[浦議]浦和レッズについて議論するページ

PC版浦議

浦議ニュース 人気記事ランキング

浦議ニュース09/14   3:22 AM

ACL浦和vs川崎 監督コメント抜粋→『高いモチベーションを持って集中した中で戦えた(堀監督)』など

19

ACL準々決勝第2戦『浦和レッズvs川崎フロンターレ』の監督会見を引用紹介させていただきます。

ここで紹介しているのはコメントの一部です。
全文は引用元の
浦和レッズ公式
Jリーグ公式
をご参照ください。

監督コメント(Jリーグ)

[ 堀 孝史監督 ]
この試合に向けての準備の段階から試合が終わるまで、選手たちは非常に高いモチベーションを持って集中した中で戦えたと思う。そして結果として次のステージに進めたということを選手たちに感謝したいと思うし、試合が始まる前からサポーターの方を含めて勝ち上がる雰囲気を作ってくれたことに対しても感謝したい。

前半の早い時間帯に失点してしまってさらに難しい状況になったが、それでも選手たちが強いメンタルを持って最後まであきらめずに戦ってくれた。結果として相手が10人になったことは大きかったと思うが、その中でも辛抱強く戦って得点を奪っていけたこと、チームとして考えていたことが完璧ではないがしっかり進められた。そういった点で次に向けてチームの力が少しついたのかなと思う。



川崎フロンターレ戦 試合後公式会見(浦和レッズ)

2017-09-14_0324.png
※画像はサイトのスクリーンショットです。

(後半の選手交代は非常に効果的だったと思うが、どのような意図だったか?)
堀 孝史監督
「マウリシオとズラタンの交代は、サイド攻撃から高さがほしい、というところで、ズラタンがトレーニングで非常に調子がよかったということもあるので、サイドからラファエル(シルバ)と高木のところをしっかり起点にしながら、外からの攻撃を目指した中で、ズラタンを入れました。

矢島の交代は、本人も少し足に来ているということがあって、その時点で相手が10人だということを踏まえ、サイドからの攻撃を強めるために駒井を入れて、中の人数を増やしながら攻めていきました。

最後、興梠も連戦の中で非常によく戦ってくれていて、今日は遠藤がリザーブだったので、しっかり最後、守備の部分を締めるという意図で、交代をしました」

(矢島は実戦で使い続けてよくなってきていると思う。それと、青木も本人の自覚が高まったような意識を感じるが、2人の評価については?)
堀 孝史監督
「矢島に関してですけど、今日の試合の前も続けて試合に出ていて、今日のゲームは非常にタフなゲームになる中で、力強さや仕事の量を増やすことを考えてプレーするように、ということを言いました。その中で、決定的な仕事もしてくれましたし、そこは彼の良さが出た部分だと思います。あとは、ハードな部分に対しても、少しずつですけど、自覚というか、やろうという姿勢が見えてきているのではないかと評価しています。

青木に関しても、もともと力のある選手だと思っていますし、試合に出て、自信をつけている部分もあると思います。今日に関しては、立ち上がりは少しふわっとしている感じがしたかなと思うので、ゲームの慣れ、というものかなと思います。しっかりチームの中心として戦っていけるように、さらにチームのリーダーにもなれるようになってくれたらと思います」

(川崎は非常にパス回しのうまいチームで、ポゼッションが長くなると思ったが、今日は点が入る前、退場者が出る前から、レッズの方がポゼッションも上回り、相手にあまりパス回しをさせていなかった。それはレッズのプレッシャーが効いたのか、どういう印象を持っているか?)
「川崎はしっかりボールを持つことに長けているチームだと思っていて、ただ、そのチームにそれを気持ち良くやらせてはいけないということで、自分たちもしっかりと自信を持っていこうと話しました。前回の対戦では少し、長いボールに頼ってしまった部分があったので、そうではなく、自分たちが意図的にボールを動かして攻撃し、相手の嫌がることをしていこうと話していました。選手たちはそこを、自信と勇気を持って取り組んでくれた、という部分があったと思います。

ただ、守備の部分では、相手のチームがしっかりボールを動かす中で、なかなかうまくボールを奪えない部分はありました。そういう中でも、しっかりと粘り強く守備をしてくれた部分と、さっき言ったように自信を持ってボールを動かし、自分たちで主導権を握るようなことを選手たちがトライしてくれて、ある程度、できた部分はあるのではないかと思っています」

(Jリーグでも好調だった川崎相手に、選手たちにはどんなゲームプランを伝えたのか? それと、日本のチームとして残り1チームとなり、今後のACLでは日本を背負って戦うことになるが、それについては?)
堀 孝史監督
「ゲームプランに関しては、しっかりと自分たちでボールを持っていくこと、そして、できる限り相手に守備をさせて、敵陣でゲームを進めていきたいと話しました。当然、自分たちでボールを持つということは、相手からボールを奪いに行かなければいけないので、それに対して積極的にハードワークしてボールを奪う姿勢を持っていこう、ということです。

このあとのACLは日本をしっかり代表して、戦っていかなければいけない責任もあると思いますし、それに向けての準備、昨日のゲームの結果を受けて、相手も決まっていますので、それに対してしっかり分析して、次の準備をしていきたいと思っています」



監督コメント(Jリーグ)

[ 鬼木 達監督 ]
アウェイの中、多くのサポーターに力強い声援をもらったんですが、勝利という形で次のステージに進むという結果を残せずに大変申し訳ないです。

ゲームのほうは、立ち上がりから浦和の気迫あふれるプレーの中で、耐えながら1点をしっかり取ったところまでは非常に選手が頑張ってくれました。退場のあと、そこのところで、僕のほうでもっともっとゲームをコントロールするべきだったと思います。本当に今日は、とにかく選手は頑張りました。僕のほうのコントロールがしっかりできなかった、それに尽きると思います。

--ゲームコントロールの部分の話をされていましたが、どのあたりが失敗だった、うまくいかなかったというふうに分析されていますか?
やはり守る部分と攻撃。相手に圧力を掛けるにはやっぱりアウェイゴールというのが一番イヤなことになると思いますけど、そこにパワーを注げなかった。それがずっと守るという状態になってしまった。そこのところのパワーの使わせ方というのは、自分のほうでしっかりできなかったと思っています。

--ハーフタイムはどのような指示をされて、後半に送り出したのでしょうか?
守備のところはしっかりとブロックを組んでやるところ。あとは攻撃のところで、チャンスのときは少ない人数でもやり切って、とにかく点を取りにいこうという話はしましたけど、そこのところで相手の圧力が上回ったのもありますが、出ていかせられなかった、ボールを保持できなかった。あまりにも相手にボール(保持)の時間を与えてしまったというのが問題だったと思います。

10月9日に浦和フットボール映画祭を開催
浦和フットボール映画祭

浦議 最新ニュース

『悪い流れを止められなかったセレッソ戦 ゆく河の流れは絶えずして・・・』JリーグC大阪vs浦和【轡田哲朗のレッズレビュー】

  • コメント:32
  • 07/23  21:06

浦和レッズクラブ幹部がC大阪戦後に『ミシャ監督の去就』についてコメント

  • コメント:169
  • 07/23  20:42

JリーグC大阪vs浦和 選手コメント抜粋→『今はチームとして、攻守において、我慢しなければいけない(那須大亮)』など

  • コメント:181
  • 07/23  05:07

浦議 コラム

『幸運を結果につなげたaclでの逆転劇 相手の悪手を効果的に利用した堀采配』ACL浦和vs川崎【轡田哲朗のレッズレビュー】

  • コメント:39
  • 09/15  10:19 PM

『予想を上回るファンタスティックナイト。この流れは2000年に近い?』ACL浦和vs川崎山中伊知郎の素人目線2017】

  • コメント:44
  • 09/14  10:46 PM

『堀カラーが濃さを増した柏戦 今後は対応力や柔軟性が焦点に』Jリーグ浦和vs柏【轡田哲朗のレッズレビュー】

  • コメント:52
  • 09/10   9:47 PM

おすすめサッカー記事