ニュース

来季は改革元年、2022年のリーグ制覇を目指す チームコンセプト・導入するチーム編成システムとは【浦和レッズ新強化体制記者会見全文レポート】【浦レポ】

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。


来季は改革元年、2022年のリーグ制覇を目指す チームコンセプト・導入するチーム編成システムとは【浦和レッズ新強化体制記者会見全文レポート】(浦レポ)

 

 

(Report by 浦レポ編集部)
これから浦和レッズが目指していくフットボールについてフットボール本部より戸苅、土田、西野よりご説明させていただきます。

 

戸苅:まず始めに土田さん、西野さんを選任させて頂いた理由を説明させて頂きます。土田さんは長くピッチの上で選手としてのコーチとしてもご活躍頂きました。トップチームの状況が芝の上に立てば匂いで分かるような人だと思っております。今年は1年間フロントで浦和レッズの中の事も知って頂きました。そういう浦和レッズのことをよく知っているということ、そして強いリーダーシップがこの身体からも漲るようなものがあるということがストロングポイントだと思っています。西野さんは選手としての実績、そしてフロントでも一緒に働いていた期間があります。そういったことで浦和レッズのこともよく知っています。一方で長くレッズから離れていて客観的に浦和レッズを見てきたということがストロングポイントだと思っています。スポーツビジネスを学び、知見があって情報そして人脈も沢山持っている。そして何よりも常に学び続けるという姿勢が西野さんのストロングポイントだと思っています。二人の共通点はチームを強くしたいというギラギラした覚悟、意思。そういったものを感じたということが一番の経緯でございます。この二人から浦和レッズの経営者の幹部が集まる会で二人から候補者としてプレゼンテーションをして頂きました。そして浦和レッズの方向性、考え方をお互いに話し合って一致した結果、この二人に来てもらうことに決まりました。

 

それでは土田尚史から浦和レッズの今後の取り組みについてお話しさせて頂きます。

 

 

土田:これからトップチームの方針を話す前に、浦和レッズの課題を話したいと思います。この現実を直視することが我々に求められることだと思います。我々が抱えている課題は一貫したコンセプトの不在です。そのチームの柱となるべき一貫したコンセプトがないため監督選び、選手選びの基準。サッカーのスタイルがその都度変わり、短期的な結果を求め、求められて今まではきました。自分に浦和レッズのサッカーは何なのと問われた時に答えられない自分がいました。これからはチームの方向性を定めて来シーズンからスタートすることが最も重要なことだと考えています。これからチームコンセプトを作っていく上で、最も大切なことが「浦和の責任」というキーコンセプトです。浦和の街を理解し、伝えていかなければならない。サッカー文化が根付き、歴史があり、熱いサポーターの皆さんが住んでいる町。そこをホームタウンとする浦和レッズには責任があります。選手はあの埼玉スタジアムで、あの環境の中でプレーする責任を感じてプレーしなければならない。この浦和の責任を再認識して、ピッチで表現していかなければならないと考えています。

 

 

チームコンセプトを説明します。今、お話ししました浦和の責任というキーコンセプトをベースに、チームコンセプト3つにまとめました。一つ目は「この能力を最大限発揮する」ふたつ目は「姿勢として前向きに攻撃的情熱的なプレーをする」三つ目は「攻守に切れ目のない相手を休ませないプレーをすること」浦和らしいサッカーとは何かと考えたときに攻撃的でなければならない。2点獲られても3点獲る。勝つために、またゴールを奪うために一番効果的なプレーを選択する。サポーターと選手がともに熱狂できる空間を共有して一緒に作り上げていく。それを表現できるのは埼玉スタジアムであり、浦和レッズにしかできないことだと思っています。

 

まず攻守一体となり、途切れなく常にゴールを目指すプレーを選択することです。具体的に簡潔に説明しますと、守備は最終ラインを高く設定して前線から最終ラインまでをコンパクトに保ち、ボールの味方の距離を設定して奪う、攻撃、ゴールをできるだけスピーディに展開する。そのためには積極的で細やかなラインコントロールが必要となると思います。攻撃はとにかくスピードです。運ぶ、味方のスピードを活かす数的優位を作る。ボールを奪ったラ短時間でフィニッシュまで持っていくことです、相手が引いて守る時には時間をかけることも選択してありますが、フィニッシュを仕掛ける時にはスピードをかけることが重要です。攻守において認知、判断、実行のプロセス全てのプロセスのスピードを上げることが重要となります。このプロセスをチームとして共有してパフォーマンスとして見せることを目指します。

 

続きはコチラ

 


浦レポではこのほかにも下記の記事を掲載しております。

 

レッズOBの3人の新たな強化体制が目指す変革とは

立花代表「大事なことはイノベーションを起こすこと」【2020シーズン浦和レッズ新強化体制記者会見】