ニュース

『ナバウトが豪州代表でスタメンデビュー』『順天堂大学とのTMを公開で実施』など【浦和レッズネタまとめ(3/25)】

3月25日のネット上にある浦和関連ネタまとめです。

 

浦和新助っ人ナバウトが豪州代表デビュー CF起用も不発「厳しい仕事を与えられた」(FOOTBALL ZONE WEB)

J1浦和レッズに新加入したFWアンドリュー・ナバウトが、現地時間23日の国際親善試合ノルウェー戦でオーストラリア代表デビューを飾った。

オーストラリアはロシア・ワールドカップ(W杯)出場権を獲得したアンジェ・ポステコグルー監督(現・横浜F・マリノス監督)がチームを離れ、かつてオランダ代表をW杯準優勝に導いたベルト・ファン・マルバイク監督が就任。初招集されたナバウトは背番号「11」を与えられ、指揮官の初陣で代表初出場初スタメンを果たした。

オーストラリア紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」のレポートでは、ナバウトは4-2-3-1システムの1トップでプレー。前半19分にMFジャクソン・アーバインが決めた先制ゴールにつながるコーナーキックを獲得する活躍を見せたものの、全体を通しては「非常に厳しい仕事を与えられた」と苦戦したと評価された。

ノルウェーの首都オスロで氷点下の中で行われたアウェーゲームで、オーストラリアは先制点を生かせずに前半のうちに同点ゴールを許すと、後半には3失点を喫して1-4で敗れた。ナバウトは2点ビハインドの後半22分に交代でピッチを後にしている。

 

原口「逆に僕はそっちだと思う」…“良い攻撃”は“良い守備”から(ゲキサカ)

行くのか、行かないのか――。そこの判断はピッチに立っている選手に委ねられている。だからこそ、日本代表FW原口元気は、ピッチ上の選手が同じ絵を描くことが大事だと話した。

前日に行われたマリ戦では出場機会が訪れず、90分間をベンチから見守った原口は、特に後半に攻撃が停滞したのは「あまりにも裏狙いになっていた」ことを要因の一つに挙げつつ、「1枚1枚はがされてしまった」という守備面にこそ問題があったと感じたようだ。

前線からプレスを掛けてボール奪取を試みるが、マリにかわされて後手に回ってしまう場面が多々あった。ここでボールを奪い切ることができれば、背後への素早い攻撃も効果を発揮すると考えており、「2人で囲んで取り切ったりするシーンが増えれば、自然と攻撃は良いものが出ると思う。逆に僕はそっちだと思います」と、“良い守備”こそが“良い攻撃”につながると力説した。

 

3/25(日)トレーニングマッチ実施について(浦和レッズ)

3月25日(日)12:00から大原サッカー場にて行われます順天堂大学とのトレーニングマッチは、公開で実施させていただきます。ご来場のみなさまには、下記について順守いただきますよう、お願い申し上げます。

当日、大原サッカー場、及び、周辺施設等の駐車場は一切使用できません。お車でのご来場は固くお断り致します。万が一お車でご来場の際は、さいたま新都心周辺の民間駐車場をご利用ください。必ず法令遵守及びマナーを守ってご来場いただきたくお願い申し上げます。
違法駐車、迷惑駐車を始め、近隣のみなさまのご迷惑になるような行為があった場合、今後、トレーニングマッチを公開で実施することができなくなります。
また、試合中の写真や映像の撮影は禁止させていただいておりますので、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

 

オーストラリア代表ではワントップでスタメン出場したナバウト選手。
浦和レッズではどのポジションで主に起用されるのでしょうか?

コメント

  1. 1 匿名の浦和サポ(IP:60.124.64.224 )

    ピッチ上の選手が同じ絵を描くことが大事 → 原口が言ってることはレッズにも全く当てはまる

    このコメントに返信

    2018年03月25日 12:00

  2. 2 匿名の浦和サポ(IP:182.250.241.20 )

    豪州代表監督のファンマルバイクは、現実的で個人的に好きな監督。

    しかも、フェイエ時代は小野伸二の恩師。

    ナバウトつながりで浦和に興味を持ってもらい、小野伸二が引退したらコーチとして浦和に戻り、ファンマルバイクも監督として浦和に来て、現実路線の守備と創造的な攻撃を両立した浦和レッズを作ってくれたら最高なんだけどな〜。

    このコメントに返信

    2018年03月25日 14:25

  3. 3 匿名の浦和サポ(IP:182.167.54.205 )

    ナバウトを1トップで起用、という選択肢もあるわけだ。出来栄えは、よくわかりませんが。

    このコメントに返信

    2018年03月25日 14:33

  4. 4 匿名の浦和サポ(IP:113.197.138.167 )

    左は荻原で、ナバウドは1トップのスタメン争いに参加させて興梠にも危機感を待たせたい。

    このコメントに返信

    2018年03月25日 17:56

  5. 5 匿名の浦和サポ(IP:14.8.0.128 )

    大学生に引き分けじゃ、永遠に勝ち点3とれないね。

    このコメントに返信

    2018年03月25日 21:47

  6. 6 匿名の浦和サポ(IP:49.98.137.198 )

    今のサッカーだと1トップは本当に辛いぞ大学生相手でも興梠にパス来ないパス来ても出し手遅くてオフサイド連発…そして興梠ズルズル下がるしナバウドがスーパーじゃ無かったら興梠の活躍も無いよ!次勝つ事願ってるけどねぇ

    このコメントに返信

    2018年03月25日 22:07

    • 6.1 匿名の浦和サポ(IP:125.3.50.65 )

      4-4-2や3-5-2だとして慎三と2トップ組むのは武藤や武富でしょうか?
      俺は1トップでも2トップでも、2列目の追い越しがないと変わらないと思うんですが、今は何故そういうプレーが少ないのでしょうか?
      たまに武富や直輝、今のスタメンだと和輝しか狙ってる選手が居ないですよね

      2018年03月26日 01:52

  7. 7 匿名の浦和サポ(IP:27.94.89.57 )

    今のサッカー続けてても無意味だな
    マリノス戦でも惜しかったのは二列目の興梠を追い越すプレー
    追い越した後にフリーになるように興梠含め囮になる動きやポストプレーの精度を上げるべき
    そうしてあげて初めて興梠に直で出したときも得点できるようになる

    このコメントに返信

    2018年03月26日 01:32

  8. 8 匿名の浦和サポ(IP:27.143.73.181 )

    堀に時間を与える程チーム状態が悪化して行く様に感じる。
    フロントはもう堀を楽にしてやれよ。
    それがACLを獲ってくれた堀への最後の優しさだよ。
    この状態を長引かせると堀の今後の生活にも影響が出るぞ。

    このコメントに返信

    2018年03月26日 05:04

  9. 9 匿名の浦和サポ(IP:182.251.247.15 )

    森脇が復帰したらしいから442から352へ変化させるキーマンを宇賀神から森脇に変えるはず。ここは期待できるはず。

    このコメントに返信

    2018年03月26日 08:20

  10. 10 匿名の浦和サポ(IP:1.33.225.47 )

    俺は今いる選手の個性を総合すると合っているのは1トップや3トップではなく2トップ(縦の関係でもいい)。武藤は使うなら中。槙野は使うなら外。ズラタンは使わない。宇賀神も使わない。柏木を絶対的に扱うな。軸は興梠、長澤、青木を縦に並べろ。交代は常に攻撃を意識してカードを切れ(守備的な選手は怪我人対策で十分)。

    このコメントに返信

    2018年03月26日 19:27