浦和レッズについて議論するページ

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。


荻原拓也が17試合ぶりの出場で存在感 苦しさを乗り越えて得た強さとは(浦レポ)

 


(Report by 河合貴子)

 

鹿島戦セカンドレグに臨戦態勢!

 

YBCルヴァンカップ準々決勝鹿島戦で、短い時間ではあったが浦和の魂を感じさせてくれたのは、荻原拓也選手であった。

 

荻原選手が、ピッチへと送り込まれたのは86分のことだった。5分のアディショナルタイムを含めてわずか9分であったが、せめてあと1点を決めて3-3の引き分けへと持ち込みたい気持ちを表して、左サイドから積極的に仕掛けた。その姿に浦和を愛する人々は、拍手を送った。

 

「思ったよりも入りが良くて、少ない時間の中で存在感は発揮できた。影響力は出せたと思う。あのプレーでチームの雰囲気もスタジアムの雰囲気も変わったと思う。中にいる選手は、ドリブルで一人で行ってくれたら楽だと思う」とニヤリと荻原選手は笑った。

 

試合中、鹿島ベンチサイドで勢いよくプレーする荻原選手に対して、集中を切らすような言葉が飛んだ。荻原選手は思わず、静かにと唇に人差し指を当ててジェスチャーで伝えた。

 

「賛否両論あると思う。あれは、正直良いことではない。ただ、えぐいほど若いスタッフが吠えていたので、さすがにカード出てもおかしくないと思った。そこで、強い感情で「あぁ~!」となっていたら、俺の中でむしろ悪い方向になっていたと思う。集中が切れて、相手の挑発に乗ってしまった感じがあるから・・・」と少し恥ずかしそうに話した。

 

 

続きはコチラ

 


浦レポではこのほかにも下記の記事を掲載しております。

 

西川周作が語った、アウェイで求められる心理戦に必要なこととは

青木拓矢が癒し系から鋭い表情に 第1戦を外からみて感じた危機感とは

コメント
投稿する
コメント

現在コメントは受け付けておりません。

浦議ニュース