浦和レッズについて議論するページ[浦議]

レッズサポ集いの場! 総アクセス数= 総コメント数=

浦議ニュース2017 07/15  07:04

関根貴大がドイツ強豪相手に魅せる!【浦レポ】

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「浦レポ」の有料記事を一部紹介させていただきます。




関根貴大がドイツ強豪相手に魅せる!(浦レポ)

DSC_5060_R-1-640x427.jpg
(Report by 河合貴子)

浦和の突貫小僧がドルトムントのDF陣に風穴を空ける

関根貴大選手は「楽しみですね~」と無邪気に嬉しそうに笑った。

そして「相手は、シーズン前で徐々に上げていく段階と思いますが、それでもレベルが違う。自分たちは失うものがないので、自分たちが今までやってきたことを出しながら、個人的にも積極的にやれれば良い」とドルトムントに胸を借りるチャレンジ精神でぶつかっていく。

だが、チャレンジ精神と言っても「ただ、自己中なプレーじゃなくてチームとしてやらないといけないし、浦和がどれだけやれるか楽しみに観ている人もいると思う。自分たちも楽しみですが、いつも通りに球際のところだったりを激しくやって、今までのことがどれだけ出せるかで、自分たちがどのくらいにいるかが分かる」と自分たちのサッカーがドルトムントに対して通じるところと全く機能しないところを感じることで、世界で浦和がどのレベルなのかを試したいようであった。

関根選手の武器は、なんと言っても一瞬のスピードで相手を置き去りにする果敢なドリブルだ。

長身のDFの懐に小柄な関根選手が飛び込むと、重心の違いから相手DFにとっては厄介な存在になる。ちなみに、ドルトムントの左ストッパーのシュメルツァー選手は180㎝、センターバックのパパスタソプーロ選手は186㎝だ。右ワイドのポジションからカットインしてペナルティーエリアへと侵入し豪快にゴールを狙って欲しいし、ドリブルで仕掛けてゴールライン際からマイナスのクロスなど入れて欲しい。相手DF陣との駆け引きは、実際にピッチに立ってみなければ分からない。だが、勇気をもって仕掛けて欲しい。

続き(全文)はコチラ



浦レポではこのほかにも下記の記事を掲載しております。


強豪ドルトムントに柏木、武藤が挑みたいこととは

西川周作、ドルトムント相手に魅せたいプレーとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浦議ニュース 人気記事ランキング

浦議ニュース コメントランキング

浦議ニュース 最新コメント

サッカー注目記事ランキング

    おすすめサッカー記事

過去記事

2015
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2014
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2013
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2012
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2011
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2010
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2009
08/ 09/ 10/ 11/ 12/