浦和レッズについて議論するページ[浦議]

レッズサポ集いの場! 総アクセス数= 総コメント数=

浦議ニュース2017 07/13  07:26

天皇杯浦和vs熊本 選手コメント抜粋→『しぶとく結果を出していくことが今は大事(高木俊幸)』など

  • 26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天皇杯3回戦『浦和レッズvsロアッソ熊本』の選手コメントを引用紹介させていただきます。

ここで紹介しているのはコメントの一部です。
全文は引用元の
浦和レッズ公式
Jリーグ公式
をご参照ください。

天皇杯3回戦 vs熊本「高木の今季初ゴールでラウンド16進出へ」(浦和レッズ)

2017-07-13_0727.png※画像はサイトのスクリーンショットです。

【高木俊幸】
(試合を振り返った感想は?)
「結構厳しい試合になってしまいました。なかなか追加点が取れずに1-0という結果でしたけど、しぶとく無失点で勝利できてよかったです」

(決勝点となったゴールを振り返って)
「とりあえず、これを決めないとやばいぞ、という気持ちで蹴りました。感触的には、蹴った瞬間に入るかなと感じましたし、いい精神状態といいフィーリングで蹴れたと思います。ああいう距離でのフリーキックもレッズにはあると思わせることができて、相手も余計にファールができなくなると思います。そういったプラスの要素をもっと引き出せるように、蹴る側として、責任を持って結果を出せればと思います」

(後半はどんなことを意識していたか?)
「なかなか前半、自分たちのところがボールを引き出せませんでした。うまく自分たちのボールにできていなかったので、動きをより意識してアクションを起こしながら、プレーしようと思っていました」

(FKのチャンスが2本あったが?)
「2本目は、いい質ではありましたが、それよりも壁の選手の身体能力が上回った感じでした」

(すぐ、ドルトムントとの試合があり、その後にはリーグ戦が待っているが?)
「連戦で厳しい日程が続きます。それでもしぶとく結果を出していくことが今は大事だと思います。これからは、もっと内容の伴ったゲームをして、結果を出していければと思います」

(ゴール後や試合後にはファン・サポーターから自身のチャントが歌われていたが?)
「昨年作ってもらってから、その試合の後からゴールが取れなくて、歌ってもらう機会がなかったので、ようやく歌ってもらえました。でも、久しぶりの得点にも関わらず、歌ってもらえたことはうれしかったです。自分のチャントが歌われれば、それだけ結果が出せている証明になります。スタジアムで馴染みのあるチャントになっていけるように、結果を出していきたいです」




選手コメント(Jリーグ)

[ 梅崎 司 ]
--今日はキャプテンを務めたが?
出発する前に聞かされて、ちょっと緊張したけど勝利に導けたのは良かったと思う。

--ウォーミングアップの時も梅崎選手のコールから始まったが?
純粋にうれしかった。ひさびさに歌ってもらえて。もっとスカっとするようなゴールやプレーを見せたかったけど、そう簡単じゃないのがサッカーだと思うし、次のラウンドに進めたという事実が何よりだと思う。

--とにかく勝つということが表現できた90分だった?
前半はなかなか良い形を作れなかったけど我慢強くみんなで戦った。トシ(高木 俊幸)の一発に救われたし、それで戦いがだいぶラクになった。後半はチャンスを作れていたので2点、3点と奪っていければもっとラクに進められたと思うけど、失点ゼロで勝ち上がれたことが何より。

[ 矢島 慎也 ]
--後半はシャドーが1枚入って縦に入ることが増えたと思うが?
あとは相手の守備が落ちたというのもあると思う。前半は僕からウメさん(梅崎 司)に入ることが多かったけど、あの場面をもっと増やしたいなというところでは、後ろのつなぎがもっと大事になってくると思う。

--前半限りの出場だった2回戦に比べれば、自分のプレーが出せた?
後半に出られたことは良かったけど、岡山で、走り切れていた時は後半の最後に相手が落ちてきている中でも自分のほうが走れて、セカンドボールとかを拾うところで良さを出していた。今は走り切れなかったというか、両足がつっていた。そういうところができないのが悔しかった。

[ 巻 誠一郎 ]
--チームとして良い形で前半を終えて後半からの出場だったが?
守備の部分ではある程度、前半の最初のほうは出どころを抑えるというか、ズルズル引かずにつぶせていた。途中から相手が背後を良いタイミングで突いてきていたので、ウチが疲れてきたタイミングでズルズル引かされて、結局ファウル(からのFK)という形で失点してしまった。

前半と後半の入りはもっと高い位置でプレッシャーを掛けて、うまくフィルターを掛けられたら良かったのかなと思った。

(浦和の)3バックのサイドが高い位置を取ってきたときに、押し込まれる展開になってしまった。前線が孤立する形で後ろは張り付かされる形になった。そういうタイミングで失点してしまったし、後半の立ち上がりから中盤過ぎぐらいまではそういう形を取られていたので、自分たちのゲームができていたかというとそうではなく、最初の入りのところだけだったかなと。

そういう中でも守備でやるべきことはチャレンジ&カバーだったり、3バックの並びだったり、ボランチのポジションだったりはうまく作れていたけど、それでも相手の個の力であったり、取れたと思うところで取れなかったりファウルになったりして、なかなか自分たちの形が出せなかったというのが僕ら側から見た今日のゲームだった。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浦議ニュース 人気記事ランキング

浦議ニュース コメントランキング

浦議ニュース 最新コメント

サッカー注目記事ランキング

    おすすめサッカー記事

過去記事

2015
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2014
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2013
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2012
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2011
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2010
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2009
08/ 09/ 10/ 11/ 12/