの。そうした意味では、この日もチームの得点は全て、それが期待されるサイドハーフと2トップの4ポジションの選手から生まれたことは前向きな要素として捉えられるだろう。

興梠と柏木陽介が声を揃えたのは「まだメンバーも全く固めてないからね」ということ。クラブとの申し合わせで布陣図などの公開はせずにキャンプレポートを終える形になるが、仮に何らかの形で断片的に1つのゲームの布陣を入手したとして、それが公式戦初戦へどのような関連を見せるかという点では、全く関係がない可能性が高いと言える。

この日のゲーム展開は、沖縄県で行った5試合の中で最もボールを持たれたな、というもの。皆さんご存知の小野伸二が中盤にいる琉球は、彼を含めてボールの周辺に数的優位を作るべく運動量も豊富で、前線に蹴り飛ばすような所作をしない。浦和はセットした状態から組織的な追い方をしていたものの、ボランチやトップが列をまたいでいく、例えば小野が最終ラインでセンターバックの間に入るだとか、FWがサイドハーフとボランチの間に落ちて局地的な3対2を形成するというような振る舞いがあり、組織として崩れてはいないけど、ボールを奪うには至らないという時間が長くなった。

 

続きはコチラ

 


浦レポではこのほかにも下記の記事を掲載しております。

「中なんて見やんで良い」杉本健勇の話すクロスと、明日のTM見どころ【沖縄二次キャンプ6日目】

トーマス・デンの愛称は「トミー」 本人の話すベストポジションは?

コメント
投稿する
コメント

現在コメントは受け付けておりません。

浦議ニュース