浦和レッズについて議論するページ

気がつけば、最後にコラムを書いてから、もう2年以上が経ちました。お久しぶりです。浦和を愛するみなさん、ごきげんいかがですか?
浦議から依頼を頂き、改めて月1ペースでコラムを書くことになりました。マッチコラムではないので、戦術以外にもさまざまなテーマに手を出そうと思います。

 

▼来シーズンはスタートダッシュが必要

今季14位に終わったクラブが、来季の目標を「ACL出場圏内」に設定したのは、あまり謙虚ではないかもしれない。

しかし、浦和のケースなら充分に巻き返せるだろう。2019年はACLの負担があまりにも大きすぎた。過密日程と選手の高齢化は、禁断の組み合わせだ。怪我のリスク、コンディション崩壊のリスクが、一気に高まってしまう。さらにそれが戦術固定型ではなく、人固定型のチームで起きると大変だ。過密、回復遅い、入れ替え困難の3連コンボで、浦和は苦しみの淵を彷徨った。

来季はこれらの問題が重ならない。2019年は天皇杯で早期敗退し、ACL出場権も取れなかったが、おかげでオフが長くなり、来季日程も余裕ができた。高齢化したメンバーでも乗り切れるし、ルヴァンカップを通して若いサブ組を強化することも可能だ。「ACL出場圏内」は現実的な目標だろう。

裏を返せば、もはや大槻毅監督に対するエクスキューズは何もない。オリヴェイラ監督の云々に始まり、クラブが複雑な事情を抱えさせた2019年とは違う。来季スタートダッシュの成功はノルマであり、追試でもある。

相手分析型の監督が、自チームをどこまで伸ばせるか。選手を気持ち良くプレーさせるだけでなく、道を示さなければならない。成熟したプロ選手を更に成長させられる監督は、実はそれほど多くはないが、大槻監督はどうか。

選手を伸ばす資質がない監督では「3カ年計画」にも不適格だろう。2019年は日程的に練習が困難だったことはわかる。だが、もうエクスキューズはない。序盤でダメとわかれば、すぐに体制を代えられるようにクラブは準備するべきだろう。もちろん、それは安直な内部昇格を意味しない。

 

▼どこまでリスクを取って勝負できるかどうか

選手補強はどうなるか。新強化体制記者会見では、「FWとDF」が補強ポイントに挙がった。断られたとはいえ、サイドバックの杉岡大暉と原輝綺にオファーを出したのは、若返りと同時に、4バック移行の意志があるかもしれない。

アグレッシブに攻守の切り替えが早いサッカーを志すなら、4バック系はバランスを整えやすい。「浦和のサッカー」はあまり明確ではないが、これまでに見てきたサッカーの印象、サポーターの反応を見ていると、4バック系で力強い守備と速攻をベースにしたほうが、クラブ像には合致するように思える。ユルゲン・クロップやディエゴ・シメオネのサッカーが理想像だ。その場合、選手の評価も多少変わり、ポジションも変わるだろう。たとえば関根貴大は、4-4-2ならセカンドトップなどに新たな可能性が広がるかもしれない。そうした戦術の転換も来季の見どころではないか。

また、戦術ではなく、戦略的に言えば、大きなキーワードは「リスク」だろう。

大槻監督の采配傾向は、堅い。リスクを好まない。たとえば横浜F・マリノスやアル・ヒラルにハイプレスをかけられたとき、あるいはヴィッセル神戸などにボールを持たれたとき、思い切って剥がす、思い切って奪いに行く、というチャレンジが無かった。基本線は「耐える」。ハイプレスに耐える。ポゼッションに耐える。同スコアなら、そこで我慢する。先にアクションを起こさない。

トーナメントはそれでいい。だが、上位をねらうチームのリーグ戦略としてはアウトだ。引き分けは2つで、勝ち点2。リスクをかけて1勝1敗の痛み分けなら、勝ち点3。リーグ戦はリスク選好のほうが高みにたどり着く仕組みになっている。もちろん、リターンの無いリスクをかけても意味がないので、そこは積み上げる必要があるが。

2019年はコンディションや練習不足の問題があり、始めから選択肢が少なかったのかもしれない。しかし、繰り返すが、来季はエクスキューズが何もない。大槻監督にはリスク選好、攻撃選好の闘い方を仕上げてもらいたいところだ。また、その確信があるからこそ、クラブは続投をオファーしたはず。

 

▼若手に魅力的と思われるクラブへ

高みへの道。世界への道。来季は「道」を作らなければならない。

世代交代とか、様々な課題はあるが、色々なものは一度には追えない。杉岡や原にオファーを断られた件に表れるように、今の浦和は即戦力の若手が魅力を感じるクラブではなくなった。「道」がないからだ。

革新性を打ち出すクラブが増える中、相対的に古豪化しているのが、今の浦和の姿だ。この古臭いイメージを払拭しなければ、「3カ年計画」も腰砕けに終わる。若手が魅力を感じないクラブに未来はない。

来季の目標は「ACL圏内」でいい。それだけの力はある。しかし、若手に嫌われがちという現実については、クラブはもっと、もっと謙虚になったほうがいい。変わらなければならない局面を迎えたことに気づいているのか、もしかして変わりたくないと思っているのか、そうした可能性が怖い。

Jリーグはゆでガエルを脱した。しかし、浦和はまだ鍋の中にいる。

 

清水 英斗

サッカーライター。1979年生まれ、岐阜県下呂市出身。プレイヤー目線でサッカーを分析する独自の観点が魅力。著書に『日本サッカーを強くする観戦力』、『サッカーは監督で決まる リーダーたちの統率術』、『サッカー守備DF&GK練習メニュー 100』など。

コメント
投稿する

  1. 匿名の浦和サポ(IP:218.225.231.15 )

    何も反論できない。
    浦和がゆで上がるか脱するか、20年が勝負。

    2019年12月31日 12:24


コメント
  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:218.225.231.15 )

    何も反論できない。
    浦和がゆで上がるか脱するか、20年が勝負。

    このコメントに返信

    2019年12月31日 12:24

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:118.241.63.24 )

    人気チームの新旧交代機となるのか
    見ものですね。

    このコメントに返信

    2019年12月31日 12:41

    • 2.1 匿名の浦和サポ(IP:110.233.187.123 )

      しなければ。
      我々もそれを踏まえた上で選手のサポート、フロントへのプレッシャーをかけ続けなければ。

      2019年12月31日 12:51

  3. 3 ウラワ(IP:61.193.212.241 )

    若手主体のチームにしなればならない、今までのようなベテラン主体のチームでは何の魅力もないし
    若い世代の選手達も来たいと思わないし、ファンサポーターは逃げるだけ
    それが出来るか出来ないか見もの、出来なければチームは崩壊する

    このコメントに返信

    2019年12月31日 12:58

  4. 4 匿名の浦和サポ(IP:106.72.194.128 )

    おまえら年が明けるっていうのに浦和レッズの事ばっかり考えてどんだけ好きなんだよ(ブーメラン

    このコメントに返信

    2019年12月31日 13:11

    • 4.1 匿名の浦和サポ(IP:126.147.158.43 )

      どんだけでも好きなんです。
      こんなに好きなんです仕方ないんです、というaikoの花火の歌詞のとおり。
      だから、負けたってつまらなくたって、未来が感じられなくたって埼スタに行き、応援しているので。
      でも、サポの愛を勘違いしないでほしいし、甘えないでほしい。
      だからいつでも拍手なんてことはしていない。
      ブーイングも喝入れもしています。
      ただ、こういうサポだけではなく、足が遠のいているサポもいます。
      そういう危機を感じてから、浦和の責任とか言ってもらいたいです。
      彼らなんかより、私のほうが責任もってやっています。

      2019年12月31日 22:04

    • 4.2 匿名の浦和サポ(IP:60.125.46.236 )

      じゃ〜いじめみたいな個人攻撃しないでね

      2020年01月01日 22:01

  5. 5 匿名の浦和サポ(IP:123.230.112.48 )

    来季から3年がかりで、戦術をミシャ時代のポゼッション重視で手数をかけた遅攻型から手数をかけずゴールに迫る堅守速攻型へ大きく転換し、選手起用も経験の少ない若手主体に切り替えて世代交代を進めていく方向なのに、どんなに優秀な監督でもチームが機能し始めるまで開幕からある程度時間を要すると思うがね。
    そんな条件下で「スタートダッシュの成功はノルマ」とか、今季の「2冠+世代交代」並の無理難題を要求してると思う。2年前みたいに開幕5試合とかで監督を解任したところで、後任監督はキャンプもできず戦術の浸透が不十分なまま東京五輪までの過密日程で連戦を戦うことになり、また同じことを繰り返すだけ。来季を任せると決まってしまった以上、こういうジャーナリストに惑わされず、来季就任の新監督くらいのつもりでせめて東京五輪の中断期間までは辛抱すべきではないかね。新監督を招くのなら東京五輪の中断期間で、ミニキャンプくらいだって可能だろう。
    来季はベースとなる戦術の確立と世代交代をなにより最優先に、シーズン終わってみれば「ACL出場圏内」くらいでいいと思う。

    このコメントに返信

    2019年12月31日 13:29

    • 5.1 匿名の浦和サポ(IP:118.241.63.24 )

      でも初っ端でコケると
      選手の方も今年のイメージがよみがえるんじゃないですかねー
      そうなったら求心力低下は免れない。

      2019年12月31日 14:32

    • 5.2 匿名の浦和サポ(IP:123.230.112.48 )

      すぐに結果が出なくても、キャンプから始まって新しいことにチャレンジしているという手応えを感じていればそれはないんじゃないかな。

      2019年12月31日 15:45

    • 5.3 匿名の浦和サポ(IP:60.97.53.234 )

      でも結果が出ないと手応えを感じにくいと思う。リーグでは前年に失敗してる分、スタートである程度結果出さないと本当にこのやり方でいいのか、という雰囲気になりそう。浦和の場合、サポも我慢出来ないだろうし。
      そういう意味でスタートダッシュがノルマっていうのは分かるかなぁ。

      2019年12月31日 17:57

    • 5.4 匿名の浦和サポ(IP:175.177.40.25 )

      開幕連敗しても我慢して、
      夏場に浮上しなくても我慢して、
      秋口、残留争いに巻き込まれても我慢して、
      気づいたら降格。
      そんなシナリオにならない保証はどこにもない。
      というか、このままではたぶんそうなると思ってしまう。

      2019年12月31日 17:59

    • 5.5 匿名の浦和サポ(IP:106.180.36.159 )

      まさに、やろうとしていることが見えるかどうかにかかっていると思う。今シーズンの戦い方では、いくら時間がないとはいえ、最低限の守備の落とし込みや、ゲーム中の対応など、采配には疑問を抱かざるを得ず、準備期間が1月程度に伸びたところでそれほど大きな変化が起こるとはどうにも思えない、。

      2019年12月31日 22:56

    • 5.6 匿名の浦和サポ(IP:60.125.46.236 )

      やりたいことや、戦術を理解出来る程のサポいるの?ここに。

      2020年01月01日 22:07

  6. 6 匿名の浦和サポ(IP:1.75.10.130 )

    大塚さん。ボランチ獲得希望をフロントにうるさいくらいに伝えてくれ。

    このコメントに返信

    2019年12月31日 13:45

    • 6.1 匿名の浦和サポ(IP:1.75.10.130 )

      大槻

      2019年12月31日 13:45

    • 6.2 匿名の浦和サポ(IP:122.255.193.54 )

      柴戸を重用しているからそれはないでしょう。

      2020年01月01日 06:11

    • 6.3 匿名の浦和サポ(IP:175.177.42.30 )

      ボールを落ち着かせることができる、もしくは展開力のあるボランチの補強は本当に必要。
      ただ、このまま補強がないと、ファーストチョイスは青木、エヴェかな。
      でも、昨シーズン(2019)の青木は酷使され(コンディションを考えて出さなくてもよい試合にも出てたり)ケガもあったし、エヴェはボールは持てる(ロストも多い)が展開力に欠ける。
      他にボランチができそうな面子を見ると
      阿部はフルタイムは厳しいし連戦も利かない
      柴戸の守備意識は買うが食いつきすぎ(かわされることも多い)
      柏木は展開力は上がるが、対人守備は軽い印象

      と、選手云々を言ってみたが、実際のところ一番重要なチームとしての守備戦術がない(見えない)のが問題(これが、柴戸が悪目立ちした原因だと思っている)で、選手をとってきても限界がある。
      大槻さんは前線から前ハメを志向していたようだけど、個人任せで連動しているように見えなかった。
      で、シーズン終了まで改善されることはなかった。
      分析はできても、チームに戦術を落とし込めないのではどうしようもないので、外部からコーチ(ネル○ーニョ的な)を招聘して欲しい。

      2020年01月01日 11:57

  7. 7 匿名の浦和サポ(IP:1.66.98.34 )

    本気で変わらないとダメだと気付いてないの浦和のフロントだけだしね。サポーターも全員わかってんのに。

    このコメントに返信

    2019年12月31日 13:49

    • 7.1 匿名の浦和サポ(IP:49.129.209.97 )

      大して通用しない戦い方なのは明白なのに、パフォーマンスさえ上がればなんとかなると思ってる選手はいるかもね。

      2020年01月01日 01:24

  8. 8 匿名の浦和サポ(IP:222.227.204.71 )

    年末に100%同意できるいいコラムでした
    最初はあまり同意できませんでしたが年末にここまで仕上げてくるのはさすが国内屈指のライターさんですね

    このコメントに返信

    2019年12月31日 13:51

  9. 9 匿名の浦和サポ(IP:117.18.173.207 )

    エクスキューズだらけだと思うのは私だけだろうか?

    このコメントに返信

    2019年12月31日 13:53

  10. 10 匿名の浦和サポ(IP:121.119.89.170 )

    ぺぺ獲得まだ?
    ボランチとセンターバックも宜しく!

    このコメントに返信

    2019年12月31日 13:57

    • 10.1 匿名の浦和サポ(IP:49.98.161.171 )

      そいつにオファー出してるのは本当に浦和なんか?

      2019年12月31日 13:59

  11. 11 匿名の浦和サポ(IP:49.98.161.171 )

    フラメンゴのアロンが欲しいぜ。とれっこないのはわかってるが

    このコメントに返信

    2019年12月31日 14:02

  12. 12 指定席住人(IP:1.75.237.190 )

    こういう時こそ
    テレ玉『レッズ ナビ』やってほしい
    年明けサポーターミーティング開催を❗
    良いお年を

    このコメントに返信

    2019年12月31日 14:15

  13. 13 匿名の浦和サポ(IP:218.225.231.231 )

    どんなに優秀な選手を取ってきても、戦術がダメだと生きない。お願いだから、戦術を変えてくれ。

    このコメントに返信

    2019年12月31日 14:55

  14. 14 匿名の浦和サポ(IP:119.106.115.82 )

    監督はともかく、コーチ陣も現状でいくのでしょうか?
    いかざるを得ないのでしょうか?

    このコメントに返信

    2019年12月31日 14:57

  15. 15 匿名の浦和サポ(IP:49.98.140.142 )

    新潟が新外国人獲得したぞ。次、浦和に来るかもだから注目。

    このコメントに返信

    2019年12月31日 15:27

    • 15.1 匿名の浦和サポ(IP:218.225.231.189 )

      新潟にとって、外国人選手を安く獲得して浦和に高く転売するのは、重要な収入源かもしれない。浦和はいつまでそういうやり方に付き合うのかね。

      2019年12月31日 16:50

    • 15.2 浦和大好き(IP:180.0.4.216 )

      新潟ルートがなくなったら浦和に外国人選手来なくなりそうです。

      2020年01月10日 10:27

  16. 16 匿名の浦和サポ(IP:211.0.239.198 )

    仙台のシマオマテはセンターバックですよね。前からほしいと思っていたんですけどオファー出してください。絶対いいと思います。頼りになります。

    このコメントに返信

    2019年12月31日 15:41

  17. 17 匿名の浦和サポ(IP:49.98.140.142 )

    湘南の補強というより入れ替えすごいなぁ。

    このコメントに返信

    2019年12月31日 15:49

  18. 18 匿名の浦和サポ(IP:118.87.210.150 )

    アタランタのガスペリーニを監督にお願いします。

    このコメントに返信

    2019年12月31日 16:19

  19. 19 匿名の浦和サポ(IP:106.130.40.88 )

    大槻さんのやる事は連動した組織力を身につけることだよ。それが出来なければ今年と同じだ。飛躍なんて無理だよ。

    このコメントに返信

    2019年12月31日 16:50

  20. 20 匿名の浦和サポ(IP:112.70.18.237 )

    確かに、今の浦和はゆでガエル現象そのものかもしれません。

    このコメントに返信

    2019年12月31日 20:10

  21. 21 匿名の浦和サポ(IP:14.13.105.64 )

    海外で評価されている監督を連れて来たら、若手選手にもサポにも魅力的なチームに戻ると思うんだけどなー。

    このコメントに返信

    2019年12月31日 20:15

  22. 22 匿名の浦和サポ(IP:110.133.198.65 )

    降格せずたまにACL争いする
    くらいの中位が浦和の適切なポジションだと思う
    今からビッグ4に挑むのは無理がある
    清水、G大阪、浦和のオリテン降格経験古豪クラブ
    として頑張ってほしい

    このコメントに返信

    2019年12月31日 22:50

  23. 23 匿名の浦和サポ(IP:126.147.136.79 )

    湘南があれだけメンバーを入れ替えているのは、
    「この選手らでは、ギリギリ残留程度の結果でした、それを2020も繰り返したくはありません、だからこの選手たちとは、サッカーしません」という、厳しくも、しかし戦いの世界を理解している覚悟が感じられる。
    浦和にこんな覚悟、ないからね〜。
    来年はみんな復活、あるいは覚醒するだろう、くらいの緩い空気。
    順位より、こちらのほうが心配だ。
    2011のほうが、監督も変わり、選手も変わり、まだ何かを感じられた。

    このコメントに返信

    2019年12月31日 23:20

  24. 24 匿名の浦和サポ(IP:121.119.89.170 )

    杉岡も原も小塚も来ない
    ダメだこりゃあ

    このコメントに返信

    2020年01月01日 09:22

  25. 25 匿名の浦和サポ(IP:119.106.115.82 )

    新年早々考えたくないが、例年のごとくシーズン途中に監督降板もあり得るのでは?
    その場合の備えはどうなんでしょう?

    このコメントに返信

    2020年01月01日 10:16

  26. 26 匿名の浦和サポ(IP:106.166.77.230 )

    的確な補強が出来ないのなら、計算のできる外国人を補強してくれ。

    このコメントに返信

    2020年01月01日 11:09

    • 26.1 匿名の浦和サポ(IP:211.15.235.105 )

      いや、浦和のフロントって的確な計算ができないから、計算のできる外国人がどういう選手なのかがわからないと思う。

      2020年01月04日 09:52

  27. 27 匿名の浦和サポ(IP:114.145.54.5 )

    頭脳がだめだから、どうやっても駄目だよ。監督とか選手の前にフロント陣営が変わらないと無理。海外の強豪チームと提携しなよ。そして言うことはちゃんと聞くんだよ。三菱の私情を持ち込まないこと。

    このコメントに返信

    2020年01月01日 11:21

    • 27.1 匿名の浦和サポ(IP:211.15.235.105 )

      フェイエノールトとは提携しているはずなんだけどね。少々微妙なレベルではあるが、オランダの名門だから悪くはない。でも、その提携をその後どのように生かしているのか、全然伝わってこないんだよね。浦和のフロントって本当に頭が悪いから、せっかくの提携話を自然消滅させてしまっているのではないかという懸念がある。そんなことをしていたら信用問題になるだけに、この提携話は維持して、チーム運営ノウハウの吸収、選手移籍ルートの確立等に生かすべきだと思う。

      2020年01月04日 09:48

  28. 28 匿名の浦和サポ(IP:126.35.104.5 )

    浦和の責任とやらで、
    走らない、守れない、点とれない!
    一つでもいいから改善されることを期待しています。

    このコメントに返信

    2020年01月04日 23:53

浦議ニュース