浦和レッズについて議論するページ[浦議]

レッズサポ集いの場! 総アクセス数= 総コメント数=

浦議ニュース2017 05/14  20:52

Jリーグ新潟vs浦和 選手コメント抜粋→『自分らしいゴールを決められて、チームに落ち着きを取り戻すことができた(武藤雄樹)』など

  • 12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

J1リーグ第11節『アルビレックス新潟vs浦和レッズ』の選手コメントを引用紹介させていただきます。

ここで紹介しているのはコメントの一部です。
全文は引用元の
浦和レッズ公式
浦研プラス
Jリーグ公式
をご参照ください。

第11節 vs新潟 「先制されるも、アウェイ圧勝を飾る」(浦和レッズ)

2017-05-14_2050.png※画像はサイトのスクリーンショットです。

【興梠慎三】
「とりあえず失点しないようにチーム全体で言っていたんですけど、開始早々に決められてしまいました。それでも、慌てることなくゲームに臨めたと思いますし、1点取って、2点目がすぐに取れたので良かったと思います」

(自身の逆転ゴールを振り返って)
「ウガ(宇賀神)からいいボールがきたので、オフサイドぎりぎりだったと思いますけど、決められて良かったです」

(早めに逆転できたことが6-1という結果に結びついたのか?)
「暑い中、両チームハードワークして戦っていたと思います。決められるところで決めたのがレッズだったので、大きく点差も開いたと思います。でも、失点に関しては、もっと強いチームになるとああいった失点で勝ち点3を逃すことになると思うので、しっかり修正していかなければいけないと思います」

(4月の明治安田生命JリーグMastercard priceless japan 月間MVPを受賞したが?)
「自分だけじゃなく、チームみんなのおかげで取れたと思います。これで終わらず、また受賞できるようにがんばっていきたいです」

(次はホームで清水エスパルスとの試合になるが?)
「ホームで戦えるので、しっかり勝ち点3を取って、現時点で首位なので、この首位を守り切れるようにがんばっていきたいと思います」





【無料掲載】2017明治安田生命J1リーグ第11節・アルビレックス新潟戦[武藤雄樹][選手コメント](浦研プラス)

○武藤雄樹

 連敗をしている中で、あのように失点してしまうのは少し嫌な空気になるのかなと思いましたけど、皆落ち着いていたと思いますし、僕の得点も、(ラファエルは)シュートだったと思いますけども、ファーに流れてくるなと思って自分らしいゴールを決められて、チームに落ち着きを取り戻すことができたと思います。

Q 今日は暑い中、途中からボランチのポジションでもプレーしました。

A ACLのソウルには行かなかったので、その分しっかり調整ができたので体力的には問題なかったと思いますし、チームとしても皆最後まで点差があった中でも集中してプレーできたのは良かったと思います。ボランチでのプレーは、リードしていましたし、プレッシャーもそれほどではなかったので特に何かがあったわけでもありません。本当だったら鹿島に勝って首位に居続けるのが理想でしたけども、長いシーズンはいろいろありますし、順位の変動もあると思いますけども、今、ここからは首位を明け渡さないように1年間突っ走られたらと思います。

Q 次はホームに帰って清水戦です。

A 鹿島戦で皆さんに勝利を見せることができなかったので、ホームでまた応援に来てくれる皆さんに勝利を届けたいですし、たくさんのゴールで皆と喜びあえたらいいなと思います。

Q 武藤選手自身は1か月ぶりくらいのゴールになりました。

A ゴールを早く取りたいなという思いはありました。ただ去年も一昨年も点が取れない時はあったので、そういう時に何ができるかだと思っていました。今日はとにかくしっかり走ろうと思っていた中であの時間帯に点が取れたので、自分自身も少し落ち着けたかなと思います。

Q そこから2点目以降が多く生まれました。

A ここ最近、シャドーが相手の間で受けてコンビネーションを使うプレーがなかなか見せられていなかったので、そこはチームとして意識していました。真ん中でワンツーだったり、ボールを引き出せればサイドが空くので、自分たちが狙いとする攻撃ができたと思います。

Q 今日は右ストッパーで宇賀神選手がプレーしていましたが、そのコンビネーションはどうだったでしょう?

A 宇賀神さんは去年も後ろでプレーしていたので、特にそんなに違和感はなかったです。じぶんたちのやることは誰が入っても大きく変わらないと思うので、引き出すタイミングなどはいつもと同じようにやれたと思います。

Q ゴールすると気持ちは変わりますか?

A いやー、全然違いますね(笑)。正直すごくホッとしていて、それが次の自信に繋がって、次のゲームに入るメンタルも良くなると思います。今日のゴールで自分にも勢いを付けて、今後もたくさんのゴールでチームに貢献したいなと思います。

Q ボランチでのプレーは初めてではないですよね。

A 去年も一昨年も、何度もプレーしています。スタートからはないですけども、途中からあのような形で入ることはありました。今シーズンは初ですかね。まあ、今日はリードしていましたし、相手も正直疲れていてプレッシャーも掛かっていなかったので、はい。

Q スルーパスも狙っていましたね。

A そうですね。スルーパスやクサビなど、ギャップがある状況だったので、ボールを入れられればいいなと思っていましたが、少し下がりすぎてしまったかなとも思います。次にまたボランチでプレーすることがあれば、もう少し前でプレーしたほうが相手は怖いのではないかとは思いました。




選手コメント(Jリーグ)

[ 西川 周作 ]
--後半、ペナルティエリア内で打たれる場面も多かったが?
こういう展開になると、守備としてもラスト15分はキツい時間帯になりますし、どうしても。そこをしっかり守りながら、チャンスも多く作れていたと思う。覚悟を持って後半に入ったので、シュートをしっかり止めることもできましたし、ディフェンスもしっかり体を張ってくれていたので、最少失点で試合を進めることができて良かったかなと思います。

--2分に先制されて、慌てることは?
自分たちがやってきたことが土台としてあるので、早い時間帯でしたし、前半のうちに追い付けるだろうと思っていたので、慌てるっていうことは精神的にもなかったですね。

--今日は宇賀神 友弥選手が右のストッパーに入ったが?
頭が良い選手ですし、役割を理解していると思います。素晴らしいボールでアシストしていましたし、左も右も彼なら信頼して、監督も任せられるんじゃないかと思います。走力はチーム1、2を争うものを持っていますし、球際の強さだったり、みんなへのメッセージをプレーで表せる数少ない選手だと思います。試合に入ったときはしっかりビルドアップでもつなげます。信頼関係は常に練習からも積み重ねて築いているものがあるので。

[ 大野 和成 ]
仕切り直してもう1回やっていこうという試合。(暫定的に指揮を執る)フチさん(片渕 浩一郎コーチ)が進むべき方向に導いてくれたので、選手はそこに向かっていくだけだった。

--6失点の要因は?
1点取ってからピンチを全て決められたと思いますし、最後の精度で相手が上回った。そこでもう少し精度が良ければと思います。ウチが良いときほど集中しないといけないですし、カウンターとかでやられていますし、イージーミスも多かったので、そういった部分もクオリティーを上げていかないと厳しいと思います。

--相手がフリーで失点。
ボール保持者にしっかりプレッシャーを掛けることと、チームとして連動した守備の精度を高めないと上には行けないかなと思います。

--この1週間で状況が変わったチームの変化は?
前よりはみんなが同じ方向に向けたと思います。結果が出ないと自信にはならないと思いますし、苦しいですけど、結果を求めて厳しくやっていきたいと思います。

--監督が代わりますが、どうチームをまとめたいか。
苦しい状況だからこそ、まとまらないと勝てないと思いますし、まとめる役割は自分になると思います。全員が同じ方向に向かっていけるようにしたいです。結果が大事だと思いますし、勝利に向けて練習から、上下関係なくやっていきたいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浦議ニュース 人気記事ランキング

浦議ニュース コメントランキング

浦議ニュース 最新コメント

サッカー注目記事ランキング

    おすすめサッカー記事

過去記事

2015
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2014
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2013
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2012
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2011
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2010
01/ 02/ 03/ 04/ 05/ 06/ 07/ 08/ 09/ 10/ 11/ 12/
2009
08/ 09/ 10/ 11/ 12/