浦和レッズについて議論するページ[浦議]

レッズサポ集いの場! 総アクセス数= 総コメント数=

浦議ニュース2017 07/15  07:11

【試合前の議論はコチラ】『浦和レッズvsドルトムント』情報まとめ

  • 64
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7/15に行われる『浦和レッズvsドルトムント』の試合前議論スレになります。

以下、試合前情報まとめです。

浦和、世界の強豪に挑戦 15日ドルト戦「面白いサッカー見せる」(埼玉新聞)

2017-07-15_0714.png
※画像はサイトのスクリーンショットです。

 浦和は15日、「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」でドイツの強豪ボルシア・ドルトムントと激突する(19時10分・埼スタ)。チームは前日の14日、大原サッカー場で約1時間の全体練習を実施した。

 GKを含めた10対10のミニゲームでは、主力組の前線トライアングルがラファエルシルバ、ズラタン、武藤、サイドは右に関根、左に宇賀神、柏木がボランチ、阿部がボランチとセンターバックを兼任し、DFは右に森脇、左に槙野。GKは西川と榎本が交互に担った。興梠、遠藤、駒井、梅崎は実戦には加わらず、別メニューで調整した。

 その後、ミシャ監督と主将の阿部は試合会場の埼玉スタジアムに移動して、ドルトムントのボス監督、香川とともに公式会見に出席した。

 ミシャ監督は「ドルトムントはヨーロッパでベストの一つに数えられる素晴らしいチームだが、われわれも『いいサッカーができるんだ』というところを見せる」と自信の顔つき。阿部も「楽しむだけでなく、僕らのやれることにチャレンジしていく。テレビで見ている方々にまで伝わるような面白いサッカーを見せたい」と決意を語った。



浦和"異例"中継で強さ猛アピール 15日VSドルトムント(スポニチアネックス)

 浦和が"国内最大規模"となるサッカー中継でその名を猛アピールする。埼玉スタジアムで開催されるドルトムント戦はフジテレビ系列で全国に生中継される。関係者によれば、使用されるカメラは35台。日本代表戦で24?25台、Jリーグ中継では8台程度というから異例の規模となる。



浦和・槙野ハッスル!ドルトムント戦へ意気込み「0に抑えて自信に」(サンスポ)

 日本代表DF槙野智章(30)が、ドルトムント戦に向けて意気込んだ。「攻撃が強いチーム。ケルン時代、ドルトムント戦はベンチで控えだったけど、たしか0-5で負けた。自分がどこまで通用するか。0に抑えてリーグの後半戦への自信にしたい」。



香川の浦和戦欠場が決定 ドルトとは20年夏まで契約を延長(スポーツ報知)

 「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ」の浦和―ドルトムントは15日、埼玉スタジアムで行われる。ドルトムントの日本代表MF香川真司(28)は左肩脱臼の影響で試合を欠場。クラブとの契約を2年延長することも決まった。

 共同会見にドルトムントを代表して出席した香川は「あすの試合はおそらく出場できないと思います」と残念そうに語った。今季から指揮を執るピーター・ボス新監督(53)も「香川選手は出場しません」と明言した。

 香川は6月7日の国際親善試合・シリア戦(東京ス)で左肩を痛め「左肩関節前方脱臼」と診断された。直後にチームを離脱しリハビリに励んできたが、この日埼玉スタジアムで行われた公式練習では対人形式のトレーニングから別メニューに。8月5日の今季初の公式戦・ドイツスーパー杯バイエルン戦に照準を合わせた調整を行っていく。



vsボルシア・ドルトムント 試合前日公式会見(浦和レッズ)

ミシャ監督
「ドルトムントと試合をする機会をいただき、非常に光栄に思っております。ドルトムントは、ヨーロッパでベストのチームの一つに数えられるすばらしいチームです。浦和レッズは、ドルトムントからいろいろなものを学ぶとともに、日本の浦和レッズも良いサッカーができるところを見せていきたいと思います」

ピーター ボス監督
「こんにちは。私としても明日浦和レッズと対戦できることとすばらしい試合ができることを大変うれしく思います。浦和レッズは日本で大変いいチームですし、昔一緒にプレーした阿部勇樹選手と対戦できることを大変うれしく思います。私たちが一緒にプレーしていたときは、阿部選手はまだ若かったです。私は少し年配でした。阿部選手は当時から非常に才能のある選手でしたが、その後、キャリアを積んで非常にいい選手になったと思います」

阿部勇樹
「香川真司選手が所属しているとても日本でも人気のあるドルトムントと試合ができること、昔、いろいろ教えていただいたピーター ボス監督率いるドルトムントと試合ができることを大変うれしく思いますし、非常に楽しみにしています。もちろん明日の試合は楽しむだけではなく、ミシャ監督が言ったように、浦和レッズができること、チャレンジしていくプレーをしっかりと見せられればいいと思っています」

香川真司
「2年前も川崎フロンターレと日本で試合をする機会がありまして、僕自身、自分が所属するチームが日本でプレーできることを誇りに思いますし、すばらしい経験だと思っています。浦和レッズは日本で1、2を争うビッグクラブで、スタジアムの雰囲気がヨーロッパに匹敵するような中でプレーできることはすばらしいことですし、僕自身も埼玉スタジアムで浦和レッズと試合をすることは幼いころからの夢でもあったので、そういう雰囲気を楽しみながら、お互いに勝負にこだわって、日本のファン・サポーターに少しでもサッカーやドルトムントに興味を持ってくれる人たちが増えればいいなと思っていますので、そのために全力でがんばりたいと思います」



試合は埼玉スタジアムで19:10キックオフ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浦議ニュース 人気記事ランキング

浦議ニュース コメントランキング

浦議ニュース 最新コメント

サッカー注目記事ランキング

    おすすめサッカー記事

過去記事

2015
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2014
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2013
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2012
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2011
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2010
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2009
08/ 09/ 10/ 11/ 12/